小さな隊長たち

公開日: ちょっと切ない話 | ペット | 子供 | 家族 |

猫

子供が外に遊びに行こうと玄関を開けたとたん、突如、猫が外に飛び出して行ってしまった。

探してやっと見つけたとき、愛する猫はもうかわり果てた姿になっていた。

私はバスタオルにその小さな体をくるみ、泣き崩れた。

通りすぎる人々、車が止まり、心配そうに声をかけてきた。

でも、私は声もなく、ただあの子を抱きしめて泣いた。

まだ体が暖かかったのが、どれほど悔しいことか。

毎朝、猫はきっちりとパパを起こし、ごはんをねだるのが日課だった。

パパはいつも通り起きたが、ソファに座りタバコを吸う彼の足元には、もうあの子の姿がない。

パパの背中は寂しそうで、私の涙は止まらなかった。

猫はいつも長男と一緒に眠りについた。

あの子が亡くなった夜、長男はベッドで泣いていた。

私は慰める言葉も見つけられず、ただうずくまって涙を流した。

日常の中で、涙は突然こみ上げてきた。

息子は私に優しく声をかけ、「次はどこ掃除する?手伝うよ」と言った。

「ママが隊長で、僕は副隊長になって掃除しようっ!」と息子は提案した。

はじめての笑顔が、涙の中で咲いた。

息子は私に大切なことを教えてくれた。

もう泣くのは終わりにしよう。

猫とのたくさんの思い出を胸にしまって、私はいつものママに戻る。

これからは、小さな隊長たちと一緒に、新しい日々を歩んでいこう。

あの子との思い出を胸に、今日からまた笑顔で。

関連記事

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

カップル

余命と永遠の誓い

彼は肺がんで入院し、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定を立て、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態で、彼はバツイチで大分年上だっ…

コザクラインコ(フリー写真)

ぴーちゃんとの思い出

10年前に飼い始めた、コザクラインコのぴーちゃん。 ぴーちゃんという名前は、子供の頃からぴーぴー鳴いていたから。 ぴーちゃんは、飛行機に乗って遠く九州から東京にやって来ま…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

花束

深く、不器用な愛情

私は先天性の障害を持つ足で生まれました。 幼い私が、治療で下半身がギプスに覆われた時のことです。 痛みで泣き叫んだ夜、疲れ果てて眠った私を見て、強がりの父が涙を流していま…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…