最強最高の兄ちゃん

兄弟(フリー写真)

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。

俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。

両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。

それから一年くらい経って、久しぶりに兄から電話があった。

高校を卒業して就職先が見つかったから、兄弟3人で暮らさないかと言われた。

俺はびっくりした。兄は俺とは違い、昔から頭が良く、当然一流の大学に行くのだろうと思っていたからだ。

俺は兄に「大学はいいのか?」と聞いたが、兄は「全滅やったから(笑)。そこは触れんといて」と言っていた。

俺は中学3年生だし、妹はまだ小学3年生だったため、親戚は当然反対していた。

しかし俺も妹も、本当はまた兄弟一緒に暮らしたいと思っていたから、必死に頼み込んで許してもらった。

そして、晴れて兄弟3人一緒に住めるようになった。

それからというもの、兄は俺らのために働きまくった。

俺らが貧乏なんて感じることがないようにと、ずっとみんなで一緒に暮らすんだと、昼と夜も別々の仕事をして稼ぎまくって、俺らに小遣いまでくれていた。

そんな兄が先月、交通事故で逝ってしまった…。

葬式で俺も妹も泣きじゃくった。

葬式も一通り片付いてみんなが帰った後、別室に居た俺と妹の所に、叔母が夕飯を持って来てくれた。

その際、俺らは兄について衝撃の事実を知ることになった。

両親の死後、兄が親戚中に土下座し、俺と妹のことをよろしく頼むと言って回っていたこと。

兄がバイト代を毎月送り、俺と妹の小遣いにしてやってくれと頼んでいたこと。

京大を蹴って、俺らと一緒に住むために就職したこと。

それを聞いた途端、もう訳が解らないくらい泣いた。

立てんかった…。

色んな兄ちゃんとの思い出が駆け巡った。

小さい頃、俺の手を繋いで、いっつも遊んでくれた…。強くておもろくて優しかった…。自分の小遣いからお菓子を買ってくれてた…。

俺が高校に行かんって言ったらぶち切れて、殴ってでも行かせるって言った…。

いつもボロボロで疲れてても、俺らに八つ当たりなんてしなかった…。

自分の夢を捨てて、俺らのために必死やった…。

おとん、おかんが死んだ時、泣きじゃくる俺と妹を抱いて、頑張れと言って俺らの前では涙一つ見せんかった…。

俺、ホントは兄ちゃんが夜中、泣き声を押し殺して泣いてたの知ってたよ…。

やべえ、思い出して…もうこれ以上、書けねえわ。何も出来んかったわ…。ホントなんも…。

最後に言わせて。最強最高の兄ちゃん!!!

あんたに負けんこと俺がんばるけん!

妹のことも心配せんでいいけんね。

ありがとう。ありがとう!!!

ビール(フリー写真)

恐かった父

私の父は無口で頑固で本当に恐くて、親戚中が一目置いている人でした。 家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母が忙しなく動いていた記憶があります。 ※ 私が結婚する事にな…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

炊き込みご飯(フリー写真)

母の炊き込みご飯

俺は小学生の頃、母の作った炊き込みご飯が大好物だった。 特にそれを口に出して伝えた事は無かったけど、母はちゃんと解っていて、誕生日や何かの記念日には、我が家の夕食は必ず炊き込みご…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

病院(フリー素材)

みほちゃんという子

看護学生の頃、友達と遊びに行った先で交通事故を目撃しました。 勉強中の身ではあったのですが、救急隊員が駆け付けるまでの間、友人の手も借りながら車に撥ねられた女の子の応急処置をしま…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…