君が居なかったら

学校の机(フリー写真)

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。

小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。

偶に同級生の子と遊んでいて、

「○○君の家に行こう!」

という流れになっても、僕が遊びに行くとそこの家のお母さんが

「○○君と遊んではいけないって言ったでしょ!」

と、そこの家の子供を叱っている声が聞こえ、僕を汚い物を見るような目で

「○○は今日遊べないの…」

というようなことが日常茶飯時でした。

僕は弱い人間なので、そんな事が重なる内に、独りで居る事が一番傷つかず、一番楽なのだと思いました。

でも、僕にも言いたい事は沢山あった。

汚い服、同じ服を着ていても、僕は、僕は人の物を盗ったり、傷つけたりはしていない。

両親は居ないけど、僕にはどうする事もできないんだよ!

僕だってお父さん、お母さんが欲しいんだよ。

僕はなるべく人と接しないように生きてきた。

自分の精神、心を守る為にそうせざるを得なかった。

独りで生きて行く、誰にも迷惑をかけずに…。

高校に進学した時だった。

朝、学校に着くと僕の机に「死ね」「乞食」「貧乏神」「親無し」など、あらゆる悪口が書かれていた。

僕は、目の前が暗くなった。

僕が何かしたのか?

僕が何か…。

ただ、立ち尽くすのみだった。

その時、僕の目の前から机が無くなった。

クラスでも人気者のYが、僕の机を抱え上げていた。

僕は机で殴られるのかと思い、目を閉じた。

「行くぞ!」

とYがぶっきらぼうに言い、廊下に出て行く。

僕は後に従った。

Yは技術室へ行き、紙やすりで僕の机の落書きを消し始めた…。

Yはただ一言だけ、

「つまんない事に負けんなよ」

と言い、黙々と紙やすりで落書きを消している。

「放課後にもう一回ここでニス塗ろうぜ。そしたら元通りだ」

と言って、にっこり笑ったYを見て僕は泣いた。

Yは照れ笑いをしていた。

Yは6月に結婚する。

おめでとう。

君が居なかったら、今の僕は居ない。

恥ずかしくて面と向かっては言えないけど、幸せになって欲しい。

そしてこれからも親友でいて欲しい。

今まで本当にありがとう。

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

妊婦さん(フリー写真)

普通の一家の物語

その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子が居た。 細身の娘が好みだったので声を掛け、程なく恋仲に。 ある日、 「心臓に大穴が空いていて、苦しい。 子供も…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

絵馬(フリー写真)

絵馬に書かれた願い

この前、近くの神社まで散歩したんだ。 絵馬が沢山あって、 『あまり良い趣味じゃないな』 と思いながらも、他人の色々な願い事を見ていたんだ。 「大学に合格しますよ…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

教室(フリー写真)

お母さんの匂い

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。 先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 …

老人の手を握る(フリー写真)

祖父の気持ち

まだ幼い頃、祖父を慕っていた私はよく一緒に寝ていました。 私は祖父のことをとても慕っていたし、祖父にとっては初孫ということもあって、よく可愛がってくれていました。 小学校…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…