最初で最後のキス

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手を繋ぐカップル(フリー写真)

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。

上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。

そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになってくれて、子供ながらに本気で愛していました。

その彼とは途中、日本とロスという遠距離恋愛もしながらも、お互い気持ちが変わる事はなく、自分は彼と結婚するのだと信じて疑いませんでした。

しかしその彼が事故に遭い、一度は元気になったものの他界…。

まるでドラマのような展開でその恋は終わりました。

正確に言えば、私の恋は終わってはいなかったのですが。

彼が私の世界であり、彼こそが私の全てだった。

亡くなってからもずっと彼が忘れられず、やっと好きになれたと思った部活の先輩は、結局は彼の面影を重ねていただけだった事に気が付き、すぐに別れました。

もう好きな人に置いて行かれるのは嫌だった。

だから人を好きになって失うのが恐くて、新しい恋愛から自分を遠ざけていた部分もあったのかもしれない。

もうきっと誰も好きにならない…寧ろずっと彼だけを愛してる。

そう思っていました。

彼が居ない世界で生きて行く意味が見つからず、何度も自殺未遂をしたけれど、結局死ねずに、気が付けば彼を好きになってから10年が経っていました。

大学生になってすぐのある日、高校生の男の子が電車で痴漢に遭った私を助けてくれました。

とても気さくで可愛い子で、その日から彼とよく会うようになりました。

不思議と彼と居る時は、心の底から笑う事が出来ました。

自然とお互い惹かれ合って行くのが解りました。

でも私は昔の彼の事を、どうしても思い出には出来ませんでした。

それだけ彼は私の中で大きな存在でした。

だから目の前の彼に告白された時には、嬉しかったけれどとても困惑しました。

未来が消えてしまった昔の彼を置いて、私だけが幸せになろうとしても良いのか、と。

私は彼に自分の過去を話しました。

重い女だと思われるかもしれないと覚悟していたのですが、いつも可笑しな事ばかり言っているような彼が、私の為に泣いてくれたのです。

「辛かったな。

その人の事、忘れなくていい。ゆっくり思い出にして行ったらいい。

想い出に出来るまで、傍で待ってるから」

と言ってくれました。そして、

「俺は死なないから」

とも…。

とても嬉しかった。

彼と接しているうちに、昔の彼の事を思い出す時、穏やかな気持ちになれていた事に気付き始めていた頃の事でした。

彼が事故に遭い、病院に運ばれたと連絡が入ったのです。

急に昔の彼の事が頭を過ぎり、全身の血の気が引くのが分かりました。

当初は、朦朧としてはいたものの意識もあったそうですが、病院に運ばれてから急に悪化し、私が駆けつけた時には既に息を引き取った後でした。

以前から何度かお会いしていた彼のお父さんに付き添われて、彼に会いました。

彼の綺麗だった顔には大きな傷が残っていて、痛々しくて自分の心も痛くて息が出来ませんでした。

そんな私を気遣いながら、彼のお父さんは私に彼の携帯を渡してくれました。

救急車の中でも携帯を離さなかったそうで、その携帯を開くと私宛のメールが打ってありました。

『ずっと愛してる。約束やぶってごめん』

人前で泣くのが大嫌いな私が、堪えきれずにボロボロ泣いていました。

こんな声が出るのかと思うくらい惨めな声で泣きじゃくりました。

彼のお父さんは、

「きっと、どうしても最期に伝えたかったんだと思うよ」

と言って、私の肩をポンと叩きました。

顔を上げると、お父さんも泣いていました。

「こいつは、ずっと君と結婚するんだと騒いでいたんだよ」

と言った擦れた声が、妙にはっきりと私の頭に響きました。

そして以前、ふざけながら話していた子供の名前の話や、マイホームの話を、彼の明るい声と笑顔と共に思い出していました。

臆病で照れ屋で…今まで一度も、以前好きだった彼にさえした事はなかったけど、傷付いた彼の唇に自分からキスをしました。

最初で最後の、彼へのキスでした。

今はとても後悔しています。

気付いていたのに、それでも素直に認める事が出来なかった。

もっと早く、自分の気持ちを伝えていれば良かった。

「誰よりも、あなたのことが大好きです」

と…。

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

ノートとペン(フリー写真)

一冊のノート

会社に入って3年目に、マンツーマンで一人の新人の教育を担当する事になりました。 実際に会ってみると覚えが悪く、何で俺がこの子を担当するんだろうと感じました。 しかし仕事で…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

ドクター(フリー写真)

思いやりのある若者

本当は書くべきじゃないのかも知れないが、久々に堪らない思いになった。 一応、医者の端くれとして働いている。 こういう生業だから、人の死に接する機会は少なくない。 少し…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

スマホを持つ人(フリー写真)

彼女からの最後のメール

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。 お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。 俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。 そして彼女の仕事が終…

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…

ご縁の糸(フリー写真)

風変わりなアピール

30歳になる少し前に離婚した。 その一年半後に現在の妻を紹介された。 高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。 安い給料なのに真面目に働く良…