本当のやさしさ

公開日: 心温まる話

お花畑(フリー写真)

遡ること、今から15年以上前。

当時、小学6年生だった僕のクラスに、A君というクラスメイトがいました。

父親のいないA君の家は暮らしぶりが悪いようで、いつも兄弟のお下がりと思われるヨレヨレの服を着ており、上履きも新しいものが買えずにかかとを踏みつぶして履いていました。

給食費や学級費も、毎回忘れて来ていました。

担任はA君が給食費や学級費を忘れた時だけは、家庭の事情を察してか注意しなかったのだが、それがかえってA君を惨めに思わせていたようです。

その上、体も小さく勉強もスポーツもてんで駄目なA君は、クラスでいじめられていました。

かわいそうだと思いながらも、僕は自分が巻き込まれるのを恐れ、遠くから見ていることしか出来ませんでした。

そんなある日、ちょっとした事件が起こりました。

その日は遠足で登山に行ったのですが、友達のいないA君は、お弁当の時間も孤立しているような状態。

キレイな紅葉の中、一人ぼっちでお弁当を食べなければならないA君を、僕は心の底から不憫に思っていました。

しかし、妙なことにA君は5分経っても、10分経っても弁当箱を開けようとしません。

僕はその理由にすぐ気付きました。

周りの同級生が母親の愛情がたっぷり詰まったお弁当を自慢し合っている中、自分の惨めなお弁当を他の人に見られたくなかったのです。

そんな時、A君に近付いて行く人物がいました。

それは、違うクラスのY先生でした。

Y先生は40代くらいの女性で、とにかく厳しかったため、児童はもちろん同僚の教師からも若干敬遠されるような存在。

クラス替えの前日は、Y先生のクラスになるんじゃないかと不安で眠れなかった程に。

そんなY先生がA君に対して、

「一緒にお弁当食べていいかな?」

と笑顔で声をかけた。

これには、その場にいた誰しもが一瞬目を疑いました。

Y先生の笑顔など、学校内では一度も見たことがなかったからです。

そして、彼女は大きなリュックサックからおもむろに重箱を取り出すと、そこにはお節料理のような豪勢なお弁当がありました。

びっくりして言葉を失っているA君を尻目に、先生は

「いっぱい作ってきたから、アナタ達も食べなさい!」

と他の児童(僕も含む)を呼びつけた。

こうして、さっきまで一人ぼっちだったA君の周りには、人の輪が出来ました。

この一件以来、A君は少しずつだが確実にクラスに馴染んで行き、卒業の日を迎えました。

卒業式が終わると、A君の母親と思われる人物(忙しいせいか、学校行事で見かけたことは一度も無かった)が、Y先生に涙ながらにお礼の言葉を述べていました。

10年後、教育実習で母校にお世話になった際、当時を知る先生から聞いたのだが、Y先生はA君の給食費や修学旅行費を立て替えてあげ、更には休日にA君の家へ出向き、家庭教師もしていたそうだ。

この話を聞き、10年前の遠足の時、Y先生は初めから『A君が周りと打ち解けられるように』豪勢なお弁当を作って来たのだと確信しました。

厳しくて生徒から嫌われていたY先生があの日見せた『人としての本当のやさしさ』を知り、教育者を目指す身として胸が熱くなった。

関連記事

黒猫(フリー写真)

ぬこさま

今年のGW明けの頃のこと。 前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠…

セイコーマート(フリー写真)

小さな子供達の友情

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。 いつも買い物に来る小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をついて母親と一緒に週二、三度うちの店を訪れる…

スマホを持つ男性(フリー写真)

父からの保護メール

俺は現在高校3年生なんだけど、10月26日に父親が死んだ。 凄く尊敬出来る、素晴らしい父親だった。 だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくっていた。 ※ それから二ヶ月ほ…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

サンタさんから頼まれた

※編注: このお話は、東日本大震災発生から5日後の3月16日に2ちゃんねるに書き込まれました。 ※ 当方、宮城県民。 朝からスーパーに並んでいたのだが、私の前に母親と泣きべそ…

野球ボール(フリー写真)

少年への優しい嘘

アメリカのとある地方に、野球観戦の大好きな、でも目の見えない少年が居ました。 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。 ※ 少年はその選手へファンレターを綴り…

教室の机(フリー写真)

丸坊主だらけの教室

中学生の弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にして来た。 失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と言う。 彼女は今まで病気で入院…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

花嫁(フリー写真)

生きているうちに

大学生の時、友人Aちゃんは彼氏B君と同棲していました。 二人ともまだ学生だったため、両親から 「交際は許すが結婚はまだまだ先の事。責任を持った交際をすること(避妊をしっかり…

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …

花嫁(フリー写真)

血の繋がらない娘

土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。 出会った当時の俺は25歳、嫁は33歳、娘は13歳。 まあ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。 娘も大きかったから、多少ギクシャクし…