最強最高の兄ちゃん

兄弟(フリー写真)

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。

俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。

両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。

それから一年くらい経って、久しぶりに兄から電話があった。

高校を卒業して就職先が見つかったから、兄弟3人で暮らさないかと言われた。

俺はびっくりした。兄は俺とは違い、昔から頭が良く、当然一流の大学に行くのだろうと思っていたからだ。

俺は兄に「大学はいいのか?」と聞いたが、兄は「全滅やったから(笑)。そこは触れんといて」と言っていた。

俺は中学3年生だし、妹はまだ小学3年生だったため、親戚は当然反対していた。

しかし俺も妹も、本当はまた兄弟一緒に暮らしたいと思っていたから、必死に頼み込んで許してもらった。

そして、晴れて兄弟3人一緒に住めるようになった。

それからというもの、兄は俺らのために働きまくった。

俺らが貧乏なんて感じることがないようにと、ずっとみんなで一緒に暮らすんだと、昼と夜も別々の仕事をして稼ぎまくって、俺らに小遣いまでくれていた。

そんな兄が先月、交通事故で逝ってしまった…。

葬式で俺も妹も泣きじゃくった。

葬式も一通り片付いてみんなが帰った後、別室に居た俺と妹の所に、叔母が夕飯を持って来てくれた。

その際、俺らは兄について衝撃の事実を知ることになった。

両親の死後、兄が親戚中に土下座し、俺と妹のことをよろしく頼むと言って回っていたこと。

兄がバイト代を毎月送り、俺と妹の小遣いにしてやってくれと頼んでいたこと。

京大を蹴って、俺らと一緒に住むために就職したこと。

それを聞いた途端、もう訳が解らないくらい泣いた。

立てんかった…。

色んな兄ちゃんとの思い出が駆け巡った。

小さい頃、俺の手を繋いで、いっつも遊んでくれた…。強くておもろくて優しかった…。自分の小遣いからお菓子を買ってくれてた…。

俺が高校に行かんって言ったらぶち切れて、殴ってでも行かせるって言った…。

いつもボロボロで疲れてても、俺らに八つ当たりなんてしなかった…。

自分の夢を捨てて、俺らのために必死やった…。

おとん、おかんが死んだ時、泣きじゃくる俺と妹を抱いて、頑張れと言って俺らの前では涙一つ見せんかった…。

俺、ホントは兄ちゃんが夜中、泣き声を押し殺して泣いてたの知ってたよ…。

やべえ、思い出して…もうこれ以上、書けねえわ。何も出来んかったわ…。ホントなんも…。

最後に言わせて。最強最高の兄ちゃん!!!

あんたに負けんこと俺がんばるけん!

妹のことも心配せんでいいけんね。

ありがとう。ありがとう!!!

関連記事

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

太陽と手のひら(フリー写真)

この命を大切に生きよう

あれは何年も前、僕が年長さんの時でした。 僕は生まれた時から重度のアレルギーがあり、何回も生死の境を彷徨って来ました。 アレルギーの発作の事をアナフィラキシーショックと言…

桜(フリー写真)

大切な5つの言葉

1. 今、辛い人はそのことで頭がいっぱいになるが、辛さや悩みはいつか必ず終わる。 終わることが分かっていれば、今の辛さも軽くなる。 過ぎてしまえば大したことなかっ…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

猫

白猫のミーコ

長い間、私たち家族の一員として過ごしてきたのは、白くてふわふわな猫、ミーコだった。私がこの世に生まれてくる前から、彼女は私たちと一緒にいた。 子供の頃、私はミーコが大好きだった…