例外の入籍手続き

公開日: 夫婦 | 心温まる話 | 恋愛

婚約指輪(フリー写真)

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。

本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。

私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分年上ということもあり、結婚にはなかなか踏み切れずにいました。

私は彼に病室でプロポーズしました。

彼は、

「もちろん」

と承諾してくれました。

私が喪主として、彼を送ってあげたかった。

私達が夫婦同然と知っていた彼の親戚や、私の親からも反対はありませんでした。

そして病院の隣の区役所へ、入籍書類を出しに行きました。

そこは私の本籍地でしたが、彼の本籍地ではなかったため、彼の戸籍謄本が要ると窓口で説明されました。

郵送でも取り寄せ可能と説明を受けました。通常1~2週間かかるとのこと。

私は受付してくれた担当の女性に、彼は隣の病院に入院していて、その人生にもうあまり時間は無いことを説明しました。

多分、私は泣きそうだったと思います。

担当の女性は、

「暫くお待ちください」

と言って書類を持って席を外し、私は15分ほど待たされました。

そして戻って来た女性が、

「入籍できました。手続きは終えました」

と言い、その証明書類を渡してくれました。

私は驚き、

「どうして?」

と聞くと、彼女は

「役所同志でやり取りしました。例外ですが…」

と話してくれました。

泣きながらお礼を言って、とてもとても嬉しいことを彼女に伝えました。

その入籍から23日後、彼は退院することなく、空へ還って行きました。

結婚できて、彼の姓になることができて、主人と周りに言えて、私は本当に良かったと感じています。

あれから3年…。

今でも毎日主人に会いたいと思っています。

あの日、あの時、入籍できて本当に嬉しかった。

受付の女性の方、本当にありがとうございました。

関連記事

レジ(フリーイラスト素材)

一生懸命に取り組むこと

その女性は、何をしても続かない人でした。 田舎から東京の大学に進学し、サークルに入ってもすぐに嫌になって、次々とサークルを変えて行くような人でした。 それは、就職してからも…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

ウィスキー(フリー写真)

悲しい時は泣くんだよ

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。 警察から連絡が来た時は、酷い冗談だと思い…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

桜吹雪(フリー写真)

母さんのふり

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。 『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』 と思いながらも、電話に出てみた。 そしたら、 「もしもし? 俺だけど母さん…

カルテを持つ医師(フリー写真)

医者になれ

高校一年生の夏休みに、両親から 「大事な話がある」 と居間に呼び出された。 親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。 暑さとショックで頭がボーっとして…