最初で最後のキス

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手を繋ぐカップル(フリー写真)

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。

上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。

そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになってくれて、子供ながらに本気で愛していました。

その彼とは途中、日本とロスという遠距離恋愛もしながらも、お互い気持ちが変わる事はなく、自分は彼と結婚するのだと信じて疑いませんでした。

しかしその彼が事故に遭い、一度は元気になったものの他界…。

まるでドラマのような展開でその恋は終わりました。

正確に言えば、私の恋は終わってはいなかったのですが。

彼が私の世界であり、彼こそが私の全てだった。

亡くなってからもずっと彼が忘れられず、やっと好きになれたと思った部活の先輩は、結局は彼の面影を重ねていただけだった事に気が付き、すぐに別れました。

もう好きな人に置いて行かれるのは嫌だった。

だから人を好きになって失うのが恐くて、新しい恋愛から自分を遠ざけていた部分もあったのかもしれない。

もうきっと誰も好きにならない…寧ろずっと彼だけを愛してる。

そう思っていました。

彼が居ない世界で生きて行く意味が見つからず、何度も自殺未遂をしたけれど、結局死ねずに、気が付けば彼を好きになってから10年が経っていました。

大学生になってすぐのある日、高校生の男の子が電車で痴漢に遭った私を助けてくれました。

とても気さくで可愛い子で、その日から彼とよく会うようになりました。

不思議と彼と居る時は、心の底から笑う事が出来ました。

自然とお互い惹かれ合って行くのが解りました。

でも私は昔の彼の事を、どうしても思い出には出来ませんでした。

それだけ彼は私の中で大きな存在でした。

だから目の前の彼に告白された時には、嬉しかったけれどとても困惑しました。

未来が消えてしまった昔の彼を置いて、私だけが幸せになろうとしても良いのか、と。

私は彼に自分の過去を話しました。

重い女だと思われるかもしれないと覚悟していたのですが、いつも可笑しな事ばかり言っているような彼が、私の為に泣いてくれたのです。

「辛かったな。

その人の事、忘れなくていい。ゆっくり思い出にして行ったらいい。

想い出に出来るまで、傍で待ってるから」

と言ってくれました。そして、

「俺は死なないから」

とも…。

とても嬉しかった。

彼と接しているうちに、昔の彼の事を思い出す時、穏やかな気持ちになれていた事に気付き始めていた頃の事でした。

彼が事故に遭い、病院に運ばれたと連絡が入ったのです。

急に昔の彼の事が頭を過ぎり、全身の血の気が引くのが分かりました。

当初は、朦朧としてはいたものの意識もあったそうですが、病院に運ばれてから急に悪化し、私が駆けつけた時には既に息を引き取った後でした。

以前から何度かお会いしていた彼のお父さんに付き添われて、彼に会いました。

彼の綺麗だった顔には大きな傷が残っていて、痛々しくて自分の心も痛くて息が出来ませんでした。

そんな私を気遣いながら、彼のお父さんは私に彼の携帯を渡してくれました。

救急車の中でも携帯を離さなかったそうで、その携帯を開くと私宛のメールが打ってありました。

『ずっと愛してる。約束やぶってごめん』

人前で泣くのが大嫌いな私が、堪えきれずにボロボロ泣いていました。

こんな声が出るのかと思うくらい惨めな声で泣きじゃくりました。

彼のお父さんは、

「きっと、どうしても最期に伝えたかったんだと思うよ」

と言って、私の肩をポンと叩きました。

顔を上げると、お父さんも泣いていました。

「こいつは、ずっと君と結婚するんだと騒いでいたんだよ」

と言った擦れた声が、妙にはっきりと私の頭に響きました。

そして以前、ふざけながら話していた子供の名前の話や、マイホームの話を、彼の明るい声と笑顔と共に思い出していました。

臆病で照れ屋で…今まで一度も、以前好きだった彼にさえした事はなかったけど、傷付いた彼の唇に自分からキスをしました。

最初で最後の、彼へのキスでした。

今はとても後悔しています。

気付いていたのに、それでも素直に認める事が出来なかった。

もっと早く、自分の気持ちを伝えていれば良かった。

「誰よりも、あなたのことが大好きです」

と…。

関連記事

スマホを持つ人(フリー写真)

彼女からの最後のメール

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。 お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。 俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。 そして彼女の仕事が終…

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

月(フリー写真)

月に願いを

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。 一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。 祖父母はとても厳しく、おまけに 「お前なんて生まれて来な…

バス停(フリー写真)

親切な彼女

バスで二人座席に座っていた学生風のカップル。 車椅子の人が乗ろうとした途端、彼女の方がすっと立ち上がって、彼氏に荷物を渡し、運転手が車椅子を乗せるお手伝いをしていた。 その…

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

夏休みの情景(フリー写真)

バス停の女の子

俺が小学3年生の夏休みの話。 今の今までマジで忘れていた。 小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。 俺は近所の男子と夏休み中、開放されていた学校の校庭で、午後…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…