やりたいこと頑張りなさい

公開日: 家族 | 心温まる話 |

ベース(フリー写真)

三年前のある日、両親が離婚。俺と弟が母さんに付いて行きました。

母さんは今まで専業主婦だったから、仕事なんて全然出来ない。

パートを始めるも、一ヶ月も経たない内に退職の繰り返し。家計は苦しくなる一方。

当時高校生だった俺のバイト代だけではやって行けるはずも無く、高校を中退して現場の仕事に就きました。

その際に少しでも家計の足しになればと漫画やゲームを全て売り、家にあるエフェクター、ベース、ギターも売ろうとしました。

でも、母さんは

「あんたの見つけた趣味なんだから、バンドだけは続けなさい」

と、楽器の売却には猛反対しました。

学校を辞めた時にバンドも辞めたから楽器があっても意味が無いと思い、俺は売る気満々でした。

でも母さんがあまりにしつこく言うので、ベースだけ一本残しました。

その後、仕事仲間にバンドをやろうと誘われ、バンド活動を再開しました。

手元にあるのはアイバニーズのしょぼいベースのみ。

アンプもシールドも無い。シールドが無きゃスタジオ練習も出来ないので、楽器屋の600円の激安シールドを一本だけ買いました。

それ以来ずっとチョッケルです。

話が逸れるんだけど、今年の誕生日に母さんが

「いつも無理して頑張ってくれてるから…」

と言って、少しずつ貯めていたパート代でモンスターケーブルを買ってくれました。

何やってんだよバカ。家計が苦しいのに。

楽器のこと、素人なのに楽器屋の店員に色々聞いただと?

無理してんじゃねえよ。そんな金あるなら自分の服でも買えってのに…。

やつれた顔で精一杯笑いながら、

「誕生日おめでとう。まだ若いんだから自分のやりたいこと頑張りなさい」

恥ずかしながら泣いちゃったよ。もう体の水分が全部出るくらい(笑)。

中学の卒業式以来だよ、親の目の前で大泣きしたのは。

カップル(フリー写真)

二人の幸せ

私は現在20歳です。 今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。 彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。 絶対好きになんてなら…

手を繋ぐ(フリー写真)

大事な我が子へ

自分が多少辛くても、腰が痛くても頭が痛くても、子供が元気にしてくれているのが凄く嬉しいの。 元気そうな子供の姿を見たり声を聞いているとね、本当に嬉しいの。 別に感謝してくれ…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

昼寝中の猫(フリー写真)

ずうずうしい野良猫

お悩み相談 Q. 通って来る野良猫が大変ずうずうしく、困っています。 始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空の下では辛かろうと一度玄関に泊め…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

カーネーション(フリー写真)

親心

もう5年も前の話かな。 人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱く、よく家族を困らせていた。 思春期の…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…