初恋の人

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手を繋ぐ(フリー写真)

初恋の人が亡くなりました。

初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。

ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って「いいよ」と言い返してしまって。

半年後に突然電話があった時も、強がって「彼氏ができて幸せ」だと伝えた。

嘘。大嘘。彼氏なんかできていなかった。

それから約一年後、彼の友人から連絡が来た。

彼が肝臓癌で亡くなったそうだ。一年前に。

一周忌になったら私に連絡して欲しいと遺言を残していたらしい。

私に遺書を残していて、そこには、

『こんな別れ方しかできなくてごめん。幸せになって欲しい。愛してる』

と書いてあった。

どうして一人で全てを抱え込んで死んでいったのか。

どうして一緒に病気と闘わせてくれなかったのか。

どうして私に本当のことを言ってくれなかったのか。

色々なことを聞きたくて仕方がなかった。彼を責め立てたかった。

あれから二年経ち、ようやく心の整理が付いた。

彼が病気を知らせなかった優しさも理解できるようになった。

でも頭では解っていても、まだ感情がついて行けない。

一生私は彼を忘れないだろうし、彼に色々問いかけてしまうと思う。

もう一度だけで良いから会って優しくしたい。愛してるって言いたい。

病室(フリー写真)

妹からの最後のメール

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。 白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦し…

ドクター(フリー写真)

思いやりのある若者

本当は書くべきじゃないのかも知れないが、久々に堪らない思いになった。 一応、医者の端くれとして働いている。 こういう生業だから、人の死に接する機会は少なくない。 少し…

震災(フリー写真)

救助活動

東日本大震災。 辺りは酷い有り様だった。 鳥居の様に積み重なった車、田んぼに浮く漁船。 一階部分は瓦礫で隙間無く埋め尽くされ、道路さえまともに走れない。 明るく…

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

もう戻って来ない彼女

大好きだった彼女と別れた。 理由はシンプル。 俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。 「二人とも大学卒業したら結婚しようね」 こう言ってくれた彼女。 でも…

お弁当グッズ(フリー写真)

海老の入ったお弁当

私の母は昔から体が弱かった。 それが理由かは分からないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない、質素で見映えの悪いものばかりだった。 友達に見られるのが恥ずかしくて、…

新郎新婦(フリー写真)

結婚式場の小さな奇跡

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。 建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設…

夕焼け(フリー写真)

少年との約束

俺が入院していた時、隣の小児科病棟に5歳くらいの白血病の男の子が入院していた。 生まれてから一度も外に出られていない子だと聞いた。 ※ ある日、大声で泣く声がするので病室を覗…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女に宛てた手紙

ゆいへ なあ、俺もうダメみてぇだ。 何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 何で病気に勝てねえんだろ? …