命懸けで教えてくれた事

公開日: 友情 | 心温まる話

妊婦さんのお腹(フリー写真)

13年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生という名のろくでなしだった。

自己愛性人格障害の父親に反発しつつも、影響をもろに受けていた。

プライドばかり高く、傲慢さを誇りと取り違え、感謝の気持ちを知らない鼻持ちならない奴だった。

そんな時、俺は交通事故を起こした。

原付で90歳のお爺さんにぶつけてしまったのだ。

夜中とは言え、横断歩道を渡っていたのに直前まで気が付かなかったこちらのミス。

地元の名士だったらしく、集まって来た付近の住民たちが口々に俺を責め立てる。

救急車で運ばれるお爺さん。

オタつきながら俺はこう考えていた。

『これで前科者か? どうしよう…。死んじまったら補償が…』

下衆だった。

どうしようもなく。

一緒に走っていた友人に付き添われ、逃げ出したい衝動を堪えつつ病院まで付いて行った。

この友人は、警察の事情聴取にまで付き合ってくれた。

そして略式裁判。

思ったより処分は軽かった。

弁護士だったお爺さんが、減刑嘆願したのだと判事が教えてくれた。

お爺さんが退院したと聞き、菓子折を持って友人と見舞いに行った。

その時、お爺さんはこう語った。

「事故を起こして怖い、逃げ出したい。そう考えてもおかしくないのに、君は頑張ってくれた。そんな若者を前科者にしたくはなかった。それに『次は僕が頑張る番』だと思えたからね」

奥さんに聞いた話では、事故で脳内出血を誘発しかけたらしい。

そんな状況で、こちらの事まで気にかけてくれたとは…。

雷に打たれたような衝撃を受けた。

それまで俺は、

『正直に生きるのは馬鹿』

だと教えられ、そう信じていた。

だがお爺さんは(そして友人は)、このどうしようもない若者に教えてくれたのだ。

『誤魔化すな。人には誠意でぶつかれ』

と、命を張って…。

2年後、地元に近い県庁所在地の市役所に就職が決まった。

真っ先にお爺さんに報告したかった。

お爺さんは健在だった。

そして戦前の官庁勤めの経験から、こう語ってくれた。

「欲や誘惑に走るな。市民のために尽くせ」

やれ出世だ高給だ、要領良くとしか言わない親とは大違いだった。

それから更に月日は流れた。

お爺さんや友人とも距離が離れたせいか疎遠になってしまった。

今でも『お爺さんに教わった生き方が出来ているだろうか…』と考える。

出来ていなければせめて伝えよう。

父親として娘に、妻の胎内の子に。

友人に恵まれたこと、こんな気骨の士に巡り会えた事を。

そして…お爺さんが命懸けで教えてくれた事を。

関連記事

教室(フリー写真)

先生がくれた宝物

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。 先生は塾の英語の担当教師でした。 とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。 そんな先生の事が私はとても大好き…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …

チョコレート(フリー写真)

チョコをくれたお姉さん

少し嬉しかった話。 去年の冬、高校受験もラストスパートの時の話。 中学の成績はなかなかだったから、志望校は進学校にした。 しかし中学3年生になってから全然成績が上がら…

浜辺で子供を抱き上げる父親(フリー写真)

不器用な親父

俺の親父は仕事一筋で、俺が小さな頃に一緒にどこかへ行ったなんて思い出は全く無い。 何て言うのかな…俺にあまり関わりたがらないような人って感じ。 俺は次男だったんだけど、兄貴…

倉庫(フリー写真)

おじさんとの約束

数年前の話です。 僕が大学生の頃、日雇いのアルバイトをしていました。 事務所に電話で翌日のアルバイトの予約をして、現場に行って働いていました。 主にやっていた仕事は…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

教室(フリー背景素材)

同級生の思いやり

うちの中学は新興住宅地で殆どが持ち家、お母さんは専業主婦という恵まれた家庭が多かった。 育ちが良いのか、虐めや仲間はずれなどは皆無。 クラスに一人だけ、貧乏を公言する男子が…

運動会(フリー写真)

素敵なお弁当

小学校高学年の時、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役が回って来た。 確かに、良く言えば利発な子供だったと思う。 もう一人のできる…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…