愛の記憶

公開日: 夫婦 | 心温まる話

夫婦

嫁がお風呂に入っている間に、つい彼女の携帯を見てしまった。

メールボックスには、私が送った些細な内容のメールばかりが溢れていた。

しかし、あるフォルダを開くと、そこには知らない男からの、嫁宛の甘い内容のメールが溜まっていた。100通は超えているだろう。

感情が昂ぶり、嫁がお風呂から上がるなり、そのメールについて問い詰めた。

すると嫁は笑顔で、

「自分が送ったメールを忘れてしまったの?」

と返した。私はその瞬間、何も言えなくなった。

よく見ると、差出人は私の昔の番号だったのだ。

その場で嫁の携帯の電池がほぼなくなっていることに気づいた。彼女は何年も前から同じ携帯を使い続けていた。

「なぜ機種変更しないの?」と聞くと、嫁は淡々と、

「メールが消えるのが嫌だったから」

と答えた。

そんな嫁の想いに、私は携帯を盗み見たことを深く後悔し、謝罪した。

嫁は笑いながら、

「こんな私を愛してくれる人は、あなた以外にいない」

と言い、私を強く抱きしめた。

この週末、私は嫁の携帯を機種変更しに行く。もちろん、私の費用で。

彼女が大切にしていた過去の言葉たちを失わずに、新しい日々を築いていくために。

関連記事

金魚すくいをする女の子(フリー写真)

兄妹の金魚すくい

俺が打っている店(金魚すくい)に、兄妹と思われる7歳ぐらいの女の子と、10歳ぐらいの男の子がやって来た。 妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたが、や…

バイク(フリー写真)

最高の子供達

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使うスーパーカブを無免で持ち出し、親父に顔の形が変わるほどぶん殴られて以来のバイク好きだった。 カブから始まり、モンキー、FX、C…

電話機

電話越しの陽だまり

結構前、家の固定電話が鳴った。 『固定電話にかけてくるなんて、誰だろう?』と思いつつ、電話に出ると、若い男の声がした。 「もしもし? 俺だけど、母さん?」 すぐにオ…

サーカス(フリー写真)

ほどこしと親切

私がまだ十代の頃の話です。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 私たちの前に居るのは、ようやくあと一家族だけとなりました。 私…

朝焼け

彼女の愛と意志

親父がサラ金で作った借金を抱えて逃げてしまった。 その結果、長い間別居していた母と再び一緒に住むことになった。表面上は友達や母に明るく振る舞っていたが、内心はかなり参っていた。…

ファミレス

兄妹の絆

ファミリーレストランでの仕事中、私の隣のテーブルに親子が座った。 お母さんは若作りした茶髪で、中学生くらいの息子と小学生の妹を連れていた。 初めはただの普通の家族だと思っ…

結婚式(フリー写真)

娘の結婚式だった

先週、娘の結婚式だった。 私も娘も素直な性格ではないので、ろくに会話を交わすこともなく結婚前夜が過ぎた。 結婚式当日は、娘を直視できなかった。 バージンロードでは体…

オフィス(フリー素材)

祖父の形をした幻

私の名前は中島洋二、会社員であり、幸せな家庭の父親です。 家族は妻と二人の子供、それから母親がいます。 しかし、私にとっての大切な家族の一人に、私の祖父がいます。 …

シロツメグサ

手話で結ぶ絆

私たちの娘は3歳で、ほとんど聞こえません。 その現実を知った日、私と妻はただただ涙に暮れました。繰り返し泣きました。 難聴という言葉が娘を別の世界の生き物に見せてしまうほ…

犬(フリー写真)

天国のアビーへ

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受け、神様に手紙を送ったという話が、米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。 このエピソードは、女の子の母親から送られて来たメールを見た記者…