白猫のミーコ

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

猫

長い間、私たち家族の一員として過ごしてきたのは、白くてふわふわな猫、ミーコだった。私がこの世に生まれてくる前から、彼女は私たちと一緒にいた。

子供の頃、私はミーコが大好きだった。

その感情はミーコも同じように感じていたらしく、彼女は私のそばから離れることがなかった。

家族の中で様々な試練があった。父が病院での日々を過ごし、母の体調も次第に良くなかった。

さらに、私も母から私立中学の入試を強く勧められ、そのプレッシャーに押しつぶされそうになった。

家を追い出され、涙にくれる私の隣には、いつもミーコがいた。

彼女の存在だけで、私は安心感を感じた。

しかし、人生は常に順調ではない。

母からの中学変更の要請、新しい学校でのいじめ、近所の大人たちからの陰口…そんな中で、私は多くのことを学び、自分を成長させることができた。

そして、中三の年、ある模試で学校で一位になった。

その喜びをミーコと共有したとき、彼女の鳴き声が明るく、高く感じられた。

しかし、時の流れは残酷だ。

ミーコは老い、彼女の体力も次第に衰えていった。

そして、ある日、学校から帰ると彼女は小屋で静かに眠っていた。

その瞬間、私の心は一瞬、時間が止まったようだった。

ミーコの死を真実として受け入れることができなかった。

涙が溢れ、私はミーコの墓まで駆け寄った。

「ミーコ、ありがとう」と声を震わせながら言った。

彼女が私に教えてくれたこと、私たちの共に過ごした時間、すべてが私の心の中で生き続ける。

私は約束をした。

「ミーコ、天国で再び会うその日まで、私は笑顔で生きるよ。だから、安心してね。」

ミーコの思い出は、私の胸にいつまでも生き続ける。

彼女との日々は私の宝物であり、それはこれからも変わらない。

関連記事

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

おとうさんのがんが治る薬

クリスマスが数日前に迫る中、6歳の娘は欲しい物を手紙に書き、窓際に置いていました。 夫と共に、キティちゃんの便箋を破らずに手紙を覗いてみると、こう書いてありました。 『サ…

浅草

母の秘密の願い

都会の喧騒とは異なる田舎の空気。 私はその中で母の日常を想像していた。彼女はいつも家のことに追われ、人混みの多い場所に足を運ぶことはなかった。私が東京に単身赴任してからも、母は…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

寝ている猫(フリー写真)

飼い猫の最後の別れ

10年以上前、ひょんな切っ掛けで、捨てられたらしいスコティッシュの白猫を飼う事になった。 でもその猫の首には大きな癌があり、猫エイズも発症していて、 「もうあと一ヶ月ぐらい…

ファミコン(フリー写真)

消えた冒険の書

私には、兄が居ました。 三つ年上の兄は、妹思いの優しい兄でした。 子供の頃はよくドラクエ3を兄と一緒にやっていました(私は見ているだけでした)。 勇者が兄で、僧侶が私…