最初で最後のキス

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手を繋ぐカップル(フリー写真)

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。

上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。

そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになってくれて、子供ながらに本気で愛していました。

その彼とは途中、日本とロスという遠距離恋愛もしながらも、お互い気持ちが変わる事はなく、自分は彼と結婚するのだと信じて疑いませんでした。

しかしその彼が事故に遭い、一度は元気になったものの他界…。

まるでドラマのような展開でその恋は終わりました。

正確に言えば、私の恋は終わってはいなかったのですが。

彼が私の世界であり、彼こそが私の全てだった。

亡くなってからもずっと彼が忘れられず、やっと好きになれたと思った部活の先輩は、結局は彼の面影を重ねていただけだった事に気が付き、すぐに別れました。

もう好きな人に置いて行かれるのは嫌だった。

だから人を好きになって失うのが恐くて、新しい恋愛から自分を遠ざけていた部分もあったのかもしれない。

もうきっと誰も好きにならない…寧ろずっと彼だけを愛してる。

そう思っていました。

彼が居ない世界で生きて行く意味が見つからず、何度も自殺未遂をしたけれど、結局死ねずに、気が付けば彼を好きになってから10年が経っていました。

大学生になってすぐのある日、高校生の男の子が電車で痴漢に遭った私を助けてくれました。

とても気さくで可愛い子で、その日から彼とよく会うようになりました。

不思議と彼と居る時は、心の底から笑う事が出来ました。

自然とお互い惹かれ合って行くのが解りました。

でも私は昔の彼の事を、どうしても思い出には出来ませんでした。

それだけ彼は私の中で大きな存在でした。

だから目の前の彼に告白された時には、嬉しかったけれどとても困惑しました。

未来が消えてしまった昔の彼を置いて、私だけが幸せになろうとしても良いのか、と。

私は彼に自分の過去を話しました。

重い女だと思われるかもしれないと覚悟していたのですが、いつも可笑しな事ばかり言っているような彼が、私の為に泣いてくれたのです。

「辛かったな。

その人の事、忘れなくていい。ゆっくり思い出にして行ったらいい。

想い出に出来るまで、傍で待ってるから」

と言ってくれました。そして、

「俺は死なないから」

とも…。

とても嬉しかった。

彼と接しているうちに、昔の彼の事を思い出す時、穏やかな気持ちになれていた事に気付き始めていた頃の事でした。

彼が事故に遭い、病院に運ばれたと連絡が入ったのです。

急に昔の彼の事が頭を過ぎり、全身の血の気が引くのが分かりました。

当初は、朦朧としてはいたものの意識もあったそうですが、病院に運ばれてから急に悪化し、私が駆けつけた時には既に息を引き取った後でした。

以前から何度かお会いしていた彼のお父さんに付き添われて、彼に会いました。

彼の綺麗だった顔には大きな傷が残っていて、痛々しくて自分の心も痛くて息が出来ませんでした。

そんな私を気遣いながら、彼のお父さんは私に彼の携帯を渡してくれました。

救急車の中でも携帯を離さなかったそうで、その携帯を開くと私宛のメールが打ってありました。

『ずっと愛してる。約束やぶってごめん』

人前で泣くのが大嫌いな私が、堪えきれずにボロボロ泣いていました。

こんな声が出るのかと思うくらい惨めな声で泣きじゃくりました。

彼のお父さんは、

「きっと、どうしても最期に伝えたかったんだと思うよ」

と言って、私の肩をポンと叩きました。

顔を上げると、お父さんも泣いていました。

「こいつは、ずっと君と結婚するんだと騒いでいたんだよ」

と言った擦れた声が、妙にはっきりと私の頭に響きました。

そして以前、ふざけながら話していた子供の名前の話や、マイホームの話を、彼の明るい声と笑顔と共に思い出していました。

臆病で照れ屋で…今まで一度も、以前好きだった彼にさえした事はなかったけど、傷付いた彼の唇に自分からキスをしました。

最初で最後の、彼へのキスでした。

今はとても後悔しています。

気付いていたのに、それでも素直に認める事が出来なかった。

もっと早く、自分の気持ちを伝えていれば良かった。

「誰よりも、あなたのことが大好きです」

と…。

関連記事

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

空と太陽の光(フリー写真)

平和な世界で

あなたへ あなたが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょう。 娘も、こんなに大きくなって。 あなた、見ていてくれていますか? あの時、私はあなたに言…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

ポメラニアン(フリー写真)

愛の形

私はあるペットクリニックに勤めています。 そこで起こった悲しい出来事をお話します。 ※ 40代くらいの男性がポメラニアンを連れてよく来ていました。 その人が購…

新郎新婦(フリー写真)

結婚式場の小さな奇跡

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。 建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…