最初で最後のキス

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手を繋ぐカップル(フリー写真)

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。

上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。

そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになってくれて、子供ながらに本気で愛していました。

その彼とは途中、日本とロスという遠距離恋愛もしながらも、お互い気持ちが変わる事はなく、自分は彼と結婚するのだと信じて疑いませんでした。

しかしその彼が事故に遭い、一度は元気になったものの他界…。

まるでドラマのような展開でその恋は終わりました。

正確に言えば、私の恋は終わってはいなかったのですが。

彼が私の世界であり、彼こそが私の全てだった。

亡くなってからもずっと彼が忘れられず、やっと好きになれたと思った部活の先輩は、結局は彼の面影を重ねていただけだった事に気が付き、すぐに別れました。

もう好きな人に置いて行かれるのは嫌だった。

だから人を好きになって失うのが恐くて、新しい恋愛から自分を遠ざけていた部分もあったのかもしれない。

もうきっと誰も好きにならない…寧ろずっと彼だけを愛してる。

そう思っていました。

彼が居ない世界で生きて行く意味が見つからず、何度も自殺未遂をしたけれど、結局死ねずに、気が付けば彼を好きになってから10年が経っていました。

大学生になってすぐのある日、高校生の男の子が電車で痴漢に遭った私を助けてくれました。

とても気さくで可愛い子で、その日から彼とよく会うようになりました。

不思議と彼と居る時は、心の底から笑う事が出来ました。

自然とお互い惹かれ合って行くのが解りました。

でも私は昔の彼の事を、どうしても思い出には出来ませんでした。

それだけ彼は私の中で大きな存在でした。

だから目の前の彼に告白された時には、嬉しかったけれどとても困惑しました。

未来が消えてしまった昔の彼を置いて、私だけが幸せになろうとしても良いのか、と。

私は彼に自分の過去を話しました。

重い女だと思われるかもしれないと覚悟していたのですが、いつも可笑しな事ばかり言っているような彼が、私の為に泣いてくれたのです。

「辛かったな。

その人の事、忘れなくていい。ゆっくり思い出にして行ったらいい。

想い出に出来るまで、傍で待ってるから」

と言ってくれました。そして、

「俺は死なないから」

とも…。

とても嬉しかった。

彼と接しているうちに、昔の彼の事を思い出す時、穏やかな気持ちになれていた事に気付き始めていた頃の事でした。

彼が事故に遭い、病院に運ばれたと連絡が入ったのです。

急に昔の彼の事が頭を過ぎり、全身の血の気が引くのが分かりました。

当初は、朦朧としてはいたものの意識もあったそうですが、病院に運ばれてから急に悪化し、私が駆けつけた時には既に息を引き取った後でした。

以前から何度かお会いしていた彼のお父さんに付き添われて、彼に会いました。

彼の綺麗だった顔には大きな傷が残っていて、痛々しくて自分の心も痛くて息が出来ませんでした。

そんな私を気遣いながら、彼のお父さんは私に彼の携帯を渡してくれました。

救急車の中でも携帯を離さなかったそうで、その携帯を開くと私宛のメールが打ってありました。

『ずっと愛してる。約束やぶってごめん』

人前で泣くのが大嫌いな私が、堪えきれずにボロボロ泣いていました。

こんな声が出るのかと思うくらい惨めな声で泣きじゃくりました。

彼のお父さんは、

「きっと、どうしても最期に伝えたかったんだと思うよ」

と言って、私の肩をポンと叩きました。

顔を上げると、お父さんも泣いていました。

「こいつは、ずっと君と結婚するんだと騒いでいたんだよ」

と言った擦れた声が、妙にはっきりと私の頭に響きました。

そして以前、ふざけながら話していた子供の名前の話や、マイホームの話を、彼の明るい声と笑顔と共に思い出していました。

臆病で照れ屋で…今まで一度も、以前好きだった彼にさえした事はなかったけど、傷付いた彼の唇に自分からキスをしました。

最初で最後の、彼へのキスでした。

今はとても後悔しています。

気付いていたのに、それでも素直に認める事が出来なかった。

もっと早く、自分の気持ちを伝えていれば良かった。

「誰よりも、あなたのことが大好きです」

と…。

関連記事

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

廃墟

神戸からの少女

2年前、旅行先の駐屯地祭での出来事です。 例によって、特定の市民団体が来場し、場の雰囲気が少し重たくなっていました。そのとき、女子高生と思しき一人の少女がその団体に向かって歩い…

キャンドル

灯り続ける希望の光

24歳の時、僕は会社を退職し、独立を決意しました。上司の姿から自分の未来を映し出し、恐れを感じたからです。しかし現実は甘くなく、厳しい毎日が始まりました。25歳で月収7万円、食事は白…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…

コスモス

未来への手紙

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突し、彼女は即死でした。 警察からの連絡を聞いた時、酷い冗談だ…

手をつなぐカップル(フリー写真)

未来への遺言

私の初恋の人、かつての彼氏がこの世を去りました。 若さゆえに我儘を尽くし、悔いが残る行為ばかりでした。 ある日、突如として「別れて欲しい」と告げられ、私は意地を張って「い…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…