数奇な恋の話

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

ゴルフ場(フリー写真)

俺が惚れた子の話をします。

俺はもう既に40歳前を迎えた独身男だ。

彼女も5年近く居ない。

そんな俺が去年の5月頃に友人に誘われ、ゴルフを始めた。

ゴルフなんてつまらないだろうと思っていたが、意外と面白かった。

少し興味を持った俺は、よく練習場へ行くようになった。

そこである女の子と知り合った。

凄く美人で品のある子だった。

俺が見る限り、まだ26歳くらいだと思った。

俺はその子を初めて見た時に、何て美人な子なんだろうと思った。

同時に、あの子は若くしてゴルフをしているなんて余程の金持ちか、何処かのお嬢さんなのだろうと思った。

その日から彼女が気になり、ゴルフ目当てではなく練習場に行くようになった。

彼女には偶に逢えたが、臆病な俺は何も話し掛けられなかった。

その生活が一ヶ月続いた頃だろうか、俺は勇気を振り絞って彼女に声を掛けた。

「こんばんは」と一言。

すると彼女はびっくりしたような顔をして「こんばんは」と言った。

とても可愛らしい笑顔だった。

それから練習場で逢う度に、俺は少しながら声を掛けた。

もう完璧に彼女に惹かれていたのだ。

風が強い雨の日、俺はナイター練習で練習場に足を運んだ。

すると、いつもは混んでいる練習場なのに彼女一人しか居なかった。

俺は勇気を出して、彼女に携帯番号とアドレスを聞いた。

すると、彼女は可愛い笑顔で俺に教えてくれた。

俺は堪らなく嬉しくって、毎日彼女にメールをした。

俺が仕事休みの日曜、彼女も暇だと言うので二人でドライブに出掛けた。

俺は恥ずかしながら、彼女の顔も見られなくて。

それでもただ、彼女と会話できるだけで嬉しかった。

彼女の事を色々聞いた。

今まで付き合った恋人の話や、趣味の話などを沢山話してくれた。

だが、家族の話は嫌がってしなかった。

それから何日か経った後、俺は彼女を幸せにしたいと本気で思い、彼女に告白をした。

彼女は泣きながら「ありがとう」と言い、付き合い始めた。

彼女と沢山の場所へ行き、沢山の思い出が出来た。

だが、彼女は自宅を俺に教えてはくれなかった。そして家族の話は決してしなかった。

それで何度も口論になった事もあった。

彼女と付き合い始め、一年二ヶ月が経った頃。

彼女から別れて欲しいと連絡が来た。

俺は何事だか解らず、話し合おうと言ったが、彼女は別れるの一点張りだった。

俺は身を引いた。

彼女を思い出し、毎晩泣き明かした。

滅多に飲まない酒も毎晩飲み明かした。

仕事が休みの日、友人の家に遊びに言った時の事だ。

友人の家の近くには、極道一家の自宅と事務所があるのは俺も前々から知っていた。

その家を通り過ぎ、友人家へ行こうとした所の交差点だった。

俺は何故か一時停止を無視して進んでしまったのだ。

運悪く接触事故になり、相手の車はそこの極道の車だった。

事故を起こしたと同時に、運転手が出て来た。

俺は殺されると思った。土下座して謝った。

すると、後部座席の方から「兄ちゃん、何処見てんのや」と女性の声がした。

顔を上げて見てみると、彼女だった。

髪を上げ、着物姿の彼女だった。

俺は訳が解らなくなり、その場で倒れ、そのまま病院に運ばれた。

目を覚ますと、いつもの彼女が居た。

俺には何も理解出来なかった。

病室に俺と彼女と二人きりになり、久々に話した。

彼女は言った。

「うち、来春に結婚すんねや。本当は結婚したくないんや」

彼女は本当は四代目の娘で、父親が決めた男と結婚させられるそうだ。

俺を巻き込んで、危険な目に遭わせたくなかったらしい。

彼女は最後に言った。

「あんたは幸せになってや。うちは死ぬまであんたを忘れんからな…。

もし、あんたが良かったら…来世は結婚してや」

彼女は病室を出て行った。

俺は泣いた。

彼女を愛していた。

彼女の事は一生忘れない。

関連記事

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

教室(フリー写真)

お母さんの匂い

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。 先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 …

浜辺で子供を抱き上げる父親(フリー写真)

不器用な親父

俺の親父は仕事一筋で、俺が小さな頃に一緒にどこかへ行ったなんて思い出は全く無い。 何て言うのかな…俺にあまり関わりたがらないような人って感じ。 俺は次男だったんだけど、兄貴…

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

新婦(フリー写真)

父が隠していた物

友人(新郎)の結婚披露宴での出来事。 タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。 ※ 「明子。明子が生まれてすぐ、お前のお母さんは病気で亡くなりました。 お前…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

ファミコン(フリー写真)

消えた冒険の書

私には、兄が居ました。 三つ年上の兄は、妹思いの優しい兄でした。 子供の頃はよくドラクエ3を兄と一緒にやっていました(私は見ているだけでした)。 勇者が兄で、僧侶が私…

バイク(フリー写真)

最高の子供達

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使うスーパーカブを無免で持ち出し、親父に顔の形が変わるほどぶん殴られて以来のバイク好きだった。 カブから始まり、モンキー、FX、C…