おばあちゃんの深い愛

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 祖父母 | 長編

祖母の手(フリー写真)

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。

俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。

あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。

わんわん泣きながら、

「ごめんなさい」

とよく謝っていた(笑)。

小学校高学年になると、力では完全に俺の方が強くなっていたっけ。

中学生になった頃には、荒れに荒れて、頭では解っているけど歯止めが効かない。

と言うか、解っていたけど解りたくないと言うか、そんな自分が許せないと言うか。

思春期と癇癪が合体したような地獄絵図だったと思う(笑)。

そんな反抗期を過ごしていたので、当然のようにばあちゃんにも当たり散らしたこともあった。

不満があるような家庭でもなく、寧ろ幸せな家族だったと思う。

なのに、歯止めが効かず、特にばあちゃんを泣かせ過ぎた。

なのに、ばあちゃんはずっと優しかった。

やがて18歳になり実家を出て、住み込みで働きながら部屋を借りるお金を貯めていた。

偶に実家に帰ると、必ず祖母が出迎えてくれる。

住み込み先に戻る時も、毎回握手をして、最後まで見送ってくれる。

「何で握手なんだよ」と聞いたら、元気が貰えるのだとか何とか(笑)。

いつも笑顔で握手を求めてくるばあちゃん。

口には出せなかったけど、そんなばあちゃんが大好きだった。

ばあちゃんと会うと、何故か解らないけど安心できた。

そんなある時、住み込み先に帰る時、ばあちゃんと一つ約束をした。

次の給料で少しだけお金が余るから、ラーメンと焼肉を奢ってあげる、と。

そしたらばあちゃんめっちゃ泣き出して、その気持ちだけで十分だからお金は自分のために使いなさいってさ。

本当に優しいばあちゃん。

でもそこは俺が我を通して約束してもらった。

そして、給料日の一週間前に実家に帰った。

次の週でラーメンと焼肉に行く打ち合わせをするために。

しかし、実家にばあちゃんの姿はなかった。

母に訊ねたら、急に体の具合が悪くなって入院したのだとか。

急いで病院へ向かった。

病院に着きばあちゃんの病室へ行くと、いつも元気なばあちゃんの姿はそこにはなかった。

疲れ切ったような、何か我慢しているような。

でも、俺の存在に気が付くと嘘のような、でも精一杯の笑顔で迎えてくれた。

あと三日もすれば退院できるだろうと、穏やかな笑顔で話していた。

沢山お喋りして、日も暮れて来たので、

「また明日から仕事だからそろそろ帰るね。来週までには治しておいて!」

と言いながら俺から握手した。

でも、その握手がいつもと違った。

全く力が入っていない。

それでも全力で笑顔だから、気付かない振りをしていたけど、嫌な予感しかなかった。

そして次の日の朝。

仕事中に兄から電話が来た。

いつも何か用事がある時は、仕事が終わった時間を見計らって連絡して来るはずの兄からの電話で、何となく予想できた。

上司に言って早退させてもらい、急いで病院へ向かった。

病院に着いた時にはもう意識もなく、機械に繋がれ、投薬を止めたら時間はそうかからず死んでしまう状態だった。

そんなばあちゃんを見て頭が真っ白になった。

覚悟はしていたけど、色々な想いが込み上げて来て、そこから先の記憶があまりない。

ただその中で、はっきりと覚えていることがある。

集まった家族や親戚の前で泣きじゃくりながら、

「ラーメンと焼肉行くんやろ!」

「約束したやん!」

「全然足りんけど…少しだけでも恩返しぐらいさせてくれや!」

「昨日も話したやろ!」

と、声にならない声を振り絞ってばあちゃんに言った。

すると、意識はもうないはずなのに突然、顔を無理矢理俺の方に向けて、

「ありがとうね」

その場に居た全員がハッキリと聞いた。

本当に苦しそうな声で、でも苦しそうだった顔が嘘のように、凄い笑顔で…。

その後は投薬が終わり、それと同時にばあちゃんの呼吸が弱くなり、すぐに止まった。

投薬を止めてからは、本当に早かった。

俺は医者と看護師さんに引き離されるまで、ばあちゃんにしがみついて泣いていた。

胃ガンだったらしい。

進行も速かったらしいし、見つかった時には既に手の施しようがなかったそうだ。

俺は何も知らなかった。

俺だけが知らなかった。

それは、ばあちゃんが死ぬまで黙っていてくれと、お願いしていたからだ。

苦しかっただろうな…。

早く楽にしてあげられなくてごめんね。

最後まで俺の事を気にかけてくれてたばあちゃん。

本当に本当にありがとう。

強さと優しさに溢れていたばあちゃんが大好きです。

あなたの深い愛を俺は息子達に伝えて行きます。

こんな俺を最後まで愛してくれて、本当にありがとう。

関連記事

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

赤い薔薇(フリー写真)

赤い薔薇の花束

数年前にお父さんが還暦を迎えた時、家族4人で食事に出掛けた。 その時はお兄ちゃんが全員分の支払いをしてくれた。 普段着ではなく、全員が少しかしこまっていて照れくさい気もした…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

タクシー(フリー写真)

母の愛

俺は母子家庭で育った。 当然物凄く貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。 だから俺は馬鹿なりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。 そし…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

満員電車(フリー写真)

子供を大切に

父が高校生の時に、僕の祖父が死んだ。 事故だった。 あまりの唐突な出来事で我が家は途方に暮れたらしい。 そして父は高校を卒業し、地元で有名な畜産会社に入社した。 …

レジ(フリーイラスト素材)

一生懸命に取り組むこと

その女性は、何をしても続かない人でした。 田舎から東京の大学に進学し、サークルに入ってもすぐに嫌になって、次々とサークルを変えて行くような人でした。 それは、就職してからも…