抱き締められなかった背中

公開日: 恋愛 | 悲しい話

恋人同士(フリー写真)

私が中学生の時の話です。

当時、私には恋人のような人が居た。

『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。

子供ながらに色々と身の回りに問題を抱えてた私たちは、全て落ち着いたら付き合おうねと言っていた。

毎日メールの遣り取りをして、偶にお互いの家を親にバレないように行き来し、子供の癖に背伸びした行為をして、一緒のベッドで笑い合っていた。

その日もいつものように彼が私の家に来て、親がそろそろ帰って来るからということで、夕方には彼を帰した。

その時、部屋で身支度を整える彼を見守っていたのだけど、何か無性に帰らせたくないと言うか、離れたくないな…と思った。

駄々をこねていた訳ではない。

今までこんな感覚は無かった。

そして無性に抱き着きたいと思った。

でも、彼が

「んじゃー俺行くね。また来週な!」

と言うので『ああ、何だ。いつも通りじゃん』と思った。

外まで見送り、彼が自転車に跨って、くしゃっと笑い頭を撫でてくれた。

「そんな寂しい顔すんなって、また会えるだろ!」

最後にキスしてくれた。

「じゃあな!」

と手を振り、私は彼が見えなくなるまで見送った。

それから一週間くらい経った頃かな。

塾で夜に授業を受けていたら、ふと彼の香水の匂いがした。

妙な胸騒ぎがした。

帰宅後、当時は塾で5時間以上勉強をしていたから、疲れてすぐに寝た。

翌朝、お母さんとご飯を食べながらニュースを見ていたら、突然彼の名前が読み上げられた。

画面に目をやると、ぐしゃぐしゃに変形した彼の自転車と、彼の携帯電話。そして割れたガラスと、血だらけの車が映っていた。

飲酒運転の車に撥ねられたとのことだった。

訳が解らなくて、失神した。

葬式の時も、心ここに在らずという感じで、ずっと泣いていた。

遺影を見ても実感なんて湧かなかった。

後に警察関係の知り合いから聞いたのだけど、赤信号の手前にはブレーキ痕も無く、横断歩道を青で渡っていた彼は猛スピードで突っ込んで来た車に30メートル近く撥ね飛ばされ、上半身と下半身が腰から離れていたらしい。

それでも即死ではなく、2時間近く頑張ったらしい。

私が彼の匂いを感じたのは、ちょうどその事故が起きた時間だった。

きっと、最期に会いに来てくれたのだろうと思う。

時間が経ち、心が少し落ち着いて来てからそう考えると、また涙が止まらなくなった。

戻って来てくれる気がして、彼の携帯にメールをしたりした。

返事なんて来る訳が無かった。

しかしある日、彼のお母さんが返事をくれた。

私のことを心配してくれて、会って話を聞いてくれた。

その時に、彼のお母さんの口から詳しく事故のことを聞き、もう何も言えなかった。

二人で泣きながら、

「彼の分まで生きます」

と約束した。

飲酒運転の無責任な運転手のせいで、15歳の命が奪われたと考えると、数年経った今でも怒りが湧いて止まりません。

彼のことは忘れられないし、今でも愛してる。

何であの時、抱き締めなかったのかな…とか、もっと電話で好きって言えば良かったとか、今でも色々考えてしまう。

しかし彼に自慢出来るように、いつかはちゃんと幸せになりたいな。

この事故を受けて、バカな周りの奴から

「お前が連絡したから、それを見ていて撥ねられたんだ」「お前と出会わなきゃ、あいつは死ななかった」

などと下らないこと言われたり、虐められたりもした。

でも彼のお母さんや、他校の彼の仲間たちの手助けもあり、どうにか乗り越えてちゃんと社会に出ています。

何を言われても、彼は私の大切な人です。

彼と出会えたことは、私の人生の宝物です。

出会ってくれて、見つけてくれて、ありがとう。

どうか、安らかに眠って下さい。

いつか私がそっちに行った時は。

貴方は中学生の見た目のままかもしれないけど、老けた私をどうかもう一度、あの頃みたいに抱き締めてね。

私、貴方のためにもう少し頑張って生きてみるから。

あの日、抱き締められなかった背中に、もう一度触れさせてください。

関連記事

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…

山(フリー写真)

姥捨て山

『姥捨て山』の話を聞いた事はありますか? 年老いた親を、子供が背負って山に捨てるという話です。 大昔、貧しさから本当にそのような風習があったそうです。 そしてこんな事…

雪(フリー写真)

プライド

私には自分で決めたルールがある。 自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。 私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。 …

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…