彼女に振られた理由

公開日: 心温まる話 | 恋愛 | 長編

カップル(フリー写真)

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。

「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」

就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。

俺は本当に彼女が好きだったし、浮気も勿論したことがない。

そりゃ俺は格別イイ男って訳じゃなかったけど、彼女のことは本当に大事にしていたつもりだった。

なのに、すっげーあっさりスッパリやられた。

どうにもこうにも収まりが付かなくて、電話するも着信拒否。家に行ってもいつも留守。バイト先も辞めていた。

徹底的に避けられた。

もうショックですげー荒れた。仕事に打ち込みまくった。

それから半年、お陰で同期の中でダントツの出世頭になっていた。

彼女の事も少しずつ忘れ始めていた、そんなある日。

携帯に知らない番号から電話が掛かって来た。

最初は悪戯だと思って無視していたんだけど、何回も掛かって来る。

仕方が無いから出た。

別れた彼女の妹を名乗る女からだった。

その女が俺に言った。

「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」

…彼女は白血病に罹っていて、入院していた。

ドナーがやっと見つかったものの、状態は非常に悪く、手術をしても助かる確率は五分五分だという。

入院したのは俺と別れた直後だった。

俺は病院へ駆け付けた。

無菌室に居る彼女をガラス越しに見た瞬間、俺は周りの目を忘れて怒鳴った。

「お前、何勝手な真似してんだよっ!俺はそんなに頼りないかよっ!!」

彼女は俺の姿を見て、暫く呆然としていた。

どうして俺がここに居るのか解らない、という顔だった。

その姿は本当に小さくて、今にも消えてしまいそうだった。

でも、すぐに彼女はハッと我に返った顔になり、険しい顔でそっぽを向いた。

俺はその場に泣き崩れた。堪らなかった。

この期に及んでまだ意地を張る彼女の心が。

愛しくて、悲しくて、涙が止まらなかった。

その日から手術までの2週間、俺は毎日病院に通った。

けれど、彼女は変わらず頑なに俺を拒絶し続けた。

そして手術の日。俺は会社を休んで病院へ行った。

俺が病院に着いた時には、もう彼女は手術室の中だった。

手術は無事成功。しかし安心は出来なかった。

抗生物質を飲み、経過を慎重に見なくてはならないと医者が言った。

俺は手術後も毎日病院に通った。

彼女は、ゆっくりではあるけれど、回復して行った。

そして彼女は、相変わらず俺の顔も見ようとしなかった。

ようやく退院出来る日が来た。

定期的に検査のため通院しなくてはならないし、薬は飲まなくてはならないけれど、日常生活を送れるまでに彼女は回復した。

俺は当然、彼女に会いに行った。お祝いの花束と贈り物を持って。

「退院、おめでとう」

そう言って、花束を手渡した。彼女は無言で受け取ってくれた。

俺はポケットから小さい箱を取り出して中身を見せた。

俗に言う給料の3ヶ月分ってヤツ。

「これももらって欲しいんだけど。俺、本気だから」

そう言ったら、彼女は凄く驚いた顔をしてから、俯いた。

「馬鹿じゃないの」

彼女の肩が震えていた。

「うん、俺馬鹿だよ。お前がどんな思いしてたかなんて全然知らなかった。本当にごめん」

「私、これから先だってどうなるか分からないんだよ?」

「知ってる。色々これでも勉強したから。

で、どうかな? 俺の嫁さんになってくれる?」

彼女は顔を上げて、涙いっぱいの目で俺を見た。

「ありがとう」

俺は彼女を抱き締めて、一緒に泣いた。

うちの親には反対されたけど、俺は彼女と結婚した。

それから2年。

あまり体は強くないけれど、気は人一倍強い嫁さんの尻に敷かれてる俺が居る。

子供もいつか授かれば良いな、という感じで無理せず暢気に構えている。

後日談

嫁さんのお腹に新しい命が宿っていることが判った。

「子供は授かりものだから、無理しないでのんびり構えとこう」

などと言ってはいたものの、正直諦め気味だった。

まだ豆粒みたいな大きさなのだろうけど、俺と嫁さんの子供が嫁さんのお腹の中に居る。

そう思っただけで、何か訳の解らない熱いものが胸の奥から込み上げて来て、泣いた。

嫁さんも泣いていた。

実家に電話したら、結婚の時にあれだけ反対していたうちの親まで泣き出した。

「良かったなぁ、良かったなぁ。神様はちゃんとおるんやなぁ」

と言っていた。

嫁さんの親御さんは、

「ありがとう、ありがとう」

と泣いていた。みんなで泣きまくり。

嫁さんは身体があまり丈夫じゃないから、産まれるまで色々大変だろうけど、俺は死ぬ気で嫁さんと子供を守り抜く。

誰よりも強いお父さんになってやる。

でも、今だけはカッコ悪く泣かせて欲しい。

関連記事

浜辺の母娘(フリー写真)

天国へ持って行きたい記憶

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか? 自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。 高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しに…

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…

サーカス(フリー写真)

ほどこしと親切

私がまだ十代の頃の話です。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 私たちの前に居るのは、ようやくあと一家族だけとなりました。 私…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

オムライス(フリー写真)

本当の友達

二十年ほど前の話。 当時、俺の家は片親で凄く貧乏だった。 子供三人を養うために、母ちゃんは夜も寝ないで働いていた。 それでもどん底の生活だった…。 俺は中学を卒…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…