親猫

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

猫の親子(フリー写真)

家の裏に同じ猫が、よく通っていた。

痩せていたので、残飯を少し置いてあげた。

私自身、あまり動物が好きではない。

以前は子供のためにウサギを家で飼ったが、そのせいで主人のアレルギーがひどくなったこともあり、家でペットは飼えないと思っていた。

それにウサギが亡くなった後は辛かったから、もう二度とペットは飼わないつもりでした。

だけど、一度餌をあげるとまたやって来て、その都度何かしらあげていた。

ある日、お腹が大きくなっているのに気が付いた。メス猫なんだ。

一週間しているうちに、お腹が元の大きさに戻っていた。と思っているうちに、隣の柵の方から赤ちゃん猫が泣く声がして。

親猫は、裏に来てこちらがあげる物を食べたら、すぐ赤ちゃんの所へ戻って行っていました。

それから暫くして、裏に赤ちゃんを連れてやって来ました。

いつも来る親猫は、黒と白色が混ざった猫できりっとした顔でしたが、赤ちゃんは黒色が主で白も所々あり、かわいい顔の猫でした。網戸越しに、赤ちゃんを見ました。

親猫(私たちは『クロ』と呼ぶようになりました)はまたすぐ子猫を連れて、隣に帰りました。

その翌日クロが来て、今までと違う悲しい鳴き声で泣き続けました。

何かあったのだっと思い隣の柵を除いたところ、子猫が横たわっていました。動かないのを見て、亡くなったのだと気付きました。

ようやく、クロの鳴く意味が解りました。私は、餌をあげるしか、励ますことができなかった。

次の日にはもう普通のクロに戻っていました。

それから一ヶ月ぐらい経った頃、7月の初旬。

クロのお腹がまた、大きくなっていた。あれー、また子供ができたみたい。

私が、家族に言ったのだけど、あまり信じてもらえなかった。

7月12日、この日クロは我が家に入りたがった。もしかして、うちで産む気なのかと思ったが、やはり家には入れなかった。

以前と違う所で産んだのだが、今回は場所が判らない。

暫くして赤ちゃんの泣き声がしたから、やはり近くで産んでいるのだろう。

何日か後の夜中に凄い雨が降りました。大丈夫だったかなあと思っていました。

次の日の昼間、クロがやって来て、またあの時みたいな泣き方をし始めました。

「クロ、もしかして、赤ちゃんいなくなったん?」

クロは、泣き続けました。

私は続けて、

「クロ、泣いてる場合じゃないよ。探しに行き」

通じないかもしれないけど、ついそう言っていました。

すると、クロは餌も食べず歩き出したのです。

その夕方、赤ちゃんの猫の鳴き声が聞こえたので、やれやれ見つかったんだとほっとしました。

今回はすくすくと育つようにと思っていたら、またもや子猫を連れて来た。

今度は二匹。茶色の縞模様の子とグレーの子。縞模様は、キリっとした顔立ち。

グレーは、かわいい顔の猫でした。

二匹は、裏でじゃれて遊んでいました。いつの間にかクロの姿がありませんでした。

ええっ、もしかして…。クロは、赤ちゃんを置いて行きました。

すぐスーパーに子猫専用のフードを買いに行きました。裏に置いてある棚に、寝床を作り。

子猫は、すぐ慣れました。

一ヶ月が経った頃、ふらっとクロが現れました。私たち家族は、思わず「クロ」と呼んでいました。

私はすぐクロの餌を用意して、置きました。しかしクロは見向きもせず、子供たちを見ました。

子供たちはすっかり忘れたみたいで、二匹で寄り添って怖がっていました。

クロはそのまま玄関の方へ行きました。ちょうど主人が車から降りて来ました。

主人も久々のクロを見て「クロ」と言うと、クロは主人の所へ行きました。

かわいがっていた主人はクロを撫でてやっていると、クロはすっと歩き出し、家の門を出て何歩か歩き、振り返って頭を下げたのです。

私も主人も一緒に見ていたので、私は思わず

「今、頭下げたよね」

と言いました。

クロの姿は、消えました。その後、クロは一度も現れませんでした。

今でもクロのことは、時々会話に出てきます。

子猫のことは、また続きを書きますね。

投稿者: 匿名希望

関連記事

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…

恋人同士(フリー写真)

彼の真意

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトをしていた。 付き合い始めの頃、私が作った味噌汁に、溶け残りの味噌が固まって入っていたことがあった。 …

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…

デジカメを持つ女性(フリー写真)

母がデジカメを買った

機械音痴の母がデジカメを買った。 とても嬉しいらしく、はしゃぎながら色々なものを撮っていた。 ※ 何日か経った頃、メモリが一杯で写せなくなったらしく 「どうすればいいの…

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

病院(フリー背景素材)

二つ目のセーブデータ

ゲームボーイの『Sa・Ga2 秘宝伝説(以下、サガ2)』は思い出のソフトなんだ…。 今でもよく思い出しては切なくなっています。 ※ 俺さ、生まれた時から酷い小児喘息だったのよ…

子犬(フリー写真)

子犬を買いに来た男の子

あるペットショップの店頭に『子犬セール中!』の札が掛けられました。 子犬と聞くと子供はとても心をそそられるものです。 暫くするとやはり、男の子が店に入って来ました。 …