大好きなパパへ

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

ラーメン(フリー写真)

私の両親は私が小さい頃に離婚し、私はずっとお父さんと生きて来た。

お母さんとお父さん。

どっちに行こうか迷っていた時、お父さんは

「ここに残りなよ」

と言ってくれたね。

今思えば、あれが最後の我が儘だったね。

私の体調が悪い時は、不器用ながらも心配してくれたり。

私がイライラしてて八つ当たりした時も、いつもニコニコして理解してくれていた。

何かあるといつも笑っていて。冗談ばっかりで。馬鹿な事ばっかりで。我慢強くって。

あたしが母と喧嘩した時、頭撫でてくれて慰めてくれた事。全部大好きだったよ。

週一で好きなラーメン屋に通ったり、ファミレスで食べまくったり。

お互いお金がある時は外食ばっかしてたね。

お父さんと一緒に行く外食はとっても楽しかった。一番楽しみだった。

そんなある日。

貴方は倒れて病気しましたね。

入院した日から、あたしはお仕事しながら毎日お見舞に行った。

貴方は食事や煙草は勿論、水分までをも制限されていて、車椅子で病院内を散歩した時、ジュースを飲みたいって。

買ってあげたかったけど、ダメだよとしか言えなかった。

ご飯もろくに食べられず、苦しく寝ているばかりで。

段々衰えて行く姿を見るのが、苦しくて。

「退院したら美味しい物をまた食べに行こう」「パパが居ないお家、一人で寂しいよ」

って、そんな言葉しか掛けられなかった。

それでも段々と回復して行って、ご飯も沢山食べられるようになり、退院する日が決まった矢先。

寝ている間に息を引き取ったね。

何の苦もない。ただ、本当に寝ている顔で。

最初、何があったか解らなくて。触って、揺すって、冷たくて。

『何で?』

それしか頭になかった。

退院が決まって、やっとこのお家に帰って来る。

『もうこれで寂しくない!これからはゆっくりしてもらわなくっちゃ!』

と思っていたのに。

違う形で帰って来るなんて夢にも思わなくて。

ずっとずっと、狂ったように泣くしかできなかった。

私を一人にさせないで。

まだ話したい事、一緒に行きたい所、これからの人生、孫の顔。いっぱいいっぱい見せたいものがあったのに、一瞬でなくなってしまった。

そこからは真っ白の中、喪主を務めて、片付けをして、親戚同士で揉めて、忙しくて、挙げ句の果てには拒食症になって。

お父さんがやっていた事、真似して少しでも近付きたくて。

真似したら戻って来てくれるような気がして。

でも。

もう。

言葉を交わす事はないんだね。

もう。

お父さんと一緒に食べていたラーメンも食べれなくなっちゃって。

もう、ファミレスで食べていた量も食べられないよ。

それでも、

『お父さんと一緒なら食べれるかな?』

なんて思ったりして。

願いが叶うなら、少しでも一瞬でも、夢でもいい。

話さなくていいから、会って抱き締めて欲しいな。

パパ、ずっと大好きだよ。

お誕生日おめでとう。

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

クリスマス(フリー写真)

サンタさんへの手紙

6歳の娘がクリスマスの数日前から、欲しいものを手紙に書いて窓際に置いていた。 何が欲しいのかなあと、夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった…

父と子(フリー写真)

身体を大事にしろ

今日は父親の13回忌だ。 うちの父は僕が高校生の時に他界している。 死因は末期の膵臓癌だった。 最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた…

女の子の寝顔(フリー写真)

愛しい娘

自分がまだ幼稚園児の頃だと思う。 夜中に不意に目が覚めると、父が自分の顔を覗き込んでいて、いきなり泣き出した。 大人が泣くのを見るのはその時が初めてだったし、しかも …

空(フリー写真)

神様がくれたミッション

私は都内でナースをしています。 これは二年程前の話です。 ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。 22歳の女性の患者さんです。 彼女は手遅れの状態…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

鉛筆と参考書(フリー写真)

厳しい母

私の母はとても厳しい。 身の回りの事は全て自分でやらされていた。 勉強も部活も一番じゃないと気が済まない。 定期テストで二番を取ると、 「二番は敗者の一番だ」…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…