母さんのふり

公開日: 心温まる話 |

桜吹雪(フリー写真)

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。

『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』

と思いながらも、電話に出てみた。

そしたら、

「もしもし? 俺だけど母さん?」

と相手が言ってきた。

相手は、俺より若そうな男の声だった。

俺はオレオレ詐欺だと判断した。

何より自分を「俺」と言ってるのが決め手だった。

普通ならそこで「違います」と言って切るのが良かったのだろうけど、暇だったし相手をおちょくってやろうと思った。

それで、下手な声真似で

「ああ、あんたかい?」

と言ってみた。

バレるかと思ったけど、不思議とバレなかった。

相手は話を続けた。

「やっと就職先決まったんだけど」

と言った。

俺は『このまま金請求される流れだなあ』と思いながらも話を聞き続けた。

「母さんも一緒に仕事探してくれてありがとう」

と言ってきた。

俺はふと思った。

オレオレ詐欺にしては、話を制定し過ぎている。

母さんが仕事探してくれたかなんて、分からないはず。

しかし俺も深くは考えず、話を聞き続けた。

相手は、ひたすら母さんとの思い出を語り続けた。

途中で「聞いてる?」と言ってきたから、急いで声を作って返事をした。

『仕事が決まっただけでこんなにも語るか?』と思った。

でも相手は、楽しそうに話を続けるんだ。

一時間近く経ち、相手は

「ああ、もうこんな時間か。また明日かけるね」

と言い、電話を切った。

その日、俺は不思議な気持ちでいた。

次の日の午前10時頃、電話がかかってきた。

やはり昨日の人で、

「これから仕事に行って来るよ」

と言う。

俺は何故か分からないが、

「うん、頑張ってね」

と言った。

午後10時くらいだったか、また電話がかかってきた。

その日も延々と思い出話を語っていた。

ただ、昨日と違ったのは、口癖のように

「あの時は…」

を繰り返していた。

俺はその後、寝てしまっていた。

次の日(日曜日)の朝、また電話がかかってきた。

「昨日も長々と喋ってごめんね」

と言い、また話をし始めた。

俺が思ったのは『よくこんなに喋れるなあ』ということだった。

その電話で、思い出話を終えたように話し終えた。

「じゃあまたね」

と言い、相手は電話を切った。

その後、電話はかかってこなかった。

何だか寂しい気持ちになった。

次の日起きたら、留守電が入っていた。

聞いてみると、

「昨日まで母さんのふりしてくれて、ありがとうございました。

お母さんが生き返ったみたいで、本当に楽しかったです…。

でも昨日、僕はずっと誰かに頼って生きてるんだなと実感しました。

これからは、一人で生きて行けるようにしたいと思います。

こんなくだらない会話に付き合ってくれて、本当にありがとうございました」

何故だか、ポロポロと涙が溢れてきた。

俺も、一人で生きなくちゃな。

関連記事

バイキングのお皿(フリー写真)

埃まみれのパンチパーマ

阪神大震災後の話。 当時、俺はあるファミレスの店員をしていて、震災後はボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供する事になった。 開店と同時に満席になって待ち列が出…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

太陽(フリー写真)

一身独立

私が小さな建築関係のメーカーの担当営業をしていた頃の話です。 私の担当区域には、小さな個人商店がありました。 先代の社長を亡くし、若くして社長になった社長には二人の男の子が…

親子(フリー写真)

知ってるよ

「結婚したい子が出来た」 とオヤジに言ったら、数日後に 「大事な話がある」 と言われ、家族会議になった。 今までに無い、真剣な顔で…。 父「実は、俺と…俺…

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…

電車の車内(フリー写真)

みんな同じ

俺の娘は今年、4歳になる。 嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶は無い。 今まで母親のことはあまり話題にせず避けて来たのだが、この間ちょっと考えさせら…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

結婚式(フリー写真)

もしもし、お母さん

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終えた母は、私の手を握り真っ直ぐ目を見つめてこう言った。 「私にとって、みおは本当の娘だからね」 ドキリとした。 …

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…