父娘の絆

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

結婚式

土曜日の太陽が、一人娘の結婚式を温かく照らしていた。

私が彼女たち母娘と出会ったのは、私が25歳の時でした。妻は33歳、娘は13歳というスタートでした。

事実、彼女は私の連れ子という形で我が家に迎えられたのです。

娘が既に成長していたこともあり、家庭内には多少の不協和音が響き渡りましたが、時が流れるにつれて徐々に和解へと向かいました。

意図的に我が子を持たない決断をしたのは、家計の面もありましたが、何より娘の存在を尊重した結果でした。娘一人で完璧だと、私たちは心に決めていました。

しかし、運命は思いもよらない形で転がります。突如、妻は交通事故でこの世を去りました。それは娘が17歳になった年の出来事でした。

残された私と娘は、妻がいない現実に直面し、言葉を失いました。私たちは何をどうしていいのか、途方に暮れたものです。

家計は安定しており、娘も家事を一通りこなせるようになっていました。問題がないはずの生活でしたが、妻の親戚が波乱をもたらしました。

それは理解できる反応でした。29歳の血の繋がらない男と、17歳の若い女。教訓めいた言葉や、将来の再婚を心配する声が私に投げかけられました。

それでも私は、娘のことを血のつながり以上に大切な存在、本当の娘と心から思っていました。

妻の最愛の遺産であり、私が守り育てるべき一人の子供でした。

そう決意して、親戚の声は耳を貸さずにいました。

娘はそれを軽妙に笑い飛ばし、私たちの関係は変わらず深い絆で結ばれたままでした。

それでも、私たちの周りでは噂が絶えませんでした。学校の三者懇談や進路相談に行く度に、教師の変わった視線に晒されました。

ある夜、娘が部活で遅くなり、彼女を迎えに行った際に、ある住民が学校に「娘が援助交際をしている」との虚偽の通報をしたこともありました。

それでも私たちは、父娘として生活を続け、幸せを感じていました。再婚は考えもしませんでした。娘がいればそれで充分だったのです。

月日は流れ、娘が25歳になったある日のことです。娘から「結婚したい人がいる」と告げられました。私が妻と結婚した年齢と同じでした。

私の心は複雑な感情に揺れ動きました。

翌日曜日、私は娘の選ん

だ相手に会いました。彼は娘を温かい眼差しで見つめていました。私はその目を見て、娘を任せられると確信しました。

私も心の中で小さな諦念とともに、笑いを浮かべました。

時間は待つことを知らず、披露宴の日が訪れました。

「お母さんが亡くなった時、どうしようかと本当に不安だった。お父さんはまだ若く、私がいれば再婚も難しいだろうと思っていた。でも、お父さんはいつもそんなことを感じさせずに、ただそこにいてくれた。それがどれだけ私にとって幸せだったか。私のお父さんはあなただけ。感謝の気持ちでいっぱいです。お母さんがいなくなってからも、ずっと幸せな子供でいられたのは、お父さんがそばにいてくれたからです」と、娘が涙ながらに読む手紙を聞きながら、バージンロードを歩いた時、私はもう涙を隠すことができませんでした。

娘が家を出て行く前、私が自分で何も出来ないようにと、箪笥の引き出しに「ぱんつ」「しゃつ」「とれーなー」「くつした」と書いた紙を貼っていきました。それは娘の心遣いでしたが、私はその優しさに心から笑いました。

やがて、娘にそっくりな孫がこの世に誕生するかもしれません。そして、私は若さを強調しながらも、じいちゃんと呼ばれる日が来ることでしょう。

私は間違っていなかったと確信しています。父親としての道は困難を伴いましたが、その全てを選んで良かったと思っています。

妻との結婚、そして娘の父親になったこと。これら全てに感謝しています。

今、一人になって部屋は広く感じられますが、空虚感に苛まれることもあります。

しかし、これから生まれるであろう孫のために、新たな一歩を踏み出す勇気が湧いてきました。

関連記事

桜

母の愛、娘の成長

中学2年生の夏から一年間入院し、その後の人生は自立への道だった。 高校受験、下宿生活、卒業後の就職、そして結婚。 家族への連絡は少なく、ホームシックを感じることもなかった…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

ドーナツ

ドーナツと小さな願い

日曜日、私はミスタードーナツで心温まる一幕を目撃しました。 店内には、若いお父さんと彼の3歳くらいの目がくりくりした可愛らしい男の子が席につきました。彼らは私の背後に座り、肩越…

空(フリー写真)

お盆のある日

私には4年前、赤ちゃんの時に亡くなった子どもがいました。 昨年の8月のお盆のある時、上の娘が空を見上げて 「お母さん、空見てみて。ほら、空の雲の間に光っているところあるで…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

おとうさんのがんが治る薬

クリスマスが数日前に迫る中、6歳の娘は欲しい物を手紙に書き、窓際に置いていました。 夫と共に、キティちゃんの便箋を破らずに手紙を覗いてみると、こう書いてありました。 『サ…

空港(フリー写真)

空港の約束

俺が25歳くらいの時の話。 当時働いていた職場に二つ年下の女の子が居て、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人が居たから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていたと…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

日本料理(フリー写真)

ここ一番の踏ん張りどころ

神戸観光ホテルで修業した時は、往生しましたよ。板長にいじめられたんです。 僕、仲居さんとのチームワークを良くしようと思って、彼女たちに気を遣っていたから、結構可愛がられていたん…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…