愛猫との別れ

公開日: ちょっと切ない話 | ペット | | 長編

猫(フリー写真)

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。

五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。

その猫には『ゆめ』と名付け、家で飼うことにしました。

ゆめとは毎日一緒で、私が怖がりなのを知ってか知らずか、お風呂に入ればマットの上で私がお風呂を上がるのをじーっと待っていてくれる子でした。

そして私が帰ると、玄関でちょこんと座って待っていてくれるんです。

悲しいことがあると慰めてくれるかのように、ずっと隣に居てくれました。

ゆめは私の宝物なんです。

私が二十歳を過ぎた頃、初めて彼氏が出来ました。彼氏もゆめを可愛がってくれて、凄く嬉しかったのを覚えています。

付き合って二年経ち、実家を離れ同棲するようになりました。

ゆめの事が心配で、妹や母に様子を聞いていたのですが、

「毎日夕方になると玄関で待ってるよ。帰って来ないよって教えても、ずーっと待ってるよ」

次の日、家に帰るとゆめは待っていてくれました。

玄関でちょこんとお座りして。

同棲から一年経った頃に結婚し、子供が出来ました。11月31日が予定日でした。

出産予定日の一ヶ月前、実家に帰りました。

子供を産んだらゆめと一緒に遊びたいなあ…なんて考えては一人でにやけていました。

ところが予定日の十日前から、ゆめの元気が無くなりました。

いつも行っている病院へ連れて行ったら、

「この薬を飲んでいれば大丈夫です」

と言われたので飲ませていましたが、二日経っても三日経っても、元気になるどころか段々衰弱するのが解りました。

別の病院へ連れて行き、レントゲンを撮りました。

先生がレントゲンを指差し、

「何故か体の中に膿が大量にあります」

と言われ即入院。

私が帰る時、今まで鳴かなかったゆめが

「何でおいてくの?」「私も行く」

と言うように精一杯鳴くのです。

これが私の聞いた最後の声になるとは思いませんでした。

帰り道も不安で不安で、泣きながら車を運転しました。

その日の夜中、何と陣痛が来てしまいました。

母に病院に連れて行ってもらいましたが、なかなか出て来てくれませんでした。

夕方になってようやく、無事に女の子が産まれました。

入院中もゆめが心配で、母にゆめの具合を聞いていました。

そしたら26日の朝、夢を見たんです。

元気なゆめ。一緒に遊んでいるゆめ。後にも先にもゆめの夢はこれ一度きりでした。

『あ!きっとゆめは大丈夫なんだ!』

と思い、その日お見舞いに来た母に聞いたら、少し返事を濁しました。

「まだまだどうなるか分からないけど、ゆめも頑張ってるよ!」

そして退院しました。

何日か過ぎたある日、母が

「言わなきゃいけないことがあるんだよ」

と言いました。

実家に帰ると、ゆめが冷たくなっていました。

本当は寝てるんじゃないのって思うほど、寝ているようにしか見えません。

でも抱っこしても、固くて冷たいのです。

母に聞くと、26日の朝に病院から電話が来たそうです。

最後の最後、私はゆめを知らない場所で、一人ぼっちで逝かせてしまった。

後悔しか残りませんでした。

母にも辛い嘘を吐かせ続けてしまいました。

これを書いている今でも涙が止まりません。

あの時、どうすればゆめは今でも生きていてくれたのか。

そのことが頭から離れません。

あれから二年。娘は二歳になりました。

私に似て猫が大好きです。

ゆめへ

私はゆめに会えてすごくすごく幸せだったよ。ゆめは幸せだったかな?

最近娘が、

「ねこいる!」

って言うんだよ。

偶然かもしれないけど、私はゆめだったらいいなって思うんだよ。

もし会えるなら、夢でもおばけでもいいから会いたいよ。

最後一人ぼっちにしてごめんね。

いつも待たせてごめんね。

向こうでも待たせちゃうね。ごめん。

私のところに来てくれて、本当にありがとう。

大好きだよ。

関連記事

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…

宮古島

沖縄の約束

母から突然の電話。「沖縄に行かない?」と彼女は言った。 当時の私は大学三年生で、忙しく疲れる就職活動の真っ只中だった。 「今は忙しい」と断る私に、母は困ったように反論して…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

浜辺で子供を抱き上げる父親(フリー写真)

不器用な親父

俺の親父は仕事一筋で、俺が小さな頃に一緒にどこかへ行ったなんて思い出は全く無い。 何て言うのかな…俺にあまり関わりたがらないような人って感じ。 俺は次男だったんだけど、兄貴…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

親子(フリー写真)

生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年が経つ。 高齢出産だったこともあり、俺の同年代の友達の親と比べると明らかに歳を取っていた。 「何でもっと若い頃に生んでくれなかったの!?」 と責め…

父と子(フリー写真)

身体を大事にしろ

今日は父親の13回忌だ。 うちの父は僕が高校生の時に他界している。 死因は末期の膵臓癌だった。 最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた…

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんはヒーローだった

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。 電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。 寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…