弟の物語

公開日: 兄弟姉妹 | 家族 | 心温まる話

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。

弟がまだ六歳の時の話。

弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。

だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み合いに巻き込まれる。

だから殆ど家には帰らない日々が続いていた。

弟は毎日、凄く淋しかっただろう。

ある日、家に帰った時のこと。

普段はお酒ばかり飲んで、人の顔を見れば殴る父が、一冊のノートを見ながら泣いていた。

私もノートを覗き込んだ。

そしたらね、父が急に「ごめんな」って言うの。

よく見たら、弟がまだ拙い字で物語を書いていた。

『僕には楽しいパパ、優しいママ、いつも笑顔のお姉ちゃんがいる。

いつもみんなで美味しいご飯を笑いながら食べる。

毎週日曜日は、家族でお出掛けをする。

僕はいつもみんなに可愛がってもらっていて、幸せいっぱい。

毎日笑顔がいっぱい』

そんなような事が沢山書かれていた。

普通なら当たり前のことなのに、私の家では出来ていなかったことが、沢山書かれていた。

紛れもなく弟の夢が描かれていた。

私はそれを、父と泣きながら読んだ。

パートから帰って来た母も、それを読んで泣いた。

その日の夜は揃って鍋をした。弟には初めての体験だった。

弟は楽しそうに笑っていた。

父も母も私も、照れながら笑った。

それから少しずつ、弟の物語は現実になった。

今では笑顔でいっぱいの家族になりました。

関連記事

教室(フリー写真)

先生がくれた宝物

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。 先生は塾の英語の担当教師でした。 とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。 そんな先生の事が私はとても大好き…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

父と子(フリー写真)

身体を大事にしろ

今日は父親の13回忌だ。 うちの父は僕が高校生の時に他界している。 死因は末期の膵臓癌だった。 最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

スマートフォン

父の遺した言葉

私は今、高等学校3年生です。父がこの世を去ったのは10月26日のことでした。 父は、私が心から尊敬し、誇りに思える素晴らしい人でした。彼の死に際して、母と妹は慟哭しました。 …

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

飛行機雲(フリー写真)

飛行機雲のように

「空に憧れて、空を駆けてゆく あの子の命は、飛行機雲」 その歌の通りでした。 小さい頃から、 「僕、ぜーったいパイロットになるからね!」 と言っていたあ…