気付かないふり

公開日: 心温まる話 | 恋愛

カップル(フリー写真)

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。

彼女は全盲でした。

それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。

俺は凄くびっくりしました。そして同時に、めちゃくちゃ悲しくもなりました。

助けてあげたい、何でも良いから、俺は彼女の力になりたかったのです。

今にして思えば、それは俺のエゴだったんですけどね。

彼女は、自分が全盲である事をあまり意識されたくないようでした。

俺が出来る事は、彼女のピアノを聴いてあげる事と、日頃の悩みや、その日にあった出来事を聞いてあげる事でした。

そんな事をしている内に、俺は彼女の優しさや強さに惹かれて行きました。

そしてイブの夜、クリスマスパーティーの帰り。

彼女が車を待つ間に思い切って告白しました。

「大好きだ」ってね。

そしたら彼女が、もう少し近付いて欲しいと言うんです。

俺は言われるまま近付きました。そしたら…。

彼女は優しく俺の顔に両手で触れたと思ったら、そのまま唇を合わせたんです。

全盲の子ですよ? 俺は嬉しさと驚きと、とにかく色々な感情が湧き起こって来て、泣きました。

いつも彼女に「泣くのは格好悪い」と言っていたのに。

泣いているのは間違いなく声でバレているのに、彼女は気付かないふりをしてくれました。

その後、彼女は色々な経緯を経て手術をする事になり、暫く離れ離れになりました。

その間、俺はめちゃくちゃ不安で潰れそうでした。

ただひたすら、手術の成功を祈り続ける毎日。

失敗したらどうなるかは教えてもらえなかったし、怖くて調べなかった。

そんな勇気はさっぱり無かったんです。

そして、祈りが通じたのかな。手術は成功して、彼女の目に光が戻りました。

その後、初めて俺と会った時、彼女は俺の事をこれでもかというほど抱き締めてくれました。

手術が不安な時、俺に励まされた事を思い出していたと言ってくれました。俺はこの時も泣いてしまいました。

「もう気付かないふりできないからね」

俺はそのセリフに感動して、彼女の事を負けないくらい抱き締めて、それでその時に初めて俺の方から彼女にキスしました。

今でも彼女とは仲良くやっています。

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…

手話(フリーイラスト素材)

手話の先生

小学生の頃、難聴の子がクラスに居た。 補聴器を付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子だった。 彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしていなかったけど、友達は居なかっ…

3508 かしま(出典: 海上自衛隊ギャラリー)

かしま艦長の見事な対応

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。 翌日の5日に英国の豪華客船…

指切り(フリー写真)

幸せをありがとう

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…