同級生との再会

公開日: 心温まる話 | 恋愛

赤い糸(フリー写真)

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。

家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。

私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこの日が初めてでした。

家が新しくなることに、家族全員がわくわくしていました。

住宅展示場の家は、どれも平均より高級で夢のような気分でした。

両親もあくまでも参考にする程度で、知識として色々と見ていたのだと思います。

そんな時に突然、背後から名前を呼ばれました。

私が振り向くと、そこには私と同じ年齢くらいの男性が立っていました。

「久しぶりだな~!元気だった?」

私は男性の顔を見ても、すぐには誰なのか分かりませんでした。

男性のスーツの胸元の名札を見てはっとしました。

彼は小学校時代の同級生でした。

私は展示場内を案内してくれる彼の横顔を見ながら、小学校の頃を思い出していました。

小学生の私は、彼に淡い恋に近いような好意を持っていたのです。

展示場で再会した彼は背が高く、とても感じが良く思えました。

すっかり格好良くなっていた彼の笑顔だけは、あの頃のままでした。

その日、私は久しぶりに小学校の卒業アルバムを開いてみました。

昔の彼の写真を見て、展示場での彼を思い出していました。

あの頃と同じ笑顔の彼に再会して、一瞬で好きになっていたのだと思います。

きっとあの展示場に行けば彼にまた会えるだろう。

でも自分から会いに行くことも出来ずに数ヶ月が経ちました。

ある日、一人で街中を歩いていると、向こうから彼に似た人が歩いて来ました。

距離が近付くにつれて、お互いに気付きました。

彼も一人でした。

二人でカフェに入り、連絡先を交換しました。

それからメールでお互いに他愛も無い話をするようになりました。

展示場で再会してから約半年経った頃、初めて食事に行きました。

その帰り道の彼の言葉に、私は泣いてしまいました。

「初恋の相手だったんだ。良かったら付き合ってください」

こんな再会があるなんて思いもしませんでした。

私は彼に再会出来て本当に幸せです。

関連記事

昼寝中の猫(フリー写真)

ずうずうしい野良猫

お悩み相談 Q. 通って来る野良猫が大変ずうずうしく、困っています。 始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空の下では辛かろうと一度玄関に泊め…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

ご縁の糸(フリー写真)

風変わりなアピール

30歳になる少し前に離婚した。 その一年半後に現在の妻を紹介された。 高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。 安い給料なのに真面目に働く良…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

教室の机(フリー写真)

丸坊主だらけの教室

中学生の弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にして来た。 失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と言う。 彼女は今まで病気で入院…

恋人同士(フリー写真)

彼の真意

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトをしていた。 付き合い始めの頃、私が作った味噌汁に、溶け残りの味噌が固まって入っていたことがあった。 …

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…