気付かないふり

公開日: 心温まる話 | 恋愛

カップル(フリー写真)

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。

彼女は全盲でした。

それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。

俺は凄くびっくりしました。そして同時に、めちゃくちゃ悲しくもなりました。

助けてあげたい、何でも良いから、俺は彼女の力になりたかったのです。

今にして思えば、それは俺のエゴだったんですけどね。

彼女は、自分が全盲である事をあまり意識されたくないようでした。

俺が出来る事は、彼女のピアノを聴いてあげる事と、日頃の悩みや、その日にあった出来事を聞いてあげる事でした。

そんな事をしている内に、俺は彼女の優しさや強さに惹かれて行きました。

そしてイブの夜、クリスマスパーティーの帰り。

彼女が車を待つ間に思い切って告白しました。

「大好きだ」ってね。

そしたら彼女が、もう少し近付いて欲しいと言うんです。

俺は言われるまま近付きました。そしたら…。

彼女は優しく俺の顔に両手で触れたと思ったら、そのまま唇を合わせたんです。

全盲の子ですよ? 俺は嬉しさと驚きと、とにかく色々な感情が湧き起こって来て、泣きました。

いつも彼女に「泣くのは格好悪い」と言っていたのに。

泣いているのは間違いなく声でバレているのに、彼女は気付かないふりをしてくれました。

その後、彼女は色々な経緯を経て手術をする事になり、暫く離れ離れになりました。

その間、俺はめちゃくちゃ不安で潰れそうでした。

ただひたすら、手術の成功を祈り続ける毎日。

失敗したらどうなるかは教えてもらえなかったし、怖くて調べなかった。

そんな勇気はさっぱり無かったんです。

そして、祈りが通じたのかな。手術は成功して、彼女の目に光が戻りました。

その後、初めて俺と会った時、彼女は俺の事をこれでもかというほど抱き締めてくれました。

手術が不安な時、俺に励まされた事を思い出していたと言ってくれました。俺はこの時も泣いてしまいました。

「もう気付かないふりできないからね」

俺はそのセリフに感動して、彼女の事を負けないくらい抱き締めて、それでその時に初めて俺の方から彼女にキスしました。

今でも彼女とは仲良くやっています。

関連記事

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

サイコロ(フリー写真)

あがり

俺は小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。 当初は見知らぬ土地に来てまだ間も無いため、当然友達も居ない。 いつしか俺はノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中…

父と娘(フリー写真)

娘の望み

彼は今日も仕事で疲れ切って、夜遅くに帰宅した。 すると、彼の5歳になる娘がドアの所で待っていたのである。 彼は驚いて言った。 父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く…

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …

妊婦さん(フリー写真)

普通の一家の物語

その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子が居た。 細身の娘が好みだったので声を掛け、程なく恋仲に。 ある日、 「心臓に大穴が空いていて、苦しい。 子供も…

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

結婚式(フリー写真)

式場の奇跡

当時付き合ってた恋人(現在の嫁)が突然、心因性発声障害という病に罹りました。 当日は遊びに行く予定だったのですが、彼女の方からLINEで断りのメッセージ。 どんな些細な事で…

野球道具(フリー写真)

野球と夢

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。 岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。 1点勝ち越されたが、味方が追い付…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…