母さんのふり

公開日: 心温まる話 |

桜吹雪(フリー写真)

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。

『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』

と思いながらも、電話に出てみた。

そしたら、

「もしもし? 俺だけど母さん?」

と相手が言ってきた。

相手は、俺より若そうな男の声だった。

俺はオレオレ詐欺だと判断した。

何より自分を「俺」と言ってるのが決め手だった。

普通ならそこで「違います」と言って切るのが良かったのだろうけど、暇だったし相手をおちょくってやろうと思った。

それで、下手な声真似で

「ああ、あんたかい?」

と言ってみた。

バレるかと思ったけど、不思議とバレなかった。

相手は話を続けた。

「やっと就職先決まったんだけど」

と言った。

俺は『このまま金請求される流れだなあ』と思いながらも話を聞き続けた。

「母さんも一緒に仕事探してくれてありがとう」

と言ってきた。

俺はふと思った。

オレオレ詐欺にしては、話を制定し過ぎている。

母さんが仕事探してくれたかなんて、分からないはず。

しかし俺も深くは考えず、話を聞き続けた。

相手は、ひたすら母さんとの思い出を語り続けた。

途中で「聞いてる?」と言ってきたから、急いで声を作って返事をした。

『仕事が決まっただけでこんなにも語るか?』と思った。

でも相手は、楽しそうに話を続けるんだ。

一時間近く経ち、相手は

「ああ、もうこんな時間か。また明日かけるね」

と言い、電話を切った。

その日、俺は不思議な気持ちでいた。

次の日の午前10時頃、電話がかかってきた。

やはり昨日の人で、

「これから仕事に行って来るよ」

と言う。

俺は何故か分からないが、

「うん、頑張ってね」

と言った。

午後10時くらいだったか、また電話がかかってきた。

その日も延々と思い出話を語っていた。

ただ、昨日と違ったのは、口癖のように

「あの時は…」

を繰り返していた。

俺はその後、寝てしまっていた。

次の日(日曜日)の朝、また電話がかかってきた。

「昨日も長々と喋ってごめんね」

と言い、また話をし始めた。

俺が思ったのは『よくこんなに喋れるなあ』ということだった。

その電話で、思い出話を終えたように話し終えた。

「じゃあまたね」

と言い、相手は電話を切った。

その後、電話はかかってこなかった。

何だか寂しい気持ちになった。

次の日起きたら、留守電が入っていた。

聞いてみると、

「昨日まで母さんのふりしてくれて、ありがとうございました。

お母さんが生き返ったみたいで、本当に楽しかったです…。

でも昨日、僕はずっと誰かに頼って生きてるんだなと実感しました。

これからは、一人で生きて行けるようにしたいと思います。

こんなくだらない会話に付き合ってくれて、本当にありがとうございました」

何故だか、ポロポロと涙が溢れてきた。

俺も、一人で生きなくちゃな。

イチゴのショートケーキ(フリー写真)

イチゴショートと女の子

俺がケーキ屋で支払いをしていると、自動ドアが開いて、幼稚園児くらいの女の子が入って来た。 女の子は一人で買い物に来たらしく、極度の緊張からか、頬を赤く染め真剣な眼差しで店員に …

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

野球道具(フリー写真)

野球と夢

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。 岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。 1点勝ち越されたが、味方が追い付…

サーカス(フリー写真)

ほどこしと親切

私がまだ十代の頃の話です。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 私たちの前に居るのは、ようやくあと一家族だけとなりました。 私…

野球ボール(フリー写真)

頑張ったよ

常葉大菊川(静岡)と14日に対戦し、敗れた日南学園(宮崎)。 左翼手の奥野竜也君(3年)は、がんで闘病中の母への思いを胸に、甲子園に立った。 竜也君が中学1年生の秋、ゆか…

終電の車内(フリー写真)

親切の輪

終電の発車間際に切符なしで飛び乗り、車掌さんが回って来た時に切符を買おうと財布を出そうとしたが、財布がなかった。小銭入れもない。 どこかで落としたのだろうか。 途方に暮れた…

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

結婚指輪(フリー写真)

会社対抗クイズ

近所に住んでいるご夫婦の話です。 その夫婦には子供が居らず、そのせいか私は子供の頃から可愛がってもらっていました。 おじさんは無口な土建屋の事務員。おばさんは自宅で商売をし…

子犬(フリー写真)

子犬を買いに来た男の子

あるペットショップの店頭に『子犬セール中!』の札が掛けられました。 子犬と聞くと子供はとても心をそそられるものです。 暫くするとやはり、男の子が店に入って来ました。 …

警察官の方(フリー写真)

人と人との出会い

何年か前の、5月の連休中のこと。 あるご夫婦がライトバンのレンタカーを借り、佐賀から大分県の佐伯(さいき)市を目指して出掛けた。 佐伯市からは夜23時に四国行きのフェリーが…