天国のチロル

公開日: ペット | 悲しい話 |

ポメラニアン(フリー写真)

家で飼っていた犬の話。

私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。

名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。

チロルは本当にとんでもない犬だった。

名前を呼んでも来ないし、振り向きもしない。

餌の時だけ私に尻尾を振る嫌なやつだった。

出かける時は馬鹿みたいに吠えるし、愛想も無いから、道行く人にもすぐに吠えるダメ犬だった。

その度に恥ずかしい思いをしていた。

その上臆病者のため、すぐに噛む。

噛む噛む噛む。

私も姉もめちゃくちゃ噛まれまくって、その度に泣いたよ。

何でこんなやつ引き取っちゃったんだろうって、本気で思ったこともあった。

「こんな恩知らずいらないよ、あんたなんかいらない!」

なんて言っちゃったこともある。

今思えば、前の飼い主に捨てられ、いきなり違う家に連れて行かれて色々ストレスもあったのだと思う。

本当にどうしようもない犬なんだけど、チロルとの散歩は嫌いじゃなかった。

特に家の裏にある原っぱはチロルのお気に入りで、連れて行ってやれば蝶々を追いかけながら尻尾を振って喜んでいた。

本当にむかつくんだけど、可愛くて仕方がなかったんだ。

その日は生憎の雨で、面倒だったこともあって散歩を中止にしてしまった。

それがいけなかった。

チロルはどうしても原っぱで遊びたかったらしく、開いていた窓から飛び出し、車に轢かれて死んでしまった。

去年の梅雨のことだった。

外で今まで聞いたことのないチロルの叫び声が聞こえて来て、すぐに駆け付けた。

そこにはぐったりと寝そべっているチロルが居た。

車は既に居なかった。

まだ息をしていたから、頭が真っ白になりながらもチロルの名前を呼んだ。

混乱して何度も体をさすった。

近所の人が集まる中、最後に名前を呼んだ時、ゆっくりこちらを見て静かに

「わん」

と返事をして死んでしまった。

今まで名前を呼んだって振り向きもしなかった癖に…何それ。

自分の名前解ってんじゃん。

もう散歩中に吠えても怒らないから、名前を呼んでも振り向いてくれなくったっていいから、散歩も雨の日だって毎日連れて行ってあげるから…。

もう一回、蝶々を一緒に追い掛けようよ。

ダメ犬だって言ったけどさ、本当は大好きだったんだよ。

守ってあげられなくてごめんね。

あれから一年経った今でも思うのは、チロルはちゃんと幸せだったのかなということ。

もしかしたら幸せだったかもしれないし、そうじゃなかったかもしれない。

どちらにしても、どうか天国でチロルが幸せに暮らしてれば良いななんて、本気で願わずにはいられません。

関連記事

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

空(フリー写真)

日航機墜落事故

この事故は、単独事故としては世界で一番大きな事故。 乗客は524人。生存者はたったの4人。 飛行機の横に付いている翼は宙に浮くため、上にある翼は方向を決めるためにある。 …

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

ラブラドール(フリー写真)

最期の見送り

もう数年前の話。 私が小学5年生の時に、ラブラドールを飼った。 母はその犬に『サーブ』と名付けた。 ※ 飽き性だった私は、散歩も父に任せきになり、餌やり当番だけを続けた…