数奇な恋の話

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

ゴルフ場(フリー写真)

俺が惚れた子の話をします。

俺はもう既に40歳前を迎えた独身男だ。

彼女も5年近く居ない。

そんな俺が去年の5月頃に友人に誘われ、ゴルフを始めた。

ゴルフなんてつまらないだろうと思っていたが、意外と面白かった。

少し興味を持った俺は、よく練習場へ行くようになった。

そこである女の子と知り合った。

凄く美人で品のある子だった。

俺が見る限り、まだ26歳くらいだと思った。

俺はその子を初めて見た時に、何て美人な子なんだろうと思った。

同時に、あの子は若くしてゴルフをしているなんて余程の金持ちか、何処かのお嬢さんなのだろうと思った。

その日から彼女が気になり、ゴルフ目当てではなく練習場に行くようになった。

彼女には偶に逢えたが、臆病な俺は何も話し掛けられなかった。

その生活が一ヶ月続いた頃だろうか、俺は勇気を振り絞って彼女に声を掛けた。

「こんばんは」と一言。

すると彼女はびっくりしたような顔をして「こんばんは」と言った。

とても可愛らしい笑顔だった。

それから練習場で逢う度に、俺は少しながら声を掛けた。

もう完璧に彼女に惹かれていたのだ。

風が強い雨の日、俺はナイター練習で練習場に足を運んだ。

すると、いつもは混んでいる練習場なのに彼女一人しか居なかった。

俺は勇気を出して、彼女に携帯番号とアドレスを聞いた。

すると、彼女は可愛い笑顔で俺に教えてくれた。

俺は堪らなく嬉しくって、毎日彼女にメールをした。

俺が仕事休みの日曜、彼女も暇だと言うので二人でドライブに出掛けた。

俺は恥ずかしながら、彼女の顔も見られなくて。

それでもただ、彼女と会話できるだけで嬉しかった。

彼女の事を色々聞いた。

今まで付き合った恋人の話や、趣味の話などを沢山話してくれた。

だが、家族の話は嫌がってしなかった。

それから何日か経った後、俺は彼女を幸せにしたいと本気で思い、彼女に告白をした。

彼女は泣きながら「ありがとう」と言い、付き合い始めた。

彼女と沢山の場所へ行き、沢山の思い出が出来た。

だが、彼女は自宅を俺に教えてはくれなかった。そして家族の話は決してしなかった。

それで何度も口論になった事もあった。

彼女と付き合い始め、一年二ヶ月が経った頃。

彼女から別れて欲しいと連絡が来た。

俺は何事だか解らず、話し合おうと言ったが、彼女は別れるの一点張りだった。

俺は身を引いた。

彼女を思い出し、毎晩泣き明かした。

滅多に飲まない酒も毎晩飲み明かした。

仕事が休みの日、友人の家に遊びに言った時の事だ。

友人の家の近くには、極道一家の自宅と事務所があるのは俺も前々から知っていた。

その家を通り過ぎ、友人家へ行こうとした所の交差点だった。

俺は何故か一時停止を無視して進んでしまったのだ。

運悪く接触事故になり、相手の車はそこの極道の車だった。

事故を起こしたと同時に、運転手が出て来た。

俺は殺されると思った。土下座して謝った。

すると、後部座席の方から「兄ちゃん、何処見てんのや」と女性の声がした。

顔を上げて見てみると、彼女だった。

髪を上げ、着物姿の彼女だった。

俺は訳が解らなくなり、その場で倒れ、そのまま病院に運ばれた。

目を覚ますと、いつもの彼女が居た。

俺には何も理解出来なかった。

病室に俺と彼女と二人きりになり、久々に話した。

彼女は言った。

「うち、来春に結婚すんねや。本当は結婚したくないんや」

彼女は本当は四代目の娘で、父親が決めた男と結婚させられるそうだ。

俺を巻き込んで、危険な目に遭わせたくなかったらしい。

彼女は最後に言った。

「あんたは幸せになってや。うちは死ぬまであんたを忘れんからな…。

もし、あんたが良かったら…来世は結婚してや」

彼女は病室を出て行った。

俺は泣いた。

彼女を愛していた。

彼女の事は一生忘れない。

関連記事

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

花火(フリー写真)

花火とプロポーズ

2012年の夏。 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…