最強最高の兄ちゃん

兄弟(フリー写真)

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。

俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。

両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。

それから一年くらい経って、久しぶりに兄から電話があった。

高校を卒業して就職先が見つかったから、兄弟3人で暮らさないかと言われた。

俺はびっくりした。兄は俺とは違い、昔から頭が良く、当然一流の大学に行くのだろうと思っていたからだ。

俺は兄に「大学はいいのか?」と聞いたが、兄は「全滅やったから(笑)。そこは触れんといて」と言っていた。

俺は中学3年生だし、妹はまだ小学3年生だったため、親戚は当然反対していた。

しかし俺も妹も、本当はまた兄弟一緒に暮らしたいと思っていたから、必死に頼み込んで許してもらった。

そして、晴れて兄弟3人一緒に住めるようになった。

それからというもの、兄は俺らのために働きまくった。

俺らが貧乏なんて感じることがないようにと、ずっとみんなで一緒に暮らすんだと、昼と夜も別々の仕事をして稼ぎまくって、俺らに小遣いまでくれていた。

そんな兄が先月、交通事故で逝ってしまった…。

葬式で俺も妹も泣きじゃくった。

葬式も一通り片付いてみんなが帰った後、別室に居た俺と妹の所に、叔母が夕飯を持って来てくれた。

その際、俺らは兄について衝撃の事実を知ることになった。

両親の死後、兄が親戚中に土下座し、俺と妹のことをよろしく頼むと言って回っていたこと。

兄がバイト代を毎月送り、俺と妹の小遣いにしてやってくれと頼んでいたこと。

京大を蹴って、俺らと一緒に住むために就職したこと。

それを聞いた途端、もう訳が解らないくらい泣いた。

立てんかった…。

色んな兄ちゃんとの思い出が駆け巡った。

小さい頃、俺の手を繋いで、いっつも遊んでくれた…。強くておもろくて優しかった…。自分の小遣いからお菓子を買ってくれてた…。

俺が高校に行かんって言ったらぶち切れて、殴ってでも行かせるって言った…。

いつもボロボロで疲れてても、俺らに八つ当たりなんてしなかった…。

自分の夢を捨てて、俺らのために必死やった…。

おとん、おかんが死んだ時、泣きじゃくる俺と妹を抱いて、頑張れと言って俺らの前では涙一つ見せんかった…。

俺、ホントは兄ちゃんが夜中、泣き声を押し殺して泣いてたの知ってたよ…。

やべえ、思い出して…もうこれ以上、書けねえわ。何も出来んかったわ…。ホントなんも…。

最後に言わせて。最強最高の兄ちゃん!!!

あんたに負けんこと俺がんばるけん!

妹のことも心配せんでいいけんね。

ありがとう。ありがとう!!!

関連記事

飛行機の座席(フリー写真)

ファーストクラス

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」 ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。 「何かありましたか?」 「あなた、解らないの…

航空自衛隊の戦闘機(フリー写真)

一生の宝物

航空自衛隊に所属する先輩から聞いた話。 航空自衛隊では覚えることが山ほどあり、毎日24時まで延灯願いを出して勉学に励んでいた。 座学(学課)でも指定の成績を取れないとパイ…

卵焼き(フリー写真)

とうちゃんの卵焼き

この前、息子の通う保育園で遠足があった。 弁当持参だったのだが、嫁が出産のため入院していたため、俺が作ることになった。 飯を炊くくらいしかしたことがないのに、弁当なんて無理…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…

3508 かしま(出典: 海上自衛隊ギャラリー)

かしま艦長の見事な対応

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。 翌日の5日に英国の豪華客船…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

恋人同士(フリー写真)

天邪鬼な君

関係を迫ると、あなたは紳士じゃないと言われる。 関係を迫らないと、あなたは男じゃないと言われる。 度々部屋を訪れると、もっと一人の時間が欲しいと言われる。 あまり部屋…

愛(フリー写真)

伝わる気持ち

嫁は妊娠中。もうすぐ八ヶ月。 ある日、西日の部屋でソファに座ってお腹を撫でている嫁を見ていた。 そしたら何となく言いたくなって、後ろから抱き締めて 「愛してる」 …

ブーケを持つ花嫁(フリー写真)

手渡しのブーケ

私はウエディングプランナーの仕事をしています。 これまで沢山の幸せのお手伝いをさせていただきましたが、忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の十代で、可愛らし…