本当のお母さん

公開日: 家族 | 心温まる話 | | 長編

カーネーション(フリー写真)

俺が6歳の頃、親父が再婚して義母がやって来た。

ある日、親父が

「今日からこの人がお前のお母さんだ」

と言って連れて来たのだ。

新しい母親は、俺を本当の子供のように可愛がってくれた。

家族とか血縁とかまだ解らない頃の俺にとって、義母が本当の母親だった。

それから何年か経ち、俺が中学の頃。

今度は親父が事故で帰らぬ人となった。

親父の葬式の席で親族が集まり、これからの俺たち家族の事で話し合う事になった。

親父の両親(俺から見て祖父母)は既に亡く、親戚付き合いも疎遠で、葬式には親父の親族は誰も来なかった。

後から知った事だが、親父はガキの頃に両親を亡くして親戚中をたらい回しにされ、おまけにひどい扱われようだったらしい。

そんな事もあり、自分が大人になって働き出してからは一切、縁を切っていたらしい。

まあ、そんな状況もあり、今後の俺たち親子の事を生母、義母側双方で話をする事になった。

元々、義母の両親は義母と親父との結婚に反対していた。まあ親としては、娘の結婚相手にコブ付きだとやっかむのも当然かもしれない。

また生みの母の両親は、まだ若い義母の事を考えて、俺を引き取ると言い出した。

双方の親の利害が一致して、俺は生母の家に引き取られると決まりかけた時。それまで双方の話を聞くだけだった義母が口を開いた。

「この子は私の子です。例え血が繋がっていなくても、私の子供です!

お願いですから、この子は私に任せてください」

物腰の柔らかい義母が、珍しく語気を荒げていた。

出会ってから初めて見たそんな義母の姿に、俺は驚きを覚えた。

最初は難癖を付けていた双方の両親も、最後には義母に折れる形となり、俺は義母と二人で生活する事になった。

稼ぎ頭の親父が死んで、義母は必死で働いた。受験で大変な時期の俺を育てる為に、必死で働いてくれた。

高校3年の時、俺は家の事情もあり、進路は就職すると決めていた。

しかし、その話を聞いた義母は

「大学に行きなさい」

と言った。

「お金は母さんが何とかするから、あんたは大学に行きなさい」

なぜ実の息子でもないのに、それほど俺に一生懸命なんだろう?

俺は半ば呆れながらもそんな義母の言葉が嬉しく、思わず泣いてしまった。

義母の言葉に背を押され、少し遅れて受験勉強を始めた。家の事情を考えると浪人は出来ないし、そんな事で義母を落胆させたくなかった。

元々勉強は出来る方ではないので、入れた大学も大した大学ではなかったが、それでも合格と聞いた義母の涙混じりの笑顔は今でも忘れられない。

大学に入った俺は、生活費くらい自分で何とかしようと決めていた。高校の時もそうだったが、アルバイト三昧の日々でよく留年しなかったものだと、今でも不思議に思う。

大学も何とか無事に四年で卒業が出来、就職も決まって、俺は晴れて社会人になった。最初の初任給で義母にプレゼントを買った。

流石に俺のプレゼント(大した物ではなかったけど)には参ったのか、

「ありがとう、ありがとう」

と言いながら泣く姿に、俺も思わずもらい泣き。

ほんと、感謝しなきゃならないのは俺の方です。

それからは二人でつつがなく暮らしていたが、俺も30歳の手前で結婚したい相手が出来た。

最初は俺の結婚を義母がどう思うか気掛かりだったが、大喜びで歓迎してくれた。

「あんたもこれで一人前だね」

と言われ、照れくさいやら恥ずかしいやら。

最初は一緒に暮らそうと言ったが、

「お嫁さんに悪いから、母さんはここで暮らすよ」

と断られた。

いやいや、かみさんも賛成してくれているんだけど…。

何度か話はしたものの、結局離れて暮らす事になった。

でも、結婚して一年経った頃に義母が倒れた。

幸い大事に至らなかったが、今後、同じ事があってもいけないと思い、断っているところを半ば強引に同居する事に。

その間に孫の顔も見せる事が出来たし、かみさんとも上手くやっているしで、本当に幸せそうだった。

しかし先月、その義母が他界。くも膜下出血で呆気なく死んでしまった。

通夜の席でかみさんが義母の話をしてくれた。

正直、この年になるまで義母のそれまでの人生を聞いた事が無かった。

かみさんは義母から色々、聞いていたらしい。

義母は親父と結婚する前に子供が産めない体だったらしい。

最初はそんな事もあり結婚を断っていたそうだが、親父はそんな事情を承知で

「俺たちには子供が居るじゃないか。俺の息子の母親になってくれないか?」

と言った。その言葉に、義母は涙ながらに承諾。

親父も人前も憚らず泣いていたそうで、義母曰く

「あんなみっともないプロポーズは無かったけど嬉しかった」

との事だった。

その話を聞いて、俺はやっと理解出来た。そして言葉にならずに涙だけが溢れて仕方が無かった。

今までかなり泣いたけど、息が苦しくなるほど泣いたのは初めてだった。

ぶっきら棒な親父の優しさもそうだが、親父のプロポーズを最後まで純粋に受け入れた義母に、言葉に出来ない思いが込み上げて来た。

かみさんもそれを聞いた時は涙が止まらなかったそうで、俺に話しながらまた号泣。

子供たちも泣いている俺たちを見て、つられて泣き出す始末。

義母、いや、母さん。血は繋がっていないけど、貴方は俺にとって本当の母さんです。

生みの母には悪いけど、俺にとって貴方以上の母は居ません。

親父、そっちで会ったら誉めてやってください。貴方が選んだ人はとても素晴らしい人でした。

最後に母さん、もし生まれ変われるならまた貴方の子供に生まれたい。今度は貴方の本当の子供に生まれ変わりたいです。

突然逝ってしまったから、改まって感謝する事が出来なかったけど、本当にありがとう。

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…

進学祝い(フリー写真)

金ピカの時計

大学が決まり、一人暮らしを始める前日の日の事。 親父が時計をくれた。 金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 「金に困ったら質に入れろ。多少、金にはなるだろうから」 …

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

手を繋ぐ(フリー写真)

大事な我が子へ

自分が多少辛くても、腰が痛くても頭が痛くても、子供が元気にしてくれているのが凄く嬉しいの。 元気そうな子供の姿を見たり声を聞いているとね、本当に嬉しいの。 別に感謝してくれ…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

コーヒーのドリップ(フリー写真)

店長さんの嘘

俺がまだ受験生だった頃の話。 当時、塾の自習室にはどうにも居辛くて、自習室代わりによく利用している喫茶店があった。 普段は20時前には自習室に戻っていたんだけど、そこの店長…

赤い薔薇(フリー写真)

赤い薔薇の花束

数年前にお父さんが還暦を迎えた時、家族4人で食事に出掛けた。 その時はお兄ちゃんが全員分の支払いをしてくれた。 普段着ではなく、全員が少しかしこまっていて照れくさい気もした…