大好きだった彼

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 長編

カップル(フリー写真)

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。

大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。

着信画面を見ると、彼の親友でした。

珍しいなと思って電話に出ると、その人はこう言いました。

「○○さん(私)、落ち着いて聞いて。

△△(彼)が、事故に遭った」

あまりに突然の、予想もしない事態に、私は固まりました。

「彼は? どうなの? 無事なの??」

私の台詞に、その人は暫く沈黙しました。

そして…搾り出すように、その人は言葉を発しました。

「…即死だって…!!!」

聞きたくなかった、最悪の台詞。

その言葉が信じられず、私はただひたすら、

「嘘でしょ? ねぇ、△△が…そんな、嘘でしょ??」

と繰り返すことしか出来ませんでした。

その後の事は、よく覚えていません。

ただ、私の様子が尋常でない事に気付いた友人が、電話を代わってくれたこと。

その後、彼女に連れられて、彼の親友が教えてくれたという病院へ行ったことは覚えています。

最後に彼と『会った』のは、告別式の日のことです。

黒いスーツを着て告別式に参列しても、お焼香をしても、彼がいなくなってしまったという実感は全く湧きませんでした。

周りの人たちは号泣というくらい泣いているのに、私は全く涙が出ませんでした。

出棺直前。

花を入れるため、私は棺に近付きました。

初めて見る、もう息をしていない彼の顔。

死んでいるなんて信じられないくらい綺麗な、眠るような顔でした。

現実感がないまま、そんな彼を見つめました。

そして、いよいよ出棺の時。

彼の棺は蓋をされ、杭を打ち込まれ…何人もの人の手により、持ち上げられました。

そして、霊柩車の中へ運び込まれ…。

その時、私は初めて彼が亡くなった、という現実を目の当たりにしました。

この後の事も、よく覚えていません。

一緒にいた友人によれば、今までに見たこともないくらい取り乱していたようです。

「いやだ!△△!!どこに行っちゃうの? 行かないで!!

やめて!!△△!!!行かないで、行かないで!!」

ひたすらこういった事を叫び、泣き喚き、走り去る霊柩車を追いかけようとし、周りにいた友人達に止められていたそうです。

そして、友人にすがりつき、泣き崩れたそうです(ここは少し覚えています)。

彼の死を実感してからというもの、私は抜け殻のような生活を送っていました。

学校には毎日通い、授業もきちんと受け、バイトも続けました。

しかし、いつも空虚を抱えた、魂の入っていない抜け殻のような状態でした。

そして夜になると、彼との思い出の品々、写真を眺め、泣き続けていました。

そんな私を心配し、両親や友人が励ましに来るのですが…。

当時の私の心には、何も届きませんでした。

いっそ、死んで彼のところに行きたい。本気で考えたこともあります。

しかし、それから1年後の彼の命日。

私は、一番最初に電話をくれた彼の親友と共に、お墓参りへ向かいました。

そこで、やはりお墓参りに来ていた彼のご両親と会いました。

彼のお母さんが、告別式で一度会っただけの私を覚えていてくれて、話しかけてきてくれました。

そして、こう言われました。

「あの子を好きになってくれてありがとう。

あなたとお付き合いする事が出来て、あの子も幸せだったと思うわ。

でも、あの子はもうこの世にいない。

あの子があなたを幸せにする事は、もう叶わない事なの。

どうかあの子の事は過去にして、幸せになれる道を見つけて。

あなたがいつまでも悲しい顔をしていたら、きっとあの子は悲しむから…」

その言葉を聞き…私は周りの目も気にせず、号泣しました。

そんな私を、彼のお母さんは抱き締め、涙声で

「ありがとう」

と繰り返しながら背中をたたき続けてくれました。

それを境に、私は抜け殻のような生活から抜け出す気力が出るようになりました。

いつまでも悲しんでいてはいけない。

私が泣くたび、彼は困り果て、悲しんでいたじゃないか。

彼は元気な私が、何より好きだったはず…。

そう思い、段々と以前の生活を取り戻す事が出来るようになりました。

そして今、彼が亡くなって一年半。

私は何とかやっています。

今でもどうしようもない喪失感や悲しみに襲われることはあるけれど…。

彼を悲しませないためにも、笑顔で日々を過ごせるように心掛けたいと思っています。

関連記事

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

夏の部屋(フリー写真)

残された兄妹

3年前、金融屋をやっていたんだけど、その年の夏の話。 いつものように追い込みを掛けに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど、子供が二人置いて行かれていた。 5歳と3歳。上…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

結婚式(フリー写真)

二人目の子供

俺が結婚したのは20歳の頃だった。当時、妻は21歳。学生結婚だった。 二年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたのだが、ある時、妊娠が発覚。 俺は飛び上がるくらい嬉しく、一人で…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…