兄妹の情

公開日: 兄弟姉妹 | 心温まる話 | 長編

ファミレス(フリー写真)

ファミレスで仕事をしていると、隣のテーブルに親子が座ったんです。

妙に若作りしている茶髪のお母さんと、中学一年生くらいの兄、そして小学校低学年くらいの妹です。

最初はどこにでも居る家族連れだなあ…くらいにしか思ってなかったのですが……驚きました。

母「ほら! 早く決めなさいッ! ったく、トロいんだから!」

お母さんが、デフォルトでキレているのです。

子どもが何をしても、怒鳴りつけるんです。

妹「それじゃ、わたしカレーにするー」

母「そ。わかった」

妹「わたし、カレー好きー」

母「うるさいな! そんなこと聞いてないでしょ!?」

カレー好きって言っただけじゃん!何で、怒鳴るんだよ!?ヽ(`Д´)ノ

お兄さんの方は、もうこのお母さんに呆れているのか、

兄「…………」

無表情でそっぽを向いたまま、一言も喋ろうとしません。注文を決める時も、メニューを指差しただけ。

関わり合いになるのを極力控えているみたいです。

料理が届いてからも、お母さんはキレっ放し。

妹「いただきまーす」

母「黙って食べなさい」

妹「……ショボーン(´・ω・`)」

兄「…………」

ただカチャカチャと鳴り響く、食事の音。

さっさと自分だけ平らげた母親は、タバコを吸いながら携帯を弄り始めました。

やるせねぇ(‘A`)

すると突然、妹が明るい顔をして口を開いたんです。

妹「あ、そだ、お母さん!聞いて聞いてっ!あのね!えとね!今日、学校でね、とってもいいことが……」

母「うるさい!食べてる時は騒がないの!周りの人に迷惑でしょ!」

ちっとも迷惑じゃないよ!うるさいのは、アンタだよ!

寧ろその子の話、聞いてあげてよ!

怒鳴られてびっくりした妹が、カレーをテーブルにほんのちょっと落としちゃったのですが…。

母「あーもー!汚いな!何でちゃんと、食べられないの!?綺麗に食べなさい!綺麗に!あーもームカツク!」

烈火の如く、怒る母。

そんなに怒るほど、こぼしてないだろー!?ヽ(`Д´)ノ

妹「うう…ごめんなさい……」

ブツブツ文句を言いながら、母親は携帯を弄っている。

妹は涙目。兄は一言も喋らずに、黙々と食べています。

まるでお通夜みたいな雰囲気に包まれたテーブル。

こんな食事、楽しいはずがない。

すると、母親の携帯が鳴り始めました。

母「ちょっとお母さん、電話して来るから。サッサと食べちゃってね」

そう言い残して、携帯片手に母は店から出ました。

電話する暇があったら、我が子と喋れよ!

子育てを経験するどころか、恋人も居ない僕には言う資格がないかもしれませんが、それでも言いたい。

もうちょっと、子どもとの接し方ってもんがあるだろ。それじゃ、あまりにも可哀想だろ。子どもがグレてからじゃ遅いんだぞ(`Д´)

と、隣のテーブルで、私はキレまくっていたのですが……。

妹の様子を見て、怒りも吹き飛びました。

その子は涙目のまま、一生懸命カレーを食べていたんです。

お母さんの言いつけを守りたいから、ゆっくり食べていたら怒られてしまうから……味わう余裕もないぐらい、急いで食べていたのです。

でも、もともと食べるのが遅い子なのでしょう。焦っているからか、口の周りをべそべそに汚してしまっていて……。

きっと、それをまた怒られてしまうのに、それすらも気付かずに必死にカレーをかき込んでいたのです。

目にいっぱい涙を溜めて。一生懸命に。

もうね、この世には親子の情はないのかと、寂しい気持ちになってしまいましたよ。

あんなお母さんはやめて、お兄さん家の子になれと、そう言って抱き締めてあげたくなったほどです。

その時、一言も喋らなかった兄がボソッと言ったのです。

兄「……そんなに急がなくてもいいよ」

妹「え?」

兄「ゆっくり食べな」

妹「で、でも……お母さんが」

兄「いいから。好きなんだろ、それ」

妹「うんっ」

兄は、チラッと母親が出て行った出口の方を確認しつつ…。

兄「で? 何があったって?」

妹「???」

兄「学校でいいことあったんだろ」

妹「う…うんっ!あのね!えとね!今日学校でね!」

妹は楽しげに喋り始めました。他愛もないことだったのですが、とっても嬉しそうに。

きっと、聞いてもらえるだけで嬉しいのでしょう。さっきまで涙目だったのに、満面の笑みを浮かべています。

兄は、にこりともせずに話を聞いてあげていたのですが、

兄「そっか。良かったな」

と言って、妹のべそべそになった口元を拭いてあげたのでした。

親子の情は見えなくとも、兄妹の情はちゃんとありました。

きっと、この二人は真っ当に育つと思います。

関連記事

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

倉庫(フリー写真)

おじさんとの約束

数年前の話です。 僕が大学生の頃、日雇いのアルバイトをしていました。 事務所に電話で翌日のアルバイトの予約をして、現場に行って働いていました。 主にやっていた仕事は…

エルトゥールル号遭難慰霊碑

エルトゥールル号の奇跡

和歌山県の南端に大島がある。その東には、明治三年に出来た樫野崎灯台があり、現在も断崖の上に建っている。 明治23年9月16日の夜、台風が大島を襲った。 ビュワーン・ビュワー…

教室(フリー写真)

お母さんの匂い

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。 先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 …

青い花(フリー写真)

良い香りに包まれる

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…