オカンがしてくれたこと

公開日: 家族 | 心温まる話 |

手編みのマフラー(フリー写真)

俺の家は貧乏だった。

運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。

そんな家だった。

そんな俺の15歳の誕生日。

オカンが顔に微笑みを浮かべて、俺にプレゼントを渡してくれた。

ミチコロンドンのトレーナーだった。

僕はありがとうと言いつつも、恥ずかしくて着れないなと内心思っていた。

その夜、一人考えていた。

差し歯を入れるお金も無いオカン。

美容院に行くのは最高の贅沢。

手はカサカサで、化粧など当然していない。

こんなトレーナーを買うくらいなら、他の事に使えよ……。

そんな事を考えながら、もう何年も見ていないアルバムを見たくなった。

そのアルバムには、若い時のオカンが写っている。

えっ!

俺は目を疑った。

それはまるで別人だった。

綺麗に化粧をし、健康的な肌に白い歯を覗かせながら笑っている。

そこには美人のオカンが居た。

俺は涙が止まらなくなった。

俺を育てるために女を捨てたオカン。

ミチコロンドンのトレーナーを腕に抱き、その夜は眠った記憶がある。

それから少しばかり時は流れ、俺は高校卒業後の進路を考える時期になっていた。

大学進学はとっくに諦めていた。

学校で三者面談が行われた時、オカンが先生に向かって言った。

「大学に行かせるには、いくらお金がかかるのですか?」

俺は耳を疑った。

びっくりしている俺を横目に、オカンは通帳を先生に見せて

「これで行けますか?」

と、真っ直ぐな眼で先生を見つめた。

それから俺は死に物狂いで勉強し、大学に合格することが出来た。

郷里を離れる際、オカンが俺に真っ赤なマフラーを渡してくれた。

学費を稼ぎながらの大学生活は苦しくもあったが、マフラーを見ると元気が出た。

それから時は流れ、会計士になった俺は来年の春に結婚する。

そして生活を共にする……。俺と最愛の妻と、最愛の母とで。

何としても二人を守ってみせる。

色褪せたトレーナーとほつれたマフラーを前にして、俺はそう誓った。

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

花束(フリー写真)

大切なあなたに花束を

私は介護施設で働いています。 時々おじいちゃんやおばあちゃん宛に、ご家族の方よりお手紙や花束が届きます。 花束を持って行くと、皆さん集まって来ます。 自分かもしれない…

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

バス停(フリー写真)

親切な彼女

バスで二人座席に座っていた学生風のカップル。 車椅子の人が乗ろうとした途端、彼女の方がすっと立ち上がって、彼氏に荷物を渡し、運転手が車椅子を乗せるお手伝いをしていた。 その…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

空港(フリー写真)

空港の約束

俺が25歳くらいの時の話。 当時働いていた職場に二つ年下の女の子が居て、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人が居たから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていたと…

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

信号(フリー写真)

素直な感謝の気持ち

今日、近所の交差点で車に乗り信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。 明らかに『信号が青になった瞬間に曲がっちまおう』というのが見え見え。 この…