忘れられない誕生日

公開日: 仕事 | 夫婦 | 心温まる話

会議室(フリー写真)

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。

毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。

何度か昇格をして、部下が何人か居る。

重要な仕事も任されるようになっていた。

今まで仕事第一で、嫁には寂しい思いをさせて来た。

今年は結婚して5年目、お互いの誕生日には食事にでも行こうと約束した。

今まで支えてくれたお礼に、嫁が行きたがっていた高級レストランに行くことにした。

嫁が電話したら奇跡的に予約が取れたらしい。

事前に会社にも伝えていたが、当日も朝早くから同僚や部下達に、今日は早く上がると伝えていた。

しかし夕方頃、外出中の部下から信じられない電話が入った。

一番の取引先に対して、有り得ないミスをしたらしい。

すぐに取引先の部長さんと電話で話をしたが、普段温厚な方が物凄い勢いで激怒していた。

とにかく取引先の工場へ行き、責任者に謝罪をしてから本社に来てくれと言われた。

急いで工場に向かい、落ち合った部下と共にとにかく謝罪した。

取引先の部長さんと詳細を話していたからなのか、工場の責任者とはすぐに話が終わった。

取引先の本社に向かう途中で嫁に連絡を入れた。

「大変な状況みたいだから仕方ないよ。レストランの予約はキャンセルしておくね」

嫁は俺の立場を解ってくれていたけど、やはり残念そうだった。

申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、それどころではなかった。

受付で第一会議室へと案内された。

一番端にある、一番大きい会議室だ。

取引先の主要社員が数名待機しているのだろう。

ドアの前で一度深呼吸をして、気持ちを落ち着かせた。

さっき聞いた部長さんの激怒した声が思い出された。

とにかく謝るのみだ。

俺はノブに手を掛け、そっとドアを開けた。

ドアを開けた瞬間、俺の目には想像とまるで違う光景が飛び込んで来た。

俺の頭の中は真っ白になった。

完全にフリーズしている。

「パン!パン!パン!」

「○○課長!お誕生日おめでとうございます!!!」

クラッカーを鳴らしたのは、会社に居るはずの俺の部下達だった。

いつもお世話になっている、激怒していたはずの取引先の部長さんも、ゆっくりと俺に近付いて来た。

「○○さん、誕生日おめでとう」

見慣れた温厚な、普段通りの笑顔だった。

俺は何が何だか解らない状態となった。

一生懸命頭の中を整理しようとしても、混乱している。

会議室であるはずの場所は、パーティー会場のようになっていた。

未だ俺一人呆然としていると、聞き慣れた声がした。

「あなた、お誕生日おめでとう」

ついさっき連絡を取った嫁がそこに居た。

俺にとって人生初めてのサプライズ誕生日会だった。

全てが計画されたものだったのだ。

俺の部下が提案して、お世話になっている取引先の部長さんと一緒に計画を立てたらしい。

嫁にも電話をして協力してもらったのだと聞いた。

高級レストランの予約電話も本当はしていなかった。

全員、共犯だったのだ(笑)。

怒られる緊張感と、会社に多大な損害を出してしまうかも知れないという恐怖から解き放たれてホッとした俺は、みんなからの止まないおめでとうコールを受けて、人前だというのに泣いてしまった。

こんな大それた計画を立てて心配をさせた部下を怒る気持ちもあったけれど、みんなからの温かいお祝いを受け、良い部下を持って幸せだと思った。

取引先の広い会議室で数十人に祝ってもらった誕生日は、俺にとって一生忘れない思い出となった。

関連記事

バイオリン(フリー写真)

世界一の良い娘

昨夜、嫁とケンカした。 切っ掛けは些細なことで、小学2年生の娘がバイオリンを習いたいと言い出したことだ。 嫁「本人がやりたいなんて言い出すのは珍しいから、習わせてあげたい」…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

ベトナムの夕日(フリー写真)

あの子は僕の友達なんです

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。 宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。 重傷になった者達の中でも、8才の…