ボロという犬の話

公開日: ペット | 悲しい話 |

可愛い犬(フリー写真)

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。

黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。

でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。

そんな風貌を見て、親父はその犬を『ボロ』と名付けた。

一人っ子の俺は、良い弟分が出来たのが嬉しくて、毎日公園へ散歩に行っては一緒に遊んだ。

うちは両親共働きで殆ど家には居らず、いつも独りぼっちだったけど、ボロが現われてからは毎日楽しかった。

ちょうど1年が経った頃、うちは親父の仕事の都合で遠くに引っ越さなくてはならなくなった。

当然ボロも一緒に行けるものと思っていたが、引っ越し先には連れて行けない事を母親から告げられた。

両親はどこかに引き取ってもらおうと、貰い手を探していたようだが、結局どこにも引き取ってもらえなかった。

それで仕方なく車で遠くへ連れて行き、捨てるという事になった。

俺は当然、泣き喚いて断固反対した。

ボロと別れるなんて考えられない。

ましてどこか遠くに捨てるなんて絶対に嫌だ。

しかし当時小学生だった俺はあまりに無力で、結局事態を好転させる事など出来るはずもなく、捨てる事に決まってしまった。

母と俺、そしてボロで車に同乗し、隣街まで出掛けた。

車中でも悲しくて悲しくて涙が止まらず、俺はずっとボロを抱き締めていた。

母がちょうど良さげな場所を見つけたらしく、車を停めた。

とうとうその時が来たのだ。

車から降ろそうと母がボロを抱きかかえると、何かに勘付いたのか、ボロはグッと足を踏ん張って車から降りまいと抵抗した。

それを見た俺はますます悲しくなり、声を上げて泣いた。

ボロを降ろしてドアを閉め、急いで車を走らせるも、ボロは思い切り走って追い掛けて来る。

その姿があまりに悲しく、母は車を停めた。

肩を震わせて、母も泣いていた。

俺は車から飛び出し、ボロに抱きついた。

ボロの匂い、ボロの声、ボロとの思い出が走馬灯のように蘇る。

お手もお座りも何も覚えない、本当にバカ犬だったけど、独りぼっちの俺の傍にいつも一緒に居てくれた、大切な友達。

「何だって言う事を聞くから、ボロも一緒に連れてって!」

泣きながら母に嘆願したが、やはり駄目だった。

「やっぱり連れて行けない」

母はそう一言呟いて、もう一度車を走らせる事になった。

今度はボロも察したらしく、追い掛けても来ず、座ったまま走り出す車を眺めているだけ。

「ボロさよなら!ボロ元気でね!」

車の中から手を振った。

止まらない涙。

「ごめんね…」

謝る母。

ボロの姿がどんどん小さくなって行く。

あの時の光景を思い出すと、今でも辛くて悲しくて泣けてくる。

そして人間の身勝手で、動物を飼ったり捨てたりした事を、心から反省している。

手紙(フリー写真)

生きて欲しかった

私は高校2年生です。 去年、3つ下の妹が自殺しました。 妹はいつも笑顔で『悩みなんてない!』みたいな子でした。 妹は成績は散々だったけど、コミュニケーションが苦手な…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

猫(フリー写真)

父を護衛する猫

父が突然亡くなった。 うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。 「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」 と父は生前、少し自慢気に言っ…

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…

犬(フリー写真)

大切な家族

家で可愛がっていた犬が亡くなって、もう何年経っただろう…。 まだ私も子育て中で、小さい子供を2人育てていたので毎日がバタバタだった時のことだ。 旦那が、番犬になるし子供たち…