同級生との再会

公開日: 心温まる話 | 恋愛

赤い糸(フリー写真)

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。

家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。

私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこの日が初めてでした。

家が新しくなることに、家族全員がわくわくしていました。

住宅展示場の家は、どれも平均より高級で夢のような気分でした。

両親もあくまでも参考にする程度で、知識として色々と見ていたのだと思います。

そんな時に突然、背後から名前を呼ばれました。

私が振り向くと、そこには私と同じ年齢くらいの男性が立っていました。

「久しぶりだな~!元気だった?」

私は男性の顔を見ても、すぐには誰なのか分かりませんでした。

男性のスーツの胸元の名札を見てはっとしました。

彼は小学校時代の同級生でした。

私は展示場内を案内してくれる彼の横顔を見ながら、小学校の頃を思い出していました。

小学生の私は、彼に淡い恋に近いような好意を持っていたのです。

展示場で再会した彼は背が高く、とても感じが良く思えました。

すっかり格好良くなっていた彼の笑顔だけは、あの頃のままでした。

その日、私は久しぶりに小学校の卒業アルバムを開いてみました。

昔の彼の写真を見て、展示場での彼を思い出していました。

あの頃と同じ笑顔の彼に再会して、一瞬で好きになっていたのだと思います。

きっとあの展示場に行けば彼にまた会えるだろう。

でも自分から会いに行くことも出来ずに数ヶ月が経ちました。

ある日、一人で街中を歩いていると、向こうから彼に似た人が歩いて来ました。

距離が近付くにつれて、お互いに気付きました。

彼も一人でした。

二人でカフェに入り、連絡先を交換しました。

それからメールでお互いに他愛も無い話をするようになりました。

展示場で再会してから約半年経った頃、初めて食事に行きました。

その帰り道の彼の言葉に、私は泣いてしまいました。

「初恋の相手だったんだ。良かったら付き合ってください」

こんな再会があるなんて思いもしませんでした。

私は彼に再会出来て本当に幸せです。

関連記事

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

カップル(フリー写真)

彼女に振られた理由

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。 …

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

プリン・ア・ラ・モード(フリー写真)

誕生日会と親友

僕が小学4年生の時、10歳の誕生日会を開くことになった。 土曜日に仲の良い友達みんなに声を掛けた。 「明日来てくれる?」 みんなは、 「うん!絶対行くよ!」 …

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

父と娘(フリー写真)

娘の望み

彼は今日も仕事で疲れ切って、夜遅くに帰宅した。 すると、彼の5歳になる娘がドアの所で待っていたのである。 彼は驚いて言った。 父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く…

卒業証書(フリー写真)

忘れられない生徒

高校教師です。 私が教えていた生徒に問題児の女の子が居ました。 彼女は成績も悪くなく、資格取得にも一生懸命なのですが、その原動力は強過ぎる学歴コンプレックスらしく精神も病ん…