天国のチロル

公開日: ペット | 悲しい話 |

ポメラニアン(フリー写真)

家で飼っていた犬の話。

私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。

名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。

チロルは本当にとんでもない犬だった。

名前を呼んでも来ないし、振り向きもしない。

餌の時だけ私に尻尾を振る嫌なやつだった。

出かける時は馬鹿みたいに吠えるし、愛想も無いから、道行く人にもすぐに吠えるダメ犬だった。

その度に恥ずかしい思いをしていた。

その上臆病者のため、すぐに噛む。

噛む噛む噛む。

私も姉もめちゃくちゃ噛まれまくって、その度に泣いたよ。

何でこんなやつ引き取っちゃったんだろうって、本気で思ったこともあった。

「こんな恩知らずいらないよ、あんたなんかいらない!」

なんて言っちゃったこともある。

今思えば、前の飼い主に捨てられ、いきなり違う家に連れて行かれて色々ストレスもあったのだと思う。

本当にどうしようもない犬なんだけど、チロルとの散歩は嫌いじゃなかった。

特に家の裏にある原っぱはチロルのお気に入りで、連れて行ってやれば蝶々を追いかけながら尻尾を振って喜んでいた。

本当にむかつくんだけど、可愛くて仕方がなかったんだ。

その日は生憎の雨で、面倒だったこともあって散歩を中止にしてしまった。

それがいけなかった。

チロルはどうしても原っぱで遊びたかったらしく、開いていた窓から飛び出し、車に轢かれて死んでしまった。

去年の梅雨のことだった。

外で今まで聞いたことのないチロルの叫び声が聞こえて来て、すぐに駆け付けた。

そこにはぐったりと寝そべっているチロルが居た。

車は既に居なかった。

まだ息をしていたから、頭が真っ白になりながらもチロルの名前を呼んだ。

混乱して何度も体をさすった。

近所の人が集まる中、最後に名前を呼んだ時、ゆっくりこちらを見て静かに

「わん」

と返事をして死んでしまった。

今まで名前を呼んだって振り向きもしなかった癖に…何それ。

自分の名前解ってんじゃん。

もう散歩中に吠えても怒らないから、名前を呼んでも振り向いてくれなくったっていいから、散歩も雨の日だって毎日連れて行ってあげるから…。

もう一回、蝶々を一緒に追い掛けようよ。

ダメ犬だって言ったけどさ、本当は大好きだったんだよ。

守ってあげられなくてごめんね。

あれから一年経った今でも思うのは、チロルはちゃんと幸せだったのかなということ。

もしかしたら幸せだったかもしれないし、そうじゃなかったかもしれない。

どちらにしても、どうか天国でチロルが幸せに暮らしてれば良いななんて、本気で願わずにはいられません。

婚約指輪(フリー写真)

渡せなかった婚約指輪

彼女と死別した。 気付いたらもう3年も前の話だ。 彼女の誕生日の前日、プロポーズした。 「誕生日のプレゼントと婚約指輪、一緒にしちゃっていい?」 と笑って話して…

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

カップル(フリー写真)

最後の時を過ごす二人

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。 その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。 結婚の約束もしていたんじゃないかな。 …

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

寝ている猫(フリー写真)

飼い猫の最後の別れ

10年以上前、ひょんな切っ掛けで、捨てられたらしいスコティッシュの白猫を飼う事になった。 でもその猫の首には大きな癌があり、猫エイズも発症していて、 「もうあと一ヶ月ぐらい…

山(フリー写真)

姥捨て山

『姥捨て山』の話を聞いた事はありますか? 年老いた親を、子供が背負って山に捨てるという話です。 大昔、貧しさから本当にそのような風習があったそうです。 そしてこんな事…

空と太陽の光(フリー写真)

平和な世界で

あなたへ あなたが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょう。 娘も、こんなに大きくなって。 あなた、見ていてくれていますか? あの時、私はあなたに言…

猫(フリー写真)

父を護衛する猫

父が突然亡くなった。 うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。 「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」 と父は生前、少し自慢気に言っ…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …