忘れられない誕生日

公開日: 仕事 | 夫婦 | 心温まる話

会議室(フリー写真)

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。

毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。

何度か昇格をして、部下が何人か居る。

重要な仕事も任されるようになっていた。

今まで仕事第一で、嫁には寂しい思いをさせて来た。

今年は結婚して5年目、お互いの誕生日には食事にでも行こうと約束した。

今まで支えてくれたお礼に、嫁が行きたがっていた高級レストランに行くことにした。

嫁が電話したら奇跡的に予約が取れたらしい。

事前に会社にも伝えていたが、当日も朝早くから同僚や部下達に、今日は早く上がると伝えていた。

しかし夕方頃、外出中の部下から信じられない電話が入った。

一番の取引先に対して、有り得ないミスをしたらしい。

すぐに取引先の部長さんと電話で話をしたが、普段温厚な方が物凄い勢いで激怒していた。

とにかく取引先の工場へ行き、責任者に謝罪をしてから本社に来てくれと言われた。

急いで工場に向かい、落ち合った部下と共にとにかく謝罪した。

取引先の部長さんと詳細を話していたからなのか、工場の責任者とはすぐに話が終わった。

取引先の本社に向かう途中で嫁に連絡を入れた。

「大変な状況みたいだから仕方ないよ。レストランの予約はキャンセルしておくね」

嫁は俺の立場を解ってくれていたけど、やはり残念そうだった。

申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、それどころではなかった。

受付で第一会議室へと案内された。

一番端にある、一番大きい会議室だ。

取引先の主要社員が数名待機しているのだろう。

ドアの前で一度深呼吸をして、気持ちを落ち着かせた。

さっき聞いた部長さんの激怒した声が思い出された。

とにかく謝るのみだ。

俺はノブに手を掛け、そっとドアを開けた。

ドアを開けた瞬間、俺の目には想像とまるで違う光景が飛び込んで来た。

俺の頭の中は真っ白になった。

完全にフリーズしている。

「パン!パン!パン!」

「○○課長!お誕生日おめでとうございます!!!」

クラッカーを鳴らしたのは、会社に居るはずの俺の部下達だった。

いつもお世話になっている、激怒していたはずの取引先の部長さんも、ゆっくりと俺に近付いて来た。

「○○さん、誕生日おめでとう」

見慣れた温厚な、普段通りの笑顔だった。

俺は何が何だか解らない状態となった。

一生懸命頭の中を整理しようとしても、混乱している。

会議室であるはずの場所は、パーティー会場のようになっていた。

未だ俺一人呆然としていると、聞き慣れた声がした。

「あなた、お誕生日おめでとう」

ついさっき連絡を取った嫁がそこに居た。

俺にとって人生初めてのサプライズ誕生日会だった。

全てが計画されたものだったのだ。

俺の部下が提案して、お世話になっている取引先の部長さんと一緒に計画を立てたらしい。

嫁にも電話をして協力してもらったのだと聞いた。

高級レストランの予約電話も本当はしていなかった。

全員、共犯だったのだ(笑)。

怒られる緊張感と、会社に多大な損害を出してしまうかも知れないという恐怖から解き放たれてホッとした俺は、みんなからの止まないおめでとうコールを受けて、人前だというのに泣いてしまった。

こんな大それた計画を立てて心配をさせた部下を怒る気持ちもあったけれど、みんなからの温かいお祝いを受け、良い部下を持って幸せだと思った。

取引先の広い会議室で数十人に祝ってもらった誕生日は、俺にとって一生忘れない思い出となった。

関連記事

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

ブーケを持つ花嫁(フリー写真)

一人娘が嫁に行った

この前、一人娘が嫁に行った。 目に入れても痛くないと断言出来る一人娘が嫁に行った。 結婚式で、 「お父さん、今までありがとう。大好きです」 と言われた。 …

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

サンタさんから頼まれた

※編注: このお話は、東日本大震災発生から5日後の3月16日に2ちゃんねるに書き込まれました。 ※ 当方、宮城県民。 朝からスーパーに並んでいたのだが、私の前に母親と泣きべそ…

封筒を持つ手(フリー写真)

結婚記念日おめでとう

入社4年目の時に、初めて結婚記念日の日を迎えた。 しかしその日、運悪く社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりになるかもしれないという修羅場なのに、 「…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …