ボロという犬の話

公開日: ペット | 悲しい話 |

可愛い犬(フリー写真)

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。

黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。

でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。

そんな風貌を見て、親父はその犬を『ボロ』と名付けた。

一人っ子の俺は、良い弟分が出来たのが嬉しくて、毎日公園へ散歩に行っては一緒に遊んだ。

うちは両親共働きで殆ど家には居らず、いつも独りぼっちだったけど、ボロが現われてからは毎日楽しかった。

ちょうど1年が経った頃、うちは親父の仕事の都合で遠くに引っ越さなくてはならなくなった。

当然ボロも一緒に行けるものと思っていたが、引っ越し先には連れて行けない事を母親から告げられた。

両親はどこかに引き取ってもらおうと、貰い手を探していたようだが、結局どこにも引き取ってもらえなかった。

それで仕方なく車で遠くへ連れて行き、捨てるという事になった。

俺は当然、泣き喚いて断固反対した。

ボロと別れるなんて考えられない。

ましてどこか遠くに捨てるなんて絶対に嫌だ。

しかし当時小学生だった俺はあまりに無力で、結局事態を好転させる事など出来るはずもなく、捨てる事に決まってしまった。

母と俺、そしてボロで車に同乗し、隣街まで出掛けた。

車中でも悲しくて悲しくて涙が止まらず、俺はずっとボロを抱き締めていた。

母がちょうど良さげな場所を見つけたらしく、車を停めた。

とうとうその時が来たのだ。

車から降ろそうと母がボロを抱きかかえると、何かに勘付いたのか、ボロはグッと足を踏ん張って車から降りまいと抵抗した。

それを見た俺はますます悲しくなり、声を上げて泣いた。

ボロを降ろしてドアを閉め、急いで車を走らせるも、ボロは思い切り走って追い掛けて来る。

その姿があまりに悲しく、母は車を停めた。

肩を震わせて、母も泣いていた。

俺は車から飛び出し、ボロに抱きついた。

ボロの匂い、ボロの声、ボロとの思い出が走馬灯のように蘇る。

お手もお座りも何も覚えない、本当にバカ犬だったけど、独りぼっちの俺の傍にいつも一緒に居てくれた、大切な友達。

「何だって言う事を聞くから、ボロも一緒に連れてって!」

泣きながら母に嘆願したが、やはり駄目だった。

「やっぱり連れて行けない」

母はそう一言呟いて、もう一度車を走らせる事になった。

今度はボロも察したらしく、追い掛けても来ず、座ったまま走り出す車を眺めているだけ。

「ボロさよなら!ボロ元気でね!」

車の中から手を振った。

止まらない涙。

「ごめんね…」

謝る母。

ボロの姿がどんどん小さくなって行く。

あの時の光景を思い出すと、今でも辛くて悲しくて泣けてくる。

そして人間の身勝手で、動物を飼ったり捨てたりした事を、心から反省している。

雪(フリー写真)

プライド

私には自分で決めたルールがある。 自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。 私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。 …

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

アイスクリーム(フリー写真)

アイスクリーム

中学3年生の頃、母が死んだ。 俺が殺したも同然だった…。 ※ あの日、俺が楽しみに取ってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。 学校から帰り冷凍…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

マグカップ(フリー写真)

友人の棺

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…