二人の幸せ

カップル(フリー写真)

私は現在20歳です。

今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。

彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。

絶対好きになんてならないと思っていた。

でもよく笑うところや優しいところが好きになり、一緒にいればいるほど好きになってしまった。

彼氏も私に「好き」と言ってくれた。

ただ、付き合うとか彼氏と彼女という関係にはなれず、雰囲気に流されてエッチしてしまった。

それから何ヶ月か、そんな関係が続いた。

こんなの、人に言えなかった。

でも私は彼氏が大好きだったし、そんな関係は辛かったので

「このままの関係なら、もう会えない」

と伝えた。

彼氏は真剣に話を聞いてくれて、それから私たちは付き合うようになった。

付き合って半年経った1ヶ月前、

「子供は女の子がいいね」「結婚して何年経っても、一緒にお風呂入ろうね」

と、同じ未来を思い描いていた。

私も彼も子供が好きだし、当たり前のように子供を授かる事ができると、そう思って疑わなかった。

1ヶ月経っても2ヶ月経っても、生理が来なかった。

おかしいなと思ったけど、妊娠の可能性は低い。

彼氏は絶対に避妊してくれるから。

取り敢えず、妊娠検査薬を使った。

でも陽性反応は無かった。

次の日、会社を休んで産婦人科へ行った。

不妊症だと言われた。

信じられなかった。

何で私が?

そればかり考えた。

涙は出なかった。

先生が間違った診断をしているだけだと思った。

そんなはずは無いのに。

やたらに先生にむかついた。

何でこんな事を言うのだろうと思い、腹立たしかった。

次の検査の予約を無理やり取らさせて、この日の検査は終わった。

車のエンジンを掛けると、彼氏の大好きなケツメイシの曲が流れた。

その瞬間、涙が物凄い勢いで溢れ出した。

どうしよう。

どうしよう。

どうしよう。

泣きながら彼氏に電話を掛けた。

彼氏も仕事中のはずだ。

出る訳が無い。

頭では解っているのに、何度も何度も電話を掛けた。

独りぼっちなのが、とにかく不安だった。

昼の13時過ぎになり、彼氏から着信があった。

電話の向こうは、お昼休みなのか騒がしかった。

私は泣いていて、何も言えなかった。

彼氏は、

「話せるようになるまで待ってるから」

と言い、泣いているだけの私の電話を切らずに、ずっと待っていてくれた。

それでも話すことが出来なかった。

「ごめんなさい…」

私がこう言ったのが、彼氏にちゃんと伝わったかは分からない。

その日の夜、彼氏が作業着のまま家に来た。

「すぐ来てやれんでごめんな」

私の頭を撫でながら、彼氏がそう言った。

「あたし、子供産めんて。そうゆう病気なんだって」

彼氏はポカンとしていた。

こいつ何を言っているんだ…という顔をしていた。

「何言うてるん?」

「解らん」

「解らん訳ないやろが」

「先生がそう言うた。あたしも信じられんもん」

「…まじかよ」

彼氏はそう言ったまま、何も言わんかった。

別れることは覚悟していた。

子供が産めない私は、彼氏と一緒にいたらいけないと思った。

大好きな人だから、幸せになってもらいたいと思った。

でも、離れるのは嫌だった。

ずっとずっと傍にいて欲しかった。

「ごめんな」

彼氏を見たら、泣いていた。

彼氏が泣いたところなんて、今まで見たことがない。

いつもにこにこしていて、弱音も吐かない彼氏が泣いていた。

「一人で病院なんか行かせてごめんな…」

彼氏は私の手を強く握っていた。

「大丈夫だよ。あんたがおらんでも、あたしは大丈夫だから…」

精一杯の強がりだった。

今すぐ抱き締めて欲しいのに、くだらない意地が邪魔をした。

「別れよう」

私の顔は化粧がぼろぼろに落ちて、涙と鼻水でぐちゃぐちゃだった。

「ぶざけんな!勝手に決めんなよ!」

初めて彼氏が大声で怒鳴った。

「ずっと一緒だって言うたやろ…」

「でも、あたしとずっと一緒におっても、人並みに幸せになれんのは、あんただって解ってるやろ…」

彼氏は悲しそうな顔をしてた。

「俺、ガキなんかいらん」

嘘だ。欲しいって話を何度もしたのに。

女の子がいいねって言ってたのに。

「明日、渡そうと思ってたんだけど」

彼氏は作業着の中から箱を取り出した。

箱を開けると、指輪が入っていた。

彼氏は私の左手の薬指に指輪を填めると、ちょっと笑って

「結婚しよう」

と言った。

この日は、私たちが付き合って半年になる記念日の一日前だった。

「ガキいなくたって、幸せな家庭は築けるんやて」

彼氏はめちゃくちゃ笑顔だった。

「お前さ、料理上手くないやんか。

俺もそんな得意じゃないけん、二人でやれば何とかなるやろ。

あと、お前は強がりで素直じゃないけん、俺はお前が何考えてるかよう解る。

それとかさ、この前観た映画でさ、記憶が消えて行くって病気あったやん?

もし、お前がそれになっても心配ないで。

俺がお前の忘れたくないこと、全部覚えとるし」

この日の何日か前に『彼氏と頭の中の消しゴム』という映画を観たばかりだったから、何だか笑ってしまった。

「何か話ズレとるよ?」

泣きながら笑った私を見て、彼氏は汚い作業着の袖で私の涙を拭いた。

「やっと笑った」

にこにこしている彼氏の顔を見たら安心した。

それから、正式に婚約をしました。

大好きな彼は、いつも傍にいて私を支えてくれています。

辛いこともあるけど、彼が傍にいてくれるから頑張れます。

一緒に泣いて一緒に笑って、凄く幸せだなあと思います。

不妊治療、頑張ります。

関連記事

ワイン(フリー写真)

ワイン好きの父

いまいち仲が良くなかった父が、入院する前夜にワインを取り出し、 「まあいつまで入院するか分からないけど、一応、別れの杯だ」 なんて冗談めかして言ったんだ。 こんなのは…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

子供の手(フリー写真)

嫁の手

うちの3才の娘は難聴。殆ど聞こえない。 その事実を知らされた時は嫁と泣いた。何度も泣いた。 難聴と知らされた日から、娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責め…

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …