気付かないふり

公開日: 心温まる話 | 恋愛

カップル(フリー写真)

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。

彼女は全盲でした。

それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。

俺は凄くびっくりしました。そして同時に、めちゃくちゃ悲しくもなりました。

助けてあげたい、何でも良いから、俺は彼女の力になりたかったのです。

今にして思えば、それは俺のエゴだったんですけどね。

彼女は、自分が全盲である事をあまり意識されたくないようでした。

俺が出来る事は、彼女のピアノを聴いてあげる事と、日頃の悩みや、その日にあった出来事を聞いてあげる事でした。

そんな事をしている内に、俺は彼女の優しさや強さに惹かれて行きました。

そしてイブの夜、クリスマスパーティーの帰り。

彼女が車を待つ間に思い切って告白しました。

「大好きだ」ってね。

そしたら彼女が、もう少し近付いて欲しいと言うんです。

俺は言われるまま近付きました。そしたら…。

彼女は優しく俺の顔に両手で触れたと思ったら、そのまま唇を合わせたんです。

全盲の子ですよ? 俺は嬉しさと驚きと、とにかく色々な感情が湧き起こって来て、泣きました。

いつも彼女に「泣くのは格好悪い」と言っていたのに。

泣いているのは間違いなく声でバレているのに、彼女は気付かないふりをしてくれました。

その後、彼女は色々な経緯を経て手術をする事になり、暫く離れ離れになりました。

その間、俺はめちゃくちゃ不安で潰れそうでした。

ただひたすら、手術の成功を祈り続ける毎日。

失敗したらどうなるかは教えてもらえなかったし、怖くて調べなかった。

そんな勇気はさっぱり無かったんです。

そして、祈りが通じたのかな。手術は成功して、彼女の目に光が戻りました。

その後、初めて俺と会った時、彼女は俺の事をこれでもかというほど抱き締めてくれました。

手術が不安な時、俺に励まされた事を思い出していたと言ってくれました。俺はこの時も泣いてしまいました。

「もう気付かないふりできないからね」

俺はそのセリフに感動して、彼女の事を負けないくらい抱き締めて、それでその時に初めて俺の方から彼女にキスしました。

今でも彼女とは仲良くやっています。

関連記事

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

日記帳(フリー写真)

天国の恩人

私はキャバクラ嬢でした。 家がとても貧乏で、夜に働きながら大学へ行きました。 そんな私の初めてのお客様。 Yさん、70歳のお爺ちゃんです。 彼はとても口下手で、…

ディズニーランド(フリー写真)

ディズニーランドの星

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、一人の男性が暗い顔でやって来ました。 「あの…落とし物をしてしまって」 「どういったものでしょうか?」 「サイン帳です…

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…

バイク(フリー写真)

最高の子供達

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使うスーパーカブを無免で持ち出し、親父に顔の形が変わるほどぶん殴られて以来のバイク好きだった。 カブから始まり、モンキー、FX、C…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…