ほら、笑いなよ!

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 悲しい話

高校生(フリー写真)

高校2年生の夏、僕は恋をした。

好きで好きで堪らなかった。

その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人泣いていたら、彼女がそっと近寄って来て、

「○○に涙なんて似合わないぞ。

ほら、笑いなよ!

私、笑ってるあんたの顔好きだよ」

と言ってくれたのだ。

それからは僕は、虐められてもずっと笑っていた。泣くこともやめた。

そうすると次第に虐めも無くなり、気が付けば友達も沢山出来ていた。

あの時の僕を救ってくれたのは、間違いなく彼女の一言だった。

それ以来ずっと彼女を想い続けて、気が付けば高校の卒業が近付いていた。

その間、何度も何度も告白しようとした。

でも好きだから、好き過ぎたから失うのが恐く、実行は出来なかった。

しかし卒業が間近になり、ようやく覚悟を決めた僕は、卒業式の日に彼女に告白することを決心した。

そんな卒業式の三日前の朝、いつものように彼女におはようを言おうと思って教室を見回したが、彼女の姿は無い。

入試も近いし今日は休みなのか、と気を落としていた。

その時、担任の先生が暗い顔をしながら教室に入って来た。

そして、いきなり僕達にこう告げた。

「△△さん(彼女の名前)が昨日、学校の帰りに車に撥ねられ意識不明になり、今朝病院で亡くなりました…」

何を言ってるのか解らなかった。状況が理解出来ない僕は、みんなが泣いている中、泣くことすら出来なかった。

そしてお通夜の日、棺桶の中に居る清められた彼女の姿を見た時になって、ようやく涙が込み上げて来た。

祭壇に目をやると、彼女の写真が目に映った。

彼女は笑っていた。

その時、ふと彼女が僕に言ってくれたあの言葉を思い出した。

僕は笑った。

他の参列者の目には、人の死を前にして笑顔を浮かべる僕はどう映っただろうか?

それでも僕は彼女の写真を見ながら笑顔を続けた。

彼女の死から2年が過ぎ、クラスで同窓会をした。

その時にクラスの女子から、高校の時、彼女が僕を好きだったという事を教えられた。

僕はその瞬間、初めて泣いた…。声を上げて泣いた…。

それからまた、僕は笑った…。

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

鉛筆と参考書(フリー写真)

厳しい母

私の母はとても厳しい。 身の回りの事は全て自分でやらされていた。 勉強も部活も一番じゃないと気が済まない。 定期テストで二番を取ると、 「二番は敗者の一番だ」…

花屋さん(フリー写真)

助け合い

会社で、私の隣の席の男性が突然死してしまった。 金曜日にお酒を飲み、電車で気分が悪くなって、途中下車して駅のベンチで座ったまま亡くなってしまった。享年55歳。 でも、みんな…

老犬(フリー写真)

苦渋の決断

22歳になるオスの老犬が来ました。 彼は殆ど寝たきりで、飼い主が寝返りを打たせているので、床ずれが幾つも出来ていました。 意識はしっかりしているのですが、ご飯も飼い主が食べ…

恋人(フリー写真)

一番大切な人

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。 ※ 19…

猫(フリー写真)

猫のアン

私が小学生の時、野良猫が家に懐いて子猫を生んだ。メス一匹とオス三匹。 その内、オス二匹は病気や事故で死んだ。 生き残ったメスとオスには、アンとトラという名前を付けた。 …

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

親子(フリー写真)

育ててくれてありがとう

中学生の頃はちょうど反抗期の真っ最中だった。 ある日、母と些細な事で喧嘩になり、母から 「そんな子に育てた覚えはない!」 と言われました。 売り言葉に買い言葉で…