虐めから守ってくれた兄

公開日: 兄弟姉妹 | 心温まる話

教室(フリー写真)

中学生の頃、学校で虐めに遭っていた。

教室に入る勇気が無く、いつも保険室に通っていた。

虐めの事は家族にも言っていない。

ただ私の我儘で保険室に通っているだけ。そんな風に教師や両親は思っていた。

虐めは段々とエスカレートし、また陰湿だった…。

でも周りに心配を掛けたくなくて、いつも無理して笑っていた。

辛くて孤独でどうしようもなくて、死んでしまおうと決心した日の事…。

高校生の兄が修学旅行から帰って来て、私にお土産をくれた。

どこかのドライブインに売っているような、キーホルダーのオルゴール。長崎に行って来たはずなのに…。

幼い頃からいつも兄と一緒に居たが、兄にはいつもイジメられた記憶しかない。

だから長崎のお土産を私にだけくれないのだろう…。

そう思うと何だか学校での虐めと重なり、私はそのお土産を

「こんなのいらない!!」

と投げつけてしまった…。

すると、その衝撃でオルゴールが鳴った。

曲名は知らないけど、

『涙など見せない強気なアナタをこんなに悲しませてるのは誰なの?』

という歌詞の曲が…。

兄は何も言わずにそのお土産を拾おうとしゃがんだ。兄は泣いていた。

初めて兄が泣いているのを見て呆然としていると、兄がポソリと言った。

「お前をイジメて良いのは、兄貴の俺だけだ。

それ以外のヤツがお前を虐めるのは許せない。

俺は知ってるから。お前が家で我慢して笑ってる事。

小さい頃からいつも俺の前で泣いてたんだから、我慢なんかしなくて良いんだぞ。

俺はお前をイジメてばかりの兄貴だけど、他人に妹を虐められて黙っていられる兄貴じゃないからな」

その言葉を聞いて、私は号泣。

学校の虐めの事を全て吐き出しました。

泣き過ぎて喘息で咳き込みながら、全部…。

兄は横に座って聞いてくれていました。

全部話し終わると、

「よく頑張った」

と言って頭をポンポンと撫で、

「今日は寝ろ。明日は学校に行かなくて良い」

と言って部屋から出て行きました。

それから少し経つと、一階で母親と兄が会話している声が聞こえてきました。

翌日から暫く学校を休み、再び登校すると、虐めは無くなっていました。

教師に聞くと、兄が中学校の教員室にブチ切れながら乗り込み、虐めの事を伝えたようでした。

高校の生徒会長が乗り込んで来たため、教師も慌てて虐めに対して動き始めました。

その結果、私を含め多人数が虐めの被害に遭っていた事も判明しました。

その何年か後、私は現在の旦那と知り合いました。

結婚式を挙げた時、兄貴は

「小さい頃から、俺は妹をイジメて泣かして来た。

でも、妹を虐めるヤツは俺は許さない。

どうかこれからは、俺の代わりに守ってやってくれ」

と旦那に告げました…。

兄ちゃん、今日は兄ちゃんの結婚式だよ。

お返しに今日は私が兄ちゃんを泣かすから。

関連記事

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…

浜辺の母娘(フリー写真)

天国へ持って行きたい記憶

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか? 自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。 高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しに…

病室(フリー写真)

妹からの最後のメール

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。 白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦し…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

皆からもらった命

母は元々体が弱く、月に一回定期検診を受けていた。 そこで、私が出来たことも発覚したらしい。 母の体が弱いせいか、私は本来赤ちゃんが居なくてはいけない所に居らず、危ない状態だ…

野球ボール(フリー写真)

少年への優しい嘘

アメリカのとある地方に、野球観戦の大好きな、でも目の見えない少年が居ました。 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。 ※ 少年はその選手へファンレターを綴り…

兄妹(フリー写真)

たくましいお兄ちゃん

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。 兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。 当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。 ※ しかしある年末、…

サイコロ(フリー写真)

あがり

俺は小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。 当初は見知らぬ土地に来てまだ間も無いため、当然友達も居ない。 いつしか俺はノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中…

菜の花畑(フリー写真)

本当の豊かさ

中国のとある大富豪の男性が、自分の息子を田舎の土地に送りました。 裕福な生活を当たり前と思っている息子に、一度『貧しさ』というものを体験してもらい、自分たちの生活がどれだけ幸せな…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

サンタさんから頼まれた

※編注: このお話は、東日本大震災発生から5日後の3月16日に2ちゃんねるに書き込まれました。 ※ 当方、宮城県民。 朝からスーパーに並んでいたのだが、私の前に母親と泣きべそ…