天国の恩人

公開日: 仕事 | 心温まる話

日記帳(フリー写真)

私はキャバクラ嬢でした。

家がとても貧乏で、夜に働きながら大学へ行きました。

そんな私の初めてのお客様。

Yさん、70歳のお爺ちゃんです。

彼はとても口下手で、殆ど話しません。

何か話しかけても、

「うん。そうだね」

という返事が返ってくるだけです。

でも毎週来てくれました。

時には同伴もしてくれました。

私は必死で話しかけましたが、いつも優しく笑うばかり。

とても不思議な人でした。

夜の仕事をしていると、

「休みの日に会いたい」「ホテルに行きたい」

など、そんなことを言う人が殆どですが、彼は一切そんなことは言いませんでした。

私がピンチな時は、決まって助けてくれました。

いつも静かにウィスキーを飲み、午前0時には帰って行きます。

大学の卒業が決まり、夜の仕事を卒業する日。

いつもと変わらず来店してくれて、お疲れ様の言葉をくれました。

翌日に珍しく彼の方からメールが来ました。

『今までお疲れ様。

本当によく頑張ったね。

君と過ごした時間は本当に楽しかった。

これからは昼の人間。

今まで夜の仕事で出会った人とは、もう関わってはいけないよ。

夜の世界に戻って来てはいけないよ。

もちろん僕とも…。

いつでも君のことを応援しています。

もう会うことはないけれど、どうか夢が叶いますように。

頑張れ︎』

私は彼の言う通り、夜の仕事で出会った人との連絡は断ちました。

でも、彼の連絡先だけは消せませんでした。

毎年一度だけ、彼の誕生日にメールをしました。

『誕生日おめでとう。

体調崩してませんか?

この間、初めての契約が取れました』

『誕生日おめでとう。

お元気ですか?

私は後輩ができました。

仕事頑張ってます』

『誕生日おめでとう。

毎年約束を破ってすみません。

仕事が上手くいかなくて、正直辞めたいです。

もう頑張れないよ…』

3年目のメールで初めて返信が来ました。

『突然のメール申し訳ございません。

Yの娘です。

先日、父はガンで他界しました。

貴女に伝えたいことがあって、メールさせていただきました。

父の日記です。

父の想いが伝わったら幸いです。

お仕事頑張ってください』

ここからが彼の日記です。

『今日も彼女は楽しそうに大学の話をしてくれた。

夢を語る彼女はキラキラしてる。

応援していますよ』

『今日はお寿司を食べに行った。

本当に美味しそうに食べてくれて嬉しかった。

昼は学校、夜は仕事。

ちゃんと寝てるのか心配だ』

『進級おめでとう。

あと一年で卒業ですね。

応援してます。

最近遊びほうけてるみたいだけど、ちゃんと勉強もするんだよ』

『就職が決まったようだ。

おめでとう。

夢への第一歩ですね』

『やっと卒業した。

夢に向かって頑張ってほしい。

頑張り屋さんだからきっと大丈夫。

頑張れ︎』

『誕生日のお祝いメールが来た。

覚えててくれて嬉しい。

仕事頑張ってるみたいで良かった。

でも、返信してはいけないな。

彼女は自分の力で未来を掴んだのだから…』

『今年もメールが来た。

先輩かー。

彼女のことだから張り切って世話を焼いてるんだろうな。

仕事楽しそうで何より』

『仕事が大変みたいだ。

頑張れ︎。

辞めてはいけないよ。

彼女は強いからきっと大丈夫。

応援していますよ。

君なら大丈夫だ』

今年で社会人6年目になります。

今、仕事が楽しいです。

毎日頑張っています。

天国のYさんへ届きますように…。

関連記事

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

自衛隊員の方々(フリー写真)

直立不動の敬礼

2年前、旅行先での駐屯地祭での事。 例によって変な団体が来て、私は嫌な気分になっていた。 するとその集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女が向かって行く。 少女…

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…