猫のアン

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

猫(フリー写真)

私が小学生の時、野良猫が家に懐いて子猫を生んだ。メス一匹とオス三匹。

その内、オス二匹は病気や事故で死んだ。

生き残ったメスとオスには、アンとトラという名前を付けた。

私たちはメチャクチャ可愛がった。

アンは女の癖におてんばだった。

いつも一緒の布団で寝ていた。

ある日、親父がアンを勝手に避妊手術に出した。

帰って来たアンは…、手術の失敗で障害猫になっていた。

歩くこともできず、食べることもできずに、それでも一生懸命生きようとしていた。

私はアンに生きていて欲しかったから、一生懸命世話をした。

餌を細かく切って食べさせたり、親にはダメだと言われていたけど、家の中に入れて温めた。

その甲斐あってか、アンは次の春には歩けるようになり、餌も自分で食べられるようになった。

それに安心してしまって、私はアンの世話をあまりしなくなっていた。

月日は流れて、また冬がやって来た。アンは、弱って行った。

そして…アンは死んだ。

最後の日は不思議と元気があり、自分で餌をがつがつ食べたのだそうだ。

死因は、餌が喉に詰まったことによる窒息死。

私がアンの世話をさぼらなかったら…。

ごめん、アン。とても苦しかったでしょ? ごめんね。

あなたが苦しみから解放されたことだけが、私の唯一の救いです。

関連記事

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

昼寝中の猫(フリー写真)

ずうずうしい野良猫

お悩み相談 Q. 通って来る野良猫が大変ずうずうしく、困っています。 始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空の下では辛かろうと一度玄関に泊め…

結婚式(フリー写真)

二人目の子供

俺が結婚したのは20歳の頃だった。当時、妻は21歳。学生結婚だった。 二年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたのだが、ある時、妊娠が発覚。 俺は飛び上がるくらい嬉しく、一人で…

指切り(フリー写真)

指切り

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言う…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

母猫(フリー写真)

母猫の選択

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに、家中猫だらけになってしまったそうだ。 住み着いた猫が仔を作り、その仔もまた仔を作る。 一時は家庭崩壊しかけたほど猫が…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…