ほら、笑いなよ!

高校生(フリー写真)

高校2年生の夏、僕は恋をした。

好きで好きで堪らなかった。

その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人泣いていたら、彼女がそっと近寄って来て、

「○○に涙なんて似合わないぞ。

ほら、笑いなよ!

私、笑ってるあんたの顔好きだよ」

と言ってくれたのだ。

それからは僕は、虐められてもずっと笑っていた。泣くこともやめた。

そうすると次第に虐めも無くなり、気が付けば友達も沢山出来ていた。

あの時の僕を救ってくれたのは、間違いなく彼女の一言だった。

それ以来ずっと彼女を想い続けて、気が付けば高校の卒業が近付いていた。

その間、何度も何度も告白しようとした。

でも好きだから、好き過ぎたから失うのが恐く、実行は出来なかった。

しかし卒業が間近になり、ようやく覚悟を決めた僕は、卒業式の日に彼女に告白することを決心した。

そんな卒業式の三日前の朝、いつものように彼女におはようを言おうと思って教室を見回したが、彼女の姿は無い。

入試も近いし今日は休みなのか、と気を落としていた。

その時、担任の先生が暗い顔をしながら教室に入って来た。

そして、いきなり僕達にこう告げた。

「△△さん(彼女の名前)が昨日、学校の帰りに車に撥ねられ意識不明になり、今朝病院で亡くなりました…」

何を言ってるのか解らなかった。状況が理解出来ない僕は、みんなが泣いている中、泣くことすら出来なかった。

そしてお通夜の日、棺桶の中に居る清められた彼女の姿を見た時になって、ようやく涙が込み上げて来た。

祭壇に目をやると、彼女の写真が目に映った。

彼女は笑っていた。

その時、ふと彼女が僕に言ってくれたあの言葉を思い出した。

僕は笑った。

他の参列者の目には、人の死を前にして笑顔を浮かべる僕はどう映っただろうか?

それでも僕は彼女の写真を見ながら笑顔を続けた。

彼女の死から2年が過ぎ、クラスで同窓会をした。

その時にクラスの女子から、高校の時、彼女が僕を好きだったという事を教えられた。

僕はその瞬間、初めて泣いた…。声を上げて泣いた…。

それからまた、僕は笑った…。

関連記事

バス停(フリー写真)

親切な彼女

バスで二人座席に座っていた学生風のカップル。 車椅子の人が乗ろうとした途端、彼女の方がすっと立ち上がって、彼氏に荷物を渡し、運転手が車椅子を乗せるお手伝いをしていた。 その…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

ウェットフードを食べる猫(フリー写真)

猫エサ缶とコーヒー

俺はコンビニで一人夜勤をしている。 いつも夜中の3時くらいに、猫エサ缶とコーヒーを買って行くおっちゃんがいる。 おっちゃんが、 「うちの猫はこれしか食べないんだよ」 …

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…