海中の恋

公開日: 心温まる話 | 恋愛

ダイビング(フリー写真)

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。

本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。

だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。

講習を受けて実際に海に潜ると、感動に近い気持ちを覚えた。

ずっと憧れていた海中の静かな世界がそこにあった。

写真やテレビの映像で見たことはあっても、実際に自分の目や体で感じる世界は違っていた。

興奮して海の中を見渡す俺の視界の中に、突然その子は入って来た。

まるで人魚のように、きれいに泳ぐ姿に一瞬で見惚れてしまった。

その子は初心者ではなく上級者ではないかと思える程だった。

一人で潜っていて、たまたま俺達のグループの近くまで泳いで来たらしい。

海から上がってゆっくりしていると、彼女も上がって来た。

海の中ではあまり分からなかった彼女の顔は俺のタイプだった。

つい彼女を目で追ってしまった俺は、友達にからかわれた。

彼女と目が合っても目が逸らせずにいると、彼女は少し困ったような顔で苦笑いをした。

翌日のダイビングの時にも彼女は現れた。

偶然に違いないと思っても、海の中を自由に泳ぐ彼女から目が離せなくなっていた。

きっと最初に見た時に恋に落ちていたのだろう。

でも俺は彼女のことを何も知らない。

名前さえ知らなかった。

それなのに自分でも不思議なくらい惹かれていた。

結局、俺は彼女と何も話せないまま、旅行を終えた。

現実に戻った俺は、彼女と出会ったことは幻だったのかもしれないと思うようになって行った。

忙しい日々の中で、彼女のことも忘れて行った。

その日、俺は友達に呼び出されて水族館の入り口に居た。

俺を呼び出したのは、一緒にダイビングに行った友達だった。

友達には彼女が居るはずなのに、何で男二人で…と疑問に思いつつ、半ば強引に約束させられたのだ。

約束の時間になっても友達は来なかった。

俺は連絡しようとスマホを取り出した。

人影に気付いて顔を上げると、そこには彼女が居た。

何故か彼女も俺を見て驚いていた。

その後、二人で話して、友達に仕組まれたと解った。

俺と彼女は一緒に水族館を見て回ることになった。

折角だから、と言ったら彼女もOKしてくれたのだ。

一緒に魚を眺めながら、彼女と色々話すことが出来た。

彼女はこの水族館で働いていて偶然、友達に会ったらしい。

友達のおかげで再び出会えた俺と彼女は、友達を経て付き合うようになった。

海の好きな彼女とのデートは海や水族館になることが多い。

彼女と一緒に海に行く度、最初に出会った日のことを思い出す。

彼女と手を繋いで潜る海の中は、あの日よりも更にキラキラと輝いている。

関連記事

野球(フリー写真)

甲子園の約束

十年前、彼女が死んだ。 当時、俺達は高校3年生。同じ高校に通い、同じ部活だった。 野球部だった。 俺と彼女は近所に住む幼馴染で、俺は小さな頃から、野球が好きな両親に野…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

桜吹雪(フリー写真)

母さんのふり

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。 『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』 と思いながらも、電話に出てみた。 そしたら、 「もしもし? 俺だけど母さん…

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…

3508 かしま(出典: 海上自衛隊ギャラリー)

かしま艦長の見事な対応

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。 翌日の5日に英国の豪華客船…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

花(フリー写真)

母の匂いと記憶

先日、母の日に実家へ帰った時、ジョイントを持って行った。 兄に子供が生まれた関係で家は禁煙になっていて、俺の部屋も物置き状態。 母親の隣で寝る事になったんだけど、何か気恥ず…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…