二人の母

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

おにぎり(フリー写真)

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。

それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。

俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって

「今から二人に会って欲しい人がいるんだ」

と言って来た。

それで父が連れて来たのは、父より少し若いくらいの優しそうな顔の女性だった。

俺は子供だったが、父がその女性と再婚するつもりなのが何となく解った。

姉はその人と会ってすぐに楽しそうに話をして打ち解けていたが、俺は人見知りな性格だったので、打ち解けることが出来なかった。

その人が帰った後、三人で夕食を摂っている時に父が

「父さん、あの人と結婚してもいいかな?」

と言った。

俺は正直あまり良い気分ではなかったが、姉も喜んでいたし、父の幸せのことを考えると何も言えず、俺も喜んでいる振りをした。

そして、俺の家族は四人家族になった。

と言うより四人家族に戻った。

俺は相変わらず新しいお母さんに懐くことが出来なかった。

ある休みの日の前日の夜、父が

「明日はみんなで動物園に行こう」

と言った。

俺は動物園なんて殆ど行ったことがなかったから、本当に嬉しかった。

翌日の朝、動物園に行けることが嬉しくて、いつもより早起きした。

そしたら父がリビングの薬入れを漁っていたので、どうしたのか聞くと姉が熱を出したらしい。

そこで父は家に残って姉の看病をすることになり、俺とお母さんの二人で動物園に行くことになった。

動物園に着いてからも何となく気まずい雰囲気で、言葉数も少なく、心から楽しむことが出来ないでいた。

昼になり、ベンチでお母さんの作って来た弁当を食べることになった。

俺はおにぎりを一つ手に取って口に運んだ。

そしたら何か本当の母さんが元気だった頃、家族でピクニックに行った時に、母さんがお弁当に作ってくれたおにぎりを食べたことを思い出した。

水気を吸ってやわらかくなった海苔、ほどよい塩味…。

懐かしい気持ちと共に本当のお母さんを思い出し、涙がボロボロ出て来た。

母が戸惑っていたので泣くのをやめようと思っても涙が止まらなかった。

俺はその時初めて、その人に母親を感じた。

それから母さんと動物園を周りながら今まで話せなかった色々なことを話した。

本当に楽しかったし、嬉しかった。

そんな母もあれから22年経った今年の2月に病気で亡くなった。

俺はあの時食べたおにぎりの味を忘れない。

二人の母のお陰で、今日も俺は元気に生きている。

花(フリー写真)

母の匂いと記憶

先日、母の日に実家へ帰った時、ジョイントを持って行った。 兄に子供が生まれた関係で家は禁煙になっていて、俺の部屋も物置き状態。 母親の隣で寝る事になったんだけど、何か気恥ず…

結婚式(フリー写真)

お兄ちゃん

この間、友人の娘の結婚式に出席した。 私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている。 その子の結婚式という事で電話が来て出席する事にし…

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

ビール(フリー写真)

恐かった父

私の父は無口で頑固で本当に恐くて、親戚中が一目置いている人でした。 家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母が忙しなく動いていた記憶があります。 ※ 私が結婚する事にな…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…