飼い猫の最後の別れ

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

寝ている猫(フリー写真)

10年以上前、ひょんな切っ掛けで、捨てられたらしいスコティッシュの白猫を飼う事になった。

でもその猫の首には大きな癌があり、猫エイズも発症していて、

「もうあと一ヶ月ぐらいしか生きられないと思うので、最後の思い出に可愛がってあげて」

と獣医さんに言われてしまう状態だった。

病気のせいか元々の性格なのか、殆ど鳴きもせず、気が付くと隣にひっそり座っている。

じーっとこちらを見つめてくるので、撫でてやると静かにゴロゴロ言う。

捨てられてからの生活を思うと不憫で、夫と二人でできるだけ可愛がってあげた。

飼い始めて5週間目に入ったある日の早朝、5時過ぎ。

その猫が私たちのベッドにやって来て、何かに取りつかれたようにいきなり、寝ている夫と私に激しくスリスリし始めた。

そんなこと一度も無かったのに。

寝ぼけていたし、時間も時間なので、

「ちょっとー、やめてよー、どうしたのー?」

と、ベッドから降ろしても降ろしても、いつまで経っても止めようとしない。

「急にどうしちゃったんだろうね」

と二人で話していた。

その日から猫はご飯を食べなくなった。

そして夜に首の癌が破裂して大量の膿が流れ出し、意識が失くなって、3日後に死んでしまった。獣医さんの診断は正しかった。

偶然と言ってしまえばそれまでだけど、今でもあの時のスリスリは、

「もう逝くからね、世話になったね、ありがとう」

という彼の挨拶だったと勝手に思っている。

もっともっと、気が済むまでスリスリさせてあげれば良かった。今でも後悔している。

彼のまん丸でちょっと悲しそうな、あの目が忘れられない。

猫は恩を忘れるなんて、絶対に嘘だと思った。

ウェットフードを食べる猫(フリー写真)

猫エサ缶とコーヒー

俺はコンビニで一人夜勤をしている。 いつも夜中の3時くらいに、猫エサ缶とコーヒーを買って行くおっちゃんがいる。 おっちゃんが、 「うちの猫はこれしか食べないんだよ」 …

雪(フリー写真)

季節外れの雪

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」 あなたはそう言って、雪をほしがりましたね。 季節外れの雪を。 ※ あれから何年も時が経ちました。 あなたは、ゆっく…

カップル(フリー写真)

二人の幸せ

私は現在20歳です。 今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。 彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。 絶対好きになんてなら…

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんはヒーローだった

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。 電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。 寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

犬(フリー写真)

良い犬の話

良い人じゃなくて、良い犬の話。 知り合いのお爺さんが愛犬と山道を散歩していて、途中のベンチで座って一休みしていたら…。 蛇(名前は忘れたが毒を持っている)がお爺さんに齧り付…