海中の恋

公開日: 心温まる話 | 恋愛

ダイビング(フリー写真)

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。

本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。

だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。

講習を受けて実際に海に潜ると、感動に近い気持ちを覚えた。

ずっと憧れていた海中の静かな世界がそこにあった。

写真やテレビの映像で見たことはあっても、実際に自分の目や体で感じる世界は違っていた。

興奮して海の中を見渡す俺の視界の中に、突然その子は入って来た。

まるで人魚のように、きれいに泳ぐ姿に一瞬で見惚れてしまった。

その子は初心者ではなく上級者ではないかと思える程だった。

一人で潜っていて、たまたま俺達のグループの近くまで泳いで来たらしい。

海から上がってゆっくりしていると、彼女も上がって来た。

海の中ではあまり分からなかった彼女の顔は俺のタイプだった。

つい彼女を目で追ってしまった俺は、友達にからかわれた。

彼女と目が合っても目が逸らせずにいると、彼女は少し困ったような顔で苦笑いをした。

翌日のダイビングの時にも彼女は現れた。

偶然に違いないと思っても、海の中を自由に泳ぐ彼女から目が離せなくなっていた。

きっと最初に見た時に恋に落ちていたのだろう。

でも俺は彼女のことを何も知らない。

名前さえ知らなかった。

それなのに自分でも不思議なくらい惹かれていた。

結局、俺は彼女と何も話せないまま、旅行を終えた。

現実に戻った俺は、彼女と出会ったことは幻だったのかもしれないと思うようになって行った。

忙しい日々の中で、彼女のことも忘れて行った。

その日、俺は友達に呼び出されて水族館の入り口に居た。

俺を呼び出したのは、一緒にダイビングに行った友達だった。

友達には彼女が居るはずなのに、何で男二人で…と疑問に思いつつ、半ば強引に約束させられたのだ。

約束の時間になっても友達は来なかった。

俺は連絡しようとスマホを取り出した。

人影に気付いて顔を上げると、そこには彼女が居た。

何故か彼女も俺を見て驚いていた。

その後、二人で話して、友達に仕組まれたと解った。

俺と彼女は一緒に水族館を見て回ることになった。

折角だから、と言ったら彼女もOKしてくれたのだ。

一緒に魚を眺めながら、彼女と色々話すことが出来た。

彼女はこの水族館で働いていて偶然、友達に会ったらしい。

友達のおかげで再び出会えた俺と彼女は、友達を経て付き合うようになった。

海の好きな彼女とのデートは海や水族館になることが多い。

彼女と一緒に海に行く度、最初に出会った日のことを思い出す。

彼女と手を繋いで潜る海の中は、あの日よりも更にキラキラと輝いている。

電車の車内(フリー写真)

みんな同じ

俺の娘は今年、4歳になる。 嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶は無い。 今まで母親のことはあまり話題にせず避けて来たのだが、この間ちょっと考えさせら…

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

カーネーション(フリー写真)

本当のお母さん

俺が6歳の頃、親父が再婚して義母がやって来た。 ある日、親父が 「今日からこの人がお前のお母さんだ」 と言って連れて来たのだ。 新しい母親は、俺を本当の子供のよ…

手話(フリーイラスト素材)

手話の先生

小学生の頃、難聴の子がクラスに居た。 補聴器を付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子だった。 彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしていなかったけど、友達は居なかっ…

駅のホーム(フリー写真)

花束を持ったおじいちゃん

7時16分。 私は毎日、その電車に乗って通学する。 今から話すのは、私が高校生の時に出会った、あるおじいちゃんとのお話です。 ※ その日は7時16分の電車に乗るまでまだ…

病院(フリー素材)

みほちゃんという子

看護学生の頃、友達と遊びに行った先で交通事故を目撃しました。 勉強中の身ではあったのですが、救急隊員が駆け付けるまでの間、友人の手も借りながら車に撥ねられた女の子の応急処置をしま…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…