大好きなパパへ

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

ラーメン(フリー写真)

私の両親は私が小さい頃に離婚し、私はずっとお父さんと生きて来た。

お母さんとお父さん。

どっちに行こうか迷っていた時、お父さんは

「ここに残りなよ」

と言ってくれたね。

今思えば、あれが最後の我が儘だったね。

私の体調が悪い時は、不器用ながらも心配してくれたり。

私がイライラしてて八つ当たりした時も、いつもニコニコして理解してくれていた。

何かあるといつも笑っていて。冗談ばっかりで。馬鹿な事ばっかりで。我慢強くって。

あたしが母と喧嘩した時、頭撫でてくれて慰めてくれた事。全部大好きだったよ。

週一で好きなラーメン屋に通ったり、ファミレスで食べまくったり。

お互いお金がある時は外食ばっかしてたね。

お父さんと一緒に行く外食はとっても楽しかった。一番楽しみだった。

そんなある日。

貴方は倒れて病気しましたね。

入院した日から、あたしはお仕事しながら毎日お見舞に行った。

貴方は食事や煙草は勿論、水分までをも制限されていて、車椅子で病院内を散歩した時、ジュースを飲みたいって。

買ってあげたかったけど、ダメだよとしか言えなかった。

ご飯もろくに食べられず、苦しく寝ているばかりで。

段々衰えて行く姿を見るのが、苦しくて。

「退院したら美味しい物をまた食べに行こう」「パパが居ないお家、一人で寂しいよ」

って、そんな言葉しか掛けられなかった。

それでも段々と回復して行って、ご飯も沢山食べられるようになり、退院する日が決まった矢先。

寝ている間に息を引き取ったね。

何の苦もない。ただ、本当に寝ている顔で。

最初、何があったか解らなくて。触って、揺すって、冷たくて。

『何で?』

それしか頭になかった。

退院が決まって、やっとこのお家に帰って来る。

『もうこれで寂しくない!これからはゆっくりしてもらわなくっちゃ!』

と思っていたのに。

違う形で帰って来るなんて夢にも思わなくて。

ずっとずっと、狂ったように泣くしかできなかった。

私を一人にさせないで。

まだ話したい事、一緒に行きたい所、これからの人生、孫の顔。いっぱいいっぱい見せたいものがあったのに、一瞬でなくなってしまった。

そこからは真っ白の中、喪主を務めて、片付けをして、親戚同士で揉めて、忙しくて、挙げ句の果てには拒食症になって。

お父さんがやっていた事、真似して少しでも近付きたくて。

真似したら戻って来てくれるような気がして。

でも。

もう。

言葉を交わす事はないんだね。

もう。

お父さんと一緒に食べていたラーメンも食べれなくなっちゃって。

もう、ファミレスで食べていた量も食べられないよ。

それでも、

『お父さんと一緒なら食べれるかな?』

なんて思ったりして。

願いが叶うなら、少しでも一瞬でも、夢でもいい。

話さなくていいから、会って抱き締めて欲しいな。

パパ、ずっと大好きだよ。

お誕生日おめでとう。

猫(フリー写真)

猫のアン

私が小学生の時、野良猫が家に懐いて子猫を生んだ。メス一匹とオス三匹。 その内、オス二匹は病気や事故で死んだ。 生き残ったメスとオスには、アンとトラという名前を付けた。 …

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

病院(フリー背景素材)

二つ目のセーブデータ

ゲームボーイの『Sa・Ga2 秘宝伝説(以下、サガ2)』は思い出のソフトなんだ…。 今でもよく思い出しては切なくなっています。 ※ 俺さ、生まれた時から酷い小児喘息だったのよ…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

青い花(フリー写真)

良い香りに包まれる

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

ラーメン(フリー写真)

母ちゃんとラーメン

今日、俺は珍しく母ちゃんを外食に誘った。 行き先は、昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 俺は味噌ラーメンの大盛り、母ちゃんは味噌ラーメンの並盛りを頼んだ。 「昔…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

母の手を握る赤ちゃん(フリー写真)

生まれて来てくれて有難う

親と喧嘩をし「出て行け」と言われ、家を飛び出して6年。 家を出て3年後に知り合った女性と同棲し、2年後に子供が出来た。 物凄く嬉しかった。 母性愛があるのと同じように…