小さな隊長たち

公開日: ちょっと切ない話 | ペット | 子供 | 家族 |

猫

子供が外に遊びに行こうと玄関を開けたとたん、突如、猫が外に飛び出して行ってしまった。

探してやっと見つけたとき、愛する猫はもうかわり果てた姿になっていた。

私はバスタオルにその小さな体をくるみ、泣き崩れた。

通りすぎる人々、車が止まり、心配そうに声をかけてきた。

でも、私は声もなく、ただあの子を抱きしめて泣いた。

まだ体が暖かかったのが、どれほど悔しいことか。

毎朝、猫はきっちりとパパを起こし、ごはんをねだるのが日課だった。

パパはいつも通り起きたが、ソファに座りタバコを吸う彼の足元には、もうあの子の姿がない。

パパの背中は寂しそうで、私の涙は止まらなかった。

猫はいつも長男と一緒に眠りについた。

あの子が亡くなった夜、長男はベッドで泣いていた。

私は慰める言葉も見つけられず、ただうずくまって涙を流した。

日常の中で、涙は突然こみ上げてきた。

息子は私に優しく声をかけ、「次はどこ掃除する?手伝うよ」と言った。

「ママが隊長で、僕は副隊長になって掃除しようっ!」と息子は提案した。

はじめての笑顔が、涙の中で咲いた。

息子は私に大切なことを教えてくれた。

もう泣くのは終わりにしよう。

猫とのたくさんの思い出を胸にしまって、私はいつものママに戻る。

これからは、小さな隊長たちと一緒に、新しい日々を歩んでいこう。

あの子との思い出を胸に、今日からまた笑顔で。

関連記事

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

花束

深く、不器用な愛情

私は先天性の障害を持つ足で生まれました。 幼い私が、治療で下半身がギプスに覆われた時のことです。 痛みで泣き叫んだ夜、疲れ果てて眠った私を見て、強がりの父が涙を流していま…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

スマートフォン

父の遺した言葉

私は今、高等学校3年生です。父がこの世を去ったのは10月26日のことでした。 父は、私が心から尊敬し、誇りに思える素晴らしい人でした。彼の死に際して、母と妹は慟哭しました。 …

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

父と子(フリー写真)

父が遺したもの

三年前に親父が亡くなったんだけど、殆ど遺産を整理し終えた後に、親父が大事にしていた金庫が出てきたんだよ。 うちは三人兄弟なんだけど、お袋も亡くなっていて、誰もその金庫の中身を知ら…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…