忘れられない誕生日

公開日: 仕事 | 夫婦 | 心温まる話

会議室(フリー写真)

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。

毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。

何度か昇格をして、部下が何人か居る。

重要な仕事も任されるようになっていた。

今まで仕事第一で、嫁には寂しい思いをさせて来た。

今年は結婚して5年目、お互いの誕生日には食事にでも行こうと約束した。

今まで支えてくれたお礼に、嫁が行きたがっていた高級レストランに行くことにした。

嫁が電話したら奇跡的に予約が取れたらしい。

事前に会社にも伝えていたが、当日も朝早くから同僚や部下達に、今日は早く上がると伝えていた。

しかし夕方頃、外出中の部下から信じられない電話が入った。

一番の取引先に対して、有り得ないミスをしたらしい。

すぐに取引先の部長さんと電話で話をしたが、普段温厚な方が物凄い勢いで激怒していた。

とにかく取引先の工場へ行き、責任者に謝罪をしてから本社に来てくれと言われた。

急いで工場に向かい、落ち合った部下と共にとにかく謝罪した。

取引先の部長さんと詳細を話していたからなのか、工場の責任者とはすぐに話が終わった。

取引先の本社に向かう途中で嫁に連絡を入れた。

「大変な状況みたいだから仕方ないよ。レストランの予約はキャンセルしておくね」

嫁は俺の立場を解ってくれていたけど、やはり残念そうだった。

申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、それどころではなかった。

受付で第一会議室へと案内された。

一番端にある、一番大きい会議室だ。

取引先の主要社員が数名待機しているのだろう。

ドアの前で一度深呼吸をして、気持ちを落ち着かせた。

さっき聞いた部長さんの激怒した声が思い出された。

とにかく謝るのみだ。

俺はノブに手を掛け、そっとドアを開けた。

ドアを開けた瞬間、俺の目には想像とまるで違う光景が飛び込んで来た。

俺の頭の中は真っ白になった。

完全にフリーズしている。

「パン!パン!パン!」

「○○課長!お誕生日おめでとうございます!!!」

クラッカーを鳴らしたのは、会社に居るはずの俺の部下達だった。

いつもお世話になっている、激怒していたはずの取引先の部長さんも、ゆっくりと俺に近付いて来た。

「○○さん、誕生日おめでとう」

見慣れた温厚な、普段通りの笑顔だった。

俺は何が何だか解らない状態となった。

一生懸命頭の中を整理しようとしても、混乱している。

会議室であるはずの場所は、パーティー会場のようになっていた。

未だ俺一人呆然としていると、聞き慣れた声がした。

「あなた、お誕生日おめでとう」

ついさっき連絡を取った嫁がそこに居た。

俺にとって人生初めてのサプライズ誕生日会だった。

全てが計画されたものだったのだ。

俺の部下が提案して、お世話になっている取引先の部長さんと一緒に計画を立てたらしい。

嫁にも電話をして協力してもらったのだと聞いた。

高級レストランの予約電話も本当はしていなかった。

全員、共犯だったのだ(笑)。

怒られる緊張感と、会社に多大な損害を出してしまうかも知れないという恐怖から解き放たれてホッとした俺は、みんなからの止まないおめでとうコールを受けて、人前だというのに泣いてしまった。

こんな大それた計画を立てて心配をさせた部下を怒る気持ちもあったけれど、みんなからの温かいお祝いを受け、良い部下を持って幸せだと思った。

取引先の広い会議室で数十人に祝ってもらった誕生日は、俺にとって一生忘れない思い出となった。

関連記事

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…

赤ちゃん(フリー写真)

本当に価値がある存在

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は、 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。 決して口には出…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

椅子(フリー写真)

脳内共同ガールフレンド

大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンドなるものを作った話を思い出した…

通帳(フリー写真)

おめでとさん

今から十年前、まだ会社に入ったばかりの頃の話。 当時の給与は手取り18万円くらいで、家に3万円を入れていた。 親に5万にしろと言われ出て行った。 一人暮らしをすれば会…

犬(フリー写真)

盲導犬のサリー

私がかつて知っていた盲導犬のサリーの話です。 サリーはとても頭の良い犬でした。 盲導犬としての訓練を優秀な内容で終え、飼い主さんの元へ預けられました。 サリーは晴れ…

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…

桜(フリー写真)

天国のお父さんへ

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学する頃のことでした。 周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…