弟の物語

公開日: 兄弟姉妹 | 家族 | 心温まる話

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。

弟がまだ六歳の時の話。

弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。

だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み合いに巻き込まれる。

だから殆ど家には帰らない日々が続いていた。

弟は毎日、凄く淋しかっただろう。

ある日、家に帰った時のこと。

普段はお酒ばかり飲んで、人の顔を見れば殴る父が、一冊のノートを見ながら泣いていた。

私もノートを覗き込んだ。

そしたらね、父が急に「ごめんな」って言うの。

よく見たら、弟がまだ拙い字で物語を書いていた。

『僕には楽しいパパ、優しいママ、いつも笑顔のお姉ちゃんがいる。

いつもみんなで美味しいご飯を笑いながら食べる。

毎週日曜日は、家族でお出掛けをする。

僕はいつもみんなに可愛がってもらっていて、幸せいっぱい。

毎日笑顔がいっぱい』

そんなような事が沢山書かれていた。

普通なら当たり前のことなのに、私の家では出来ていなかったことが、沢山書かれていた。

紛れもなく弟の夢が描かれていた。

私はそれを、父と泣きながら読んだ。

パートから帰って来た母も、それを読んで泣いた。

その日の夜は揃って鍋をした。弟には初めての体験だった。

弟は楽しそうに笑っていた。

父も母も私も、照れながら笑った。

それから少しずつ、弟の物語は現実になった。

今では笑顔でいっぱいの家族になりました。

関連記事

吹雪(フリー写真)

ばあちゃんの手紙

俺の母方のばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。 生んだ子供は四姉妹。 娘が全員嫁いだ後、長いことじいちゃんと二人暮らしだった。 そして、じいちゃんは2…

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんはヒーローだった

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。 電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。 寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服…

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…

兄弟(フリー写真)

最強最高の兄ちゃん

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。 俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。 両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。 …

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

レジ(フリーイラスト素材)

一生懸命に取り組むこと

その女性は、何をしても続かない人でした。 田舎から東京の大学に進学し、サークルに入ってもすぐに嫌になって、次々とサークルを変えて行くような人でした。 それは、就職してからも…