初恋の人

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手を繋ぐ(フリー写真)

初恋の人が亡くなりました。

初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。

ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って「いいよ」と言い返してしまって。

半年後に突然電話があった時も、強がって「彼氏ができて幸せ」だと伝えた。

嘘。大嘘。彼氏なんかできていなかった。

それから約一年後、彼の友人から連絡が来た。

彼が肝臓癌で亡くなったそうだ。一年前に。

一周忌になったら私に連絡して欲しいと遺言を残していたらしい。

私に遺書を残していて、そこには、

『こんな別れ方しかできなくてごめん。幸せになって欲しい。愛してる』

と書いてあった。

どうして一人で全てを抱え込んで死んでいったのか。

どうして一緒に病気と闘わせてくれなかったのか。

どうして私に本当のことを言ってくれなかったのか。

色々なことを聞きたくて仕方がなかった。彼を責め立てたかった。

あれから二年経ち、ようやく心の整理が付いた。

彼が病気を知らせなかった優しさも理解できるようになった。

でも頭では解っていても、まだ感情がついて行けない。

一生私は彼を忘れないだろうし、彼に色々問いかけてしまうと思う。

もう一度だけで良いから会って優しくしたい。愛してるって言いたい。

関連記事

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

カップル(フリー写真)

彼女に振られた理由

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。 …

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

雪(フリー写真)

プライド

私には自分で決めたルールがある。 自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。 私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。 …

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

ウィスキー(フリー写真)

悲しい時は泣くんだよ

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。 警察から連絡が来た時は、酷い冗談だと思い…