またどこかで会おうね

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事

病室(フリー背景素材)

俺は以前、病院勤務をしていた。と言っても看護婦や医者などの有資格者じゃないんだけどね。

それでさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。

よく知らずに入ったらさ、どうやら患者さんがそろそろ…という場面だったんだよ。

『まずい部屋に入っちゃったな』

と思いながら掃除をしていたんだ。

そしたらさ、旦那さんが寂しそうな笑顔で、

「ありがとう」

と言ってくれるんだよ。

家族としての最後の場面を邪魔したような気がして何か居た堪れなくなり、目に見える所だけ掃除して出てしまったんだ。もう逃げるようにな。

それで、部屋から出て廊下を掃除していたら、中から声が聞こえて来るのよ。

掃除途中で出て来ちゃったから、

『何か文句言われてないかな』

なんて思っていたらさ、旦那さんが10歳前後のお子さんに、

「ママにチューしてあげなよ。もう何年もしてないだろ?

最後にもう一回な。

ちゃんと、

『ありがとう』

『心配しないでね』

『またどこかで会おうね』

って声掛けろよ?

泣いてばかりだと、ママも心配しちゃうからな」

そう言って部屋から出て来たんだよ。

でもさ、その旦那は部屋から出た途端に、しゃがみ込んで泣き始めたんだよ。

多分、子供の前では強がっていたんだろうな。

自分が泣いたら子供が余計に辛くなると思ったんだろうな。

旦那が子供に言わせた言葉は、旦那自身が何度も心の中で呟いた言葉なんだろうな。

そう思っていたら、全然知らない患者さんの死がとても身近に感じられて、涙ぐんでしまったよ。

俺も、最愛の人が亡くなる場面に立ち会うことがあったら、

「またどこかで会おうね」

という言葉を掛けたいな。

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

桜(フリー写真)

優しい彼の嘘

私には付き合って一年の彼氏がいました。 その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。 一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度も…

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

バー(フリー写真)

痛みを知る者

自分でも理由は判らないが、気が付けば仕事のやる気を失くしていた。 会社を欠勤し、それが数日続いたある日の夜、強面の上司が自宅に来た。 最後通告かなと思いながら、上司の行きつ…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

寝ている猫(フリー写真)

飼い猫の最後の別れ

10年以上前、ひょんな切っ掛けで、捨てられたらしいスコティッシュの白猫を飼う事になった。 でもその猫の首には大きな癌があり、猫エイズも発症していて、 「もうあと一ヶ月ぐらい…