天国の恩人

公開日: 仕事 | 心温まる話

日記帳(フリー写真)

私はキャバクラ嬢でした。

家がとても貧乏で、夜に働きながら大学へ行きました。

そんな私の初めてのお客様。

Yさん、70歳のお爺ちゃんです。

彼はとても口下手で、殆ど話しません。

何か話しかけても、

「うん。そうだね」

という返事が返ってくるだけです。

でも毎週来てくれました。

時には同伴もしてくれました。

私は必死で話しかけましたが、いつも優しく笑うばかり。

とても不思議な人でした。

夜の仕事をしていると、

「休みの日に会いたい」「ホテルに行きたい」

など、そんなことを言う人が殆どですが、彼は一切そんなことは言いませんでした。

私がピンチな時は、決まって助けてくれました。

いつも静かにウィスキーを飲み、午前0時には帰って行きます。

大学の卒業が決まり、夜の仕事を卒業する日。

いつもと変わらず来店してくれて、お疲れ様の言葉をくれました。

翌日に珍しく彼の方からメールが来ました。

『今までお疲れ様。

本当によく頑張ったね。

君と過ごした時間は本当に楽しかった。

これからは昼の人間。

今まで夜の仕事で出会った人とは、もう関わってはいけないよ。

夜の世界に戻って来てはいけないよ。

もちろん僕とも…。

いつでも君のことを応援しています。

もう会うことはないけれど、どうか夢が叶いますように。

頑張れ︎』

私は彼の言う通り、夜の仕事で出会った人との連絡は断ちました。

でも、彼の連絡先だけは消せませんでした。

毎年一度だけ、彼の誕生日にメールをしました。

『誕生日おめでとう。

体調崩してませんか?

この間、初めての契約が取れました』

『誕生日おめでとう。

お元気ですか?

私は後輩ができました。

仕事頑張ってます』

『誕生日おめでとう。

毎年約束を破ってすみません。

仕事が上手くいかなくて、正直辞めたいです。

もう頑張れないよ…』

3年目のメールで初めて返信が来ました。

『突然のメール申し訳ございません。

Yの娘です。

先日、父はガンで他界しました。

貴女に伝えたいことがあって、メールさせていただきました。

父の日記です。

父の想いが伝わったら幸いです。

お仕事頑張ってください』

ここからが彼の日記です。

『今日も彼女は楽しそうに大学の話をしてくれた。

夢を語る彼女はキラキラしてる。

応援していますよ』

『今日はお寿司を食べに行った。

本当に美味しそうに食べてくれて嬉しかった。

昼は学校、夜は仕事。

ちゃんと寝てるのか心配だ』

『進級おめでとう。

あと一年で卒業ですね。

応援してます。

最近遊びほうけてるみたいだけど、ちゃんと勉強もするんだよ』

『就職が決まったようだ。

おめでとう。

夢への第一歩ですね』

『やっと卒業した。

夢に向かって頑張ってほしい。

頑張り屋さんだからきっと大丈夫。

頑張れ︎』

『誕生日のお祝いメールが来た。

覚えててくれて嬉しい。

仕事頑張ってるみたいで良かった。

でも、返信してはいけないな。

彼女は自分の力で未来を掴んだのだから…』

『今年もメールが来た。

先輩かー。

彼女のことだから張り切って世話を焼いてるんだろうな。

仕事楽しそうで何より』

『仕事が大変みたいだ。

頑張れ︎。

辞めてはいけないよ。

彼女は強いからきっと大丈夫。

応援していますよ。

君なら大丈夫だ』

今年で社会人6年目になります。

今、仕事が楽しいです。

毎日頑張っています。

天国のYさんへ届きますように…。

関連記事

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…

結婚式場(フリー写真)

叔父さんの血

俺には腹違いの兄貴が居る。 俺が小学5年生、兄貴が大学生の時に、両親が子連れ同士の再婚。 一周りも年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないままだった。 ※ 大学入試…

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…

コーヒーのドリップ(フリー写真)

店長さんの嘘

俺がまだ受験生だった頃の話。 当時、塾の自習室にはどうにも居辛くて、自習室代わりによく利用している喫茶店があった。 普段は20時前には自習室に戻っていたんだけど、そこの店長…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

教室(フリー写真)

虐めから守ってくれた兄

中学生の頃、学校で虐めに遭っていた。 教室に入る勇気が無く、いつも保険室に通っていた。 虐めの事は家族にも言っていない。 ただ私の我儘で保険室に通っているだけ。そんな…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…