飼い猫の最後の別れ

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

寝ている猫(フリー写真)

10年以上前、ひょんな切っ掛けで、捨てられたらしいスコティッシュの白猫を飼う事になった。

でもその猫の首には大きな癌があり、猫エイズも発症していて、

「もうあと一ヶ月ぐらいしか生きられないと思うので、最後の思い出に可愛がってあげて」

と獣医さんに言われてしまう状態だった。

病気のせいか元々の性格なのか、殆ど鳴きもせず、気が付くと隣にひっそり座っている。

じーっとこちらを見つめてくるので、撫でてやると静かにゴロゴロ言う。

捨てられてからの生活を思うと不憫で、夫と二人でできるだけ可愛がってあげた。

飼い始めて5週間目に入ったある日の早朝、5時過ぎ。

その猫が私たちのベッドにやって来て、何かに取りつかれたようにいきなり、寝ている夫と私に激しくスリスリし始めた。

そんなこと一度も無かったのに。

寝ぼけていたし、時間も時間なので、

「ちょっとー、やめてよー、どうしたのー?」

と、ベッドから降ろしても降ろしても、いつまで経っても止めようとしない。

「急にどうしちゃったんだろうね」

と二人で話していた。

その日から猫はご飯を食べなくなった。

そして夜に首の癌が破裂して大量の膿が流れ出し、意識が失くなって、3日後に死んでしまった。獣医さんの診断は正しかった。

偶然と言ってしまえばそれまでだけど、今でもあの時のスリスリは、

「もう逝くからね、世話になったね、ありがとう」

という彼の挨拶だったと勝手に思っている。

もっともっと、気が済むまでスリスリさせてあげれば良かった。今でも後悔している。

彼のまん丸でちょっと悲しそうな、あの目が忘れられない。

猫は恩を忘れるなんて、絶対に嘘だと思った。

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

野良猫(フリー写真)

猫の痰助

11年前の2月、何も無い湖の駐車場に彼女と居ると、ガリガリの猫が寄って来た。 よろよろと俺たちの前に来ると、ペタンと地面に腹をつけて座った。 動物に無関心だった俺は『キタね…

教室(フリー写真)

先生がくれた宝物

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。 先生は塾の英語の担当教師でした。 とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。 そんな先生の事が私はとても大好き…

三毛猫(フリー写真)

幸せな猫の一生

僕はご主人様に拾われました。 毎日、おいしいご飯をくれました。 外で汚れたら、お風呂で洗ってくれました。 いつもいっぱい遊んでくれました。 たまにイタズラして怒…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

会いたい気持ち

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は父方の祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家に連れて行った。 家具や荷物がいっぱい置いてあ…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

空(フリー写真)

4歳の約束

7ヶ月前、妻が他界して初めての娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って、朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後はあんなに、 「ママにあいたい」 「…