脳梗塞で亡くなったチワワ

公開日: ペット | 悲しい話 |

チワワ

今から3年程前の事です。

飼っていたチワワ(以下、まーちゃん)が脳梗塞で亡くなりました。

14歳でした。

まーちゃんは亡くなる前日まで元気で、死因が脳梗塞と聞いた時は、

『脳梗塞って本当に症状が出るまで判らないんだな』

と思いました。

亡くなる当日。

遅く起きて来た俺は、リビングに入った。

するとまーちゃんが苦しそうにもがいていて、両親が心配そうにさすっているのを見た。

その時、俺は何となく察した。

『このままだと、死んじゃう』

そう思った俺は、両親に早く「病院に連れて行け」と叫んだ。

まーちゃんを抱え、車で病院に向かった両親。

暫くして、電話でまーちゃんが亡くなったと知らされた。

めちゃくちゃ泣いた。

親が帰って来た後、こんな話を聞いた。

「まーちゃんはきっと、S君(俺の事)が起きて来るまで、苦しいのもずっと耐えていたんだね。

最期に顔を見たいと、死なないように耐えていたんだよ」

もう馬鹿みたいに泣いた。悲しい時に流す涙、人生分を全部使う程、泣いた。

3年が経った今、とある事に気が付いた。

まーちゃんが亡くなる前日、俺まーちゃんに蒸しパンあげたのよ。

まあ、もちろん糖分も化け物級。

そのせいで血糖値がめちゃくちゃ高くなって、それで亡くなったんかなって。

そう考えるようになってから毎日、悔し過ぎてベッドで泣いている。

関連記事

黒猫(フリー写真)

ぬこさま

今年のGW明けの頃のこと。 前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

太平洋戦争(フリー写真)

少年の志願

俺は今、介護福祉士として働いている。 妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が 「鹿児島か…」 と暗く呟いた。 その方…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

最初で最後のキス

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。 上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。 そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになっ…

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…

戦闘機

戦場の軍医と従兵の絆

先日、私は大伯父の葬儀に参列しました。読経の声が静かに流れる中、私は大伯父がかつて語った、唯一の戦争の話を思い出していました。 医師であった大伯父は軍医として従軍し、フィリピン…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…

兄妹(フリー写真)

たくましいお兄ちゃん

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。 兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。 当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。 ※ しかしある年末、…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…