大好きなパパへ

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

ラーメン(フリー写真)

私の両親は私が小さい頃に離婚し、私はずっとお父さんと生きて来た。

お母さんとお父さん。

どっちに行こうか迷っていた時、お父さんは

「ここに残りなよ」

と言ってくれたね。

今思えば、あれが最後の我が儘だったね。

私の体調が悪い時は、不器用ながらも心配してくれたり。

私がイライラしてて八つ当たりした時も、いつもニコニコして理解してくれていた。

何かあるといつも笑っていて。冗談ばっかりで。馬鹿な事ばっかりで。我慢強くって。

あたしが母と喧嘩した時、頭撫でてくれて慰めてくれた事。全部大好きだったよ。

週一で好きなラーメン屋に通ったり、ファミレスで食べまくったり。

お互いお金がある時は外食ばっかしてたね。

お父さんと一緒に行く外食はとっても楽しかった。一番楽しみだった。

そんなある日。

貴方は倒れて病気しましたね。

入院した日から、あたしはお仕事しながら毎日お見舞に行った。

貴方は食事や煙草は勿論、水分までをも制限されていて、車椅子で病院内を散歩した時、ジュースを飲みたいって。

買ってあげたかったけど、ダメだよとしか言えなかった。

ご飯もろくに食べられず、苦しく寝ているばかりで。

段々衰えて行く姿を見るのが、苦しくて。

「退院したら美味しい物をまた食べに行こう」「パパが居ないお家、一人で寂しいよ」

って、そんな言葉しか掛けられなかった。

それでも段々と回復して行って、ご飯も沢山食べられるようになり、退院する日が決まった矢先。

寝ている間に息を引き取ったね。

何の苦もない。ただ、本当に寝ている顔で。

最初、何があったか解らなくて。触って、揺すって、冷たくて。

『何で?』

それしか頭になかった。

退院が決まって、やっとこのお家に帰って来る。

『もうこれで寂しくない!これからはゆっくりしてもらわなくっちゃ!』

と思っていたのに。

違う形で帰って来るなんて夢にも思わなくて。

ずっとずっと、狂ったように泣くしかできなかった。

私を一人にさせないで。

まだ話したい事、一緒に行きたい所、これからの人生、孫の顔。いっぱいいっぱい見せたいものがあったのに、一瞬でなくなってしまった。

そこからは真っ白の中、喪主を務めて、片付けをして、親戚同士で揉めて、忙しくて、挙げ句の果てには拒食症になって。

お父さんがやっていた事、真似して少しでも近付きたくて。

真似したら戻って来てくれるような気がして。

でも。

もう。

言葉を交わす事はないんだね。

もう。

お父さんと一緒に食べていたラーメンも食べれなくなっちゃって。

もう、ファミレスで食べていた量も食べられないよ。

それでも、

『お父さんと一緒なら食べれるかな?』

なんて思ったりして。

願いが叶うなら、少しでも一瞬でも、夢でもいい。

話さなくていいから、会って抱き締めて欲しいな。

パパ、ずっと大好きだよ。

お誕生日おめでとう。

関連記事

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

母猫(フリー写真)

母猫の選択

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに、家中猫だらけになってしまったそうだ。 住み着いた猫が仔を作り、その仔もまた仔を作る。 一時は家庭崩壊しかけたほど猫が…

男の子

父の小さな優しさ

子供の頃、母が入院していた時期があって、そのせいで遠足の準備がうまくできなかったんだ。一人じゃお菓子も買いに行けなくて、家にあった食べかけのお茶菓子をリュックに詰め込んだのを覚えてる…

母(フリー写真)

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね。 私が産まれた時、あなたは泣きながら喜んだそうですね。 私が一才の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね。 …

カフェ

遠くて近い二人

私はファミリーレストランでのひとときを静かに過ごしていました。 目の前のテーブルには、スーツ姿の中年の男性と、鮮やかな制服の女子高生が座っていました。 男性は痩せており、…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

親子(フリー写真)

父と過ごした日々

2年前、父を癌で亡くしました。 癌が発覚したのはその3年前。風邪が治らないと病院に通い、それでも治らず精密検査をしたら肺癌が見つかりました。しかもリンパにも転移していました。 …