気付かないふり

公開日: 心温まる話 | 恋愛

カップル(フリー写真)

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。

彼女は全盲でした。

それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。

俺は凄くびっくりしました。そして同時に、めちゃくちゃ悲しくもなりました。

助けてあげたい、何でも良いから、俺は彼女の力になりたかったのです。

今にして思えば、それは俺のエゴだったんですけどね。

彼女は、自分が全盲である事をあまり意識されたくないようでした。

俺が出来る事は、彼女のピアノを聴いてあげる事と、日頃の悩みや、その日にあった出来事を聞いてあげる事でした。

そんな事をしている内に、俺は彼女の優しさや強さに惹かれて行きました。

そしてイブの夜、クリスマスパーティーの帰り。

彼女が車を待つ間に思い切って告白しました。

「大好きだ」ってね。

そしたら彼女が、もう少し近付いて欲しいと言うんです。

俺は言われるまま近付きました。そしたら…。

彼女は優しく俺の顔に両手で触れたと思ったら、そのまま唇を合わせたんです。

全盲の子ですよ? 俺は嬉しさと驚きと、とにかく色々な感情が湧き起こって来て、泣きました。

いつも彼女に「泣くのは格好悪い」と言っていたのに。

泣いているのは間違いなく声でバレているのに、彼女は気付かないふりをしてくれました。

その後、彼女は色々な経緯を経て手術をする事になり、暫く離れ離れになりました。

その間、俺はめちゃくちゃ不安で潰れそうでした。

ただひたすら、手術の成功を祈り続ける毎日。

失敗したらどうなるかは教えてもらえなかったし、怖くて調べなかった。

そんな勇気はさっぱり無かったんです。

そして、祈りが通じたのかな。手術は成功して、彼女の目に光が戻りました。

その後、初めて俺と会った時、彼女は俺の事をこれでもかというほど抱き締めてくれました。

手術が不安な時、俺に励まされた事を思い出していたと言ってくれました。俺はこの時も泣いてしまいました。

「もう気付かないふりできないからね」

俺はそのセリフに感動して、彼女の事を負けないくらい抱き締めて、それでその時に初めて俺の方から彼女にキスしました。

今でも彼女とは仲良くやっています。

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

ウェディングドレス姿の女性(フリー写真)

可愛い一人娘

この前、一人娘が嫁に行った。 目に入れても痛くないと断言できる一人娘が嫁に行った。 結婚式で「お父さん、今までありがとう。大好きです」と言われた。 相手側の親も居た…

ノートパソコン(フリー写真)

憶えていてくれるかなあ

君が死んでから、もう一年が経つ。 君は今も僕を、見守ってくれているのかな? 君は僕にとって、生まれて初めて出来た彼女だった。 凄く嬉しくて、幸せだったなあ。 突…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

ラグビー場(フリー写真)

ラグビーと恩師

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。 中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。 しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばか…