命懸けで教えてくれた事

公開日: 友情 | 心温まる話

妊婦さんのお腹(フリー写真)

13年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生という名のろくでなしだった。

自己愛性人格障害の父親に反発しつつも、影響をもろに受けていた。

プライドばかり高く、傲慢さを誇りと取り違え、感謝の気持ちを知らない鼻持ちならない奴だった。

そんな時、俺は交通事故を起こした。

原付で90歳のお爺さんにぶつけてしまったのだ。

夜中とは言え、横断歩道を渡っていたのに直前まで気が付かなかったこちらのミス。

地元の名士だったらしく、集まって来た付近の住民たちが口々に俺を責め立てる。

救急車で運ばれるお爺さん。

オタつきながら俺はこう考えていた。

『これで前科者か? どうしよう…。死んじまったら補償が…』

下衆だった。

どうしようもなく。

一緒に走っていた友人に付き添われ、逃げ出したい衝動を堪えつつ病院まで付いて行った。

この友人は、警察の事情聴取にまで付き合ってくれた。

そして略式裁判。

思ったより処分は軽かった。

弁護士だったお爺さんが、減刑嘆願したのだと判事が教えてくれた。

お爺さんが退院したと聞き、菓子折を持って友人と見舞いに行った。

その時、お爺さんはこう語った。

「事故を起こして怖い、逃げ出したい。そう考えてもおかしくないのに、君は頑張ってくれた。そんな若者を前科者にしたくはなかった。それに『次は僕が頑張る番』だと思えたからね」

奥さんに聞いた話では、事故で脳内出血を誘発しかけたらしい。

そんな状況で、こちらの事まで気にかけてくれたとは…。

雷に打たれたような衝撃を受けた。

それまで俺は、

『正直に生きるのは馬鹿』

だと教えられ、そう信じていた。

だがお爺さんは(そして友人は)、このどうしようもない若者に教えてくれたのだ。

『誤魔化すな。人には誠意でぶつかれ』

と、命を張って…。

2年後、地元に近い県庁所在地の市役所に就職が決まった。

真っ先にお爺さんに報告したかった。

お爺さんは健在だった。

そして戦前の官庁勤めの経験から、こう語ってくれた。

「欲や誘惑に走るな。市民のために尽くせ」

やれ出世だ高給だ、要領良くとしか言わない親とは大違いだった。

それから更に月日は流れた。

お爺さんや友人とも距離が離れたせいか疎遠になってしまった。

今でも『お爺さんに教わった生き方が出来ているだろうか…』と考える。

出来ていなければせめて伝えよう。

父親として娘に、妻の胎内の子に。

友人に恵まれたこと、こんな気骨の士に巡り会えた事を。

そして…お爺さんが命懸けで教えてくれた事を。

関連記事

運動会(フリー写真)

素敵なお弁当

小学校高学年の時、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役が回って来た。 確かに、良く言えば利発な子供だったと思う。 もう一人のできる…

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

桜(フリー写真)

天国のお父さんへ

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学する頃のことでした。 周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

飛行機の座席(フリー写真)

ファーストクラス

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何かありましたか?」 「あなた、解らないの…

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

野球ボール(フリー写真)

少年への優しい嘘

アメリカのとある地方に、野球観戦の大好きな、でも目の見えない少年が居ました。 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。 ※ 少年はその選手へファンレターを綴り…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…