大切な幼馴染

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

教室(フリー写真)

私には、大好きな男の子がいた。

その子は幼馴染で、小さな頃からずっと一緒だった。

私はいつも支えてくれた彼が大好きだった。

でも、彼は自ら命を絶った。

首を吊り自殺した。

理由は、虐め。

彼は頭も良く、運動神経も良くて女子とも仲が良かった。

そのせいで、他の男子の嫉妬が向けられたのだ。

男子達が彼を無視し始め、悪口を言い始めた。

そうすると、仲の良かった女子達は離れて行き、次第に彼は独りになって行った。

そうして追い詰められ、彼は最悪の決断をした。

私は追い詰められる彼を見て、何も出来なかった。

直接、無視した訳でもない。

ても、彼の悪口に反論が出来なかった。

自分も虐められたくなくて…。

彼は、私を助けてくれたのに。

昔、虐められていた私を庇ってくれたのに。

私は弱くて、怖くて、彼を助けられなかった。

彼の家に行った私は、彼のお母さんの前で泣き崩れた。

ごめんなさい、ごめんなさい。

そう言い続けていた。

そんな私に、彼のお母さんは言ってくれた。

「あの子、あなたのこと恨んでなかった。

突然、他の子の話をしなくなった時でも、あなたの話はずっと楽しそうに話してた。

あの子は言ってた。

あなたはずっと、大切な幼馴染だって。

親友なんだって」

その話を聞いた私は、泣いた。

ずっと、声を上げて泣き続けた。

ごめんね。

助けられなくてごめん。

でも、今度はちゃんと助ける。

彼みたいな人がいたら、今度こそ助けてみせる。

もう、弱い自分とはさよならするから。

私はこの出来事がきっかけで変わりました。

引っ込み思案で、気が弱い私をやめました。

よく言いますよね。

勇気を振り絞るのは一瞬だけど、後悔は一生残る、と。

本当に、その通りだと思いました。

勇気を出すことに躊躇ったら、一生後悔が残ってしまう。

だからこそ、勇気を出すんです。

少しだけでいい。

ほんの少しだけでいいから、勇気を出してみてください。

そうすれば、未来は変わります。

後悔を作りません。

私と同じ思いをする人が、一人でも減りますように。

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

指切り(フリー写真)

幸せをありがとう

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

会いたい気持ち

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は父方の祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家に連れて行った。 家具や荷物がいっぱい置いてあ…