二人の母

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

おにぎり(フリー写真)

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。

それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。

俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって

「今から二人に会って欲しい人がいるんだ」

と言って来た。

それで父が連れて来たのは、父より少し若いくらいの優しそうな顔の女性だった。

俺は子供だったが、父がその女性と再婚するつもりなのが何となく解った。

姉はその人と会ってすぐに楽しそうに話をして打ち解けていたが、俺は人見知りな性格だったので、打ち解けることが出来なかった。

その人が帰った後、三人で夕食を摂っている時に父が

「父さん、あの人と結婚してもいいかな?」

と言った。

俺は正直あまり良い気分ではなかったが、姉も喜んでいたし、父の幸せのことを考えると何も言えず、俺も喜んでいる振りをした。

そして、俺の家族は四人家族になった。

と言うより四人家族に戻った。

俺は相変わらず新しいお母さんに懐くことが出来なかった。

ある休みの日の前日の夜、父が

「明日はみんなで動物園に行こう」

と言った。

俺は動物園なんて殆ど行ったことがなかったから、本当に嬉しかった。

翌日の朝、動物園に行けることが嬉しくて、いつもより早起きした。

そしたら父がリビングの薬入れを漁っていたので、どうしたのか聞くと姉が熱を出したらしい。

そこで父は家に残って姉の看病をすることになり、俺とお母さんの二人で動物園に行くことになった。

動物園に着いてからも何となく気まずい雰囲気で、言葉数も少なく、心から楽しむことが出来ないでいた。

昼になり、ベンチでお母さんの作って来た弁当を食べることになった。

俺はおにぎりを一つ手に取って口に運んだ。

そしたら何か本当の母さんが元気だった頃、家族でピクニックに行った時に、母さんがお弁当に作ってくれたおにぎりを食べたことを思い出した。

水気を吸ってやわらかくなった海苔、ほどよい塩味…。

懐かしい気持ちと共に本当のお母さんを思い出し、涙がボロボロ出て来た。

母が戸惑っていたので泣くのをやめようと思っても涙が止まらなかった。

俺はその時初めて、その人に母親を感じた。

それから母さんと動物園を周りながら今まで話せなかった色々なことを話した。

本当に楽しかったし、嬉しかった。

そんな母もあれから22年経った今年の2月に病気で亡くなった。

俺はあの時食べたおにぎりの味を忘れない。

二人の母のお陰で、今日も俺は元気に生きている。

関連記事

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

炊き込みご飯(フリー写真)

母の炊き込みご飯

俺は小学生の頃、母の作った炊き込みご飯が大好物だった。 特にそれを口に出して伝えた事は無かったけど、母はちゃんと解っていて、誕生日や何かの記念日には、我が家の夕食は必ず炊き込みご…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

夕日と夫婦(フリー写真)

どうしてですか(゚Д゚)ゴルァ!

どうして私がいつもダイエットしている時に、(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ! どうして私が悪いのに、ケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ! …

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…