親父からの感謝の言葉

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

夕陽(フリー写真)

俺の親父は我儘な人だった

小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。

幸い暴力を振るうことは無く、ただ怒鳴り声を上げるだけだったが、子供の俺にとっては『暴君』そのものだった。

そんな親父と、働き者で頭の良い母親が何故結婚したのか判らないが、とにかくそんな二人から俺は産まれた。

小学生の時は、休日になるとギャンブルで負けた親父が夕方から酔っ払って家に居た。

なので休日はなるべく母親と用事を作り、外に出て時間を潰していたことを憶えている。

中学、高校、大学と自分が成長するに連れて親父の背を追い越し、力で勝るようになると親父を恐れることは次第に無くなって行った。

それでも俺にとっての親父は我儘で、ギャンブルと酒が好きなどうしようも無いおっさんだと思っていた。

大学の時には酔っ払って帰って来た親父と大喧嘩になったこともあった。

そんな親父のこともあり、俺は大学を卒業すると県外で就職した。

就職して3年が経った頃、親父が入院することになった。

親父は長年糖尿病を患っており、そのせいで心臓や末端神経が弱り、右足を切除することになってしまった。

疎んじて来た親父とは言え、血の繋がった家族のことなので、急ぎ帰省して手術に立ち会った。

手術が終わり会いに行くと、親父は右足を切除し、憔悴したまま病院のベッドに横たわっていた。

掛ける言葉も無いまま帰省が終わり、県外へ戻って暫くすると母親から連絡があった。

「お父さんが○○ホテルに泊まってバイキングに行きたいんやって」

そのホテルは俺がまだ小さい頃、家族で行った遊園地に付属しているホテルのことだった。

家事を手伝ったり買い物に一緒に行ったりなどの家族サービスは殆どせず、旅行や外泊を嫌っていた親父が何故そんなことを言い出したのかその時は分からなかったが、連れて行ってあげることにした。

ツーリストをやっている友人に手配を頼み、親父を抱えて車に乗せ、ホテルに着いてからは車椅子を押して回った。

バイキングで食事をしている時も体が弱って殆ど食べられず、頼んだジョッキビールも一口飲んで後は全部俺に譲った。

そこにはかつて家庭に君臨していた暴君の姿は無かった。

20年振りに親子三人、同じ部屋で川の字になって泊まった。

そしてホテルを後にし、病院まで送っている最中に

「お前には世話になった、ありがとう」

突然親父が言った。

それは25年の人生で初めて聞いた感謝の言葉だった。

そんな家族旅行を終えて一週間後、親父は脳梗塞で麻痺で会話が出来なくなった。

そしてその二週間後、弱った心臓が原因でこの世を去った。

結局、家族旅行で言われた感謝の言葉が、俺の聞いた最後の親父の言葉になってしまった。

恐らく親父は自分の死を勘付いていたのではないかと思う。

そこで家族の思い出の地に旅行へ行き、自分の成長を見届け、感謝の言葉を述べたのだと思う。

自分にとっても疎んじていた暴君としての親父ではなく、年老いた父親に最後の親孝行が出来た。

亡くなってもうすぐ一年が経つが、あの家族旅行は自分にとって一生の宝物だ。

あの時に言われた言葉を胸に、暴君の居なくなった世界を生きて行きたいと思う。

関連記事

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

満員電車(フリー写真)

子供を大切に

父が高校生の時に、僕の祖父が死んだ。 事故だった。 あまりの唐突な出来事で我が家は途方に暮れたらしい。 そして父は高校を卒業し、地元で有名な畜産会社に入社した。 …

女の子の寝顔(フリー写真)

愛しい娘

自分がまだ幼稚園児の頃だと思う。 夜中に不意に目が覚めると、父が自分の顔を覗き込んでいて、いきなり泣き出した。 大人が泣くのを見るのはその時が初めてだったし、しかも …

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

炊き込みご飯

愛のレシピ

私が子供の頃、母が作る炊き込みご飯は私の心を温める特別な料理でした。 明言することはなかったが、母は私の好みを熟知しており、誕生日や記念日には必ずその料理を作ってくれました。 …

海の父娘(フリー写真)

例え火の中でも

私の両親は小さな喫茶店を営んでいます。 私はそこの一人娘で、父は中卒で学歴はありませんが、とても真面目な人でした。 バブルが弾けて景気が悪化して来た頃、父は仕事の暇な時間に…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

ラブラドール(フリー写真)

最期の見送り

もう数年前の話。 私が小学5年生の時に、ラブラドールを飼った。 母はその犬に『サーブ』と名付けた。 ※ 飽き性だった私は、散歩も父に任せきになり、餌やり当番だけを続けた…