年下の彼氏

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。

大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。

そんな彼も卒業の年を迎え、社会人1年生になった。

そしたらいきなり、

「結婚して欲しい。今すぐじゃなくていい。出世して、そこそこの生活が出来るくらい給料がもらえるようになったら」

と、大真面目な顔で言われた。

「入社したばっかなのに?」

とからかったけど、本当に嬉しかった。

8ヶ月後、彼は交通事故で亡くなった。

夜中、県外の取引先から自宅に帰る途中の事故だった。

彼の両親はかなり遠くに住んでいたので、私が代わりに彼の会社に荷物を取りに行った。

取り敢えず自分の部屋に荷物を運んで整理していると、パソコンと膨大な量の書類の中から、黒い小さな箱が出てきた。

ダイヤの指輪だった。

填めてみるとぴったり。

『入社したばっかで私のこと養うなんて、まだまだ時間が必要だったくせに気が早いんだよ、ばーか』

と、泣いた。

あれから4年。

私は34歳になり、傷が癒えたと思っている両親に結婚を勧められている。

でも、絶対しない。何でって?

私はアンタと結婚してるつもりだから。

最後に。

ずっと言い忘れていたけど、指輪ありがとう。

大切にしてる。

関連記事

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…