医者になれ

公開日: 仕事 | 家族 | 心温まる話 |

カルテを持つ医師(フリー写真)

高校一年生の夏休みに、両親から

「大事な話がある」

と居間に呼び出された。

親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。

暑さとショックで頭がボーっとしていて、変な汗が出たのを憶えている。

当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あった。

親父が死んだら高校に通える訳が無いことは明白だった。

そして、俺はお世辞にも優秀とは言えなかった。

クラスでも下位5番には入ってしまう成績だった。

その夏から親父は抗がん剤治療を開始し、入退院を繰り返していた。

メタボ体型だった親父が、みるみる痩せこけて行った。

主治医の見立てでは、持って1、2年だろうとのことだった。

ただ、親父は弱音を吐くことは無かった。

親父は、

「高校、大学は何とかしてやるから、しっかり勉強しろよ」

と言っていた。

親父は仕事もやりながら、闘病生活を続けていた。

俺と言えば、目標も特に無く、高校中退が頭にチラついて勉強は進まなかった。

ただボーっと机に向かい、勉強する振りだけはしていた。

せめて親父を安心させるためだったと思う。

だからその後の成績も、とても期待に沿うものでは無かった。

ただ、親父の

「高校、大学は何とかしてやる」

の言葉が重かった。

「お前、将来、何かやりたいことは無いのか?」

高校二年生の冬、痩せこけた親父に問い掛けられた。

俺は期末テストで学年ビリから2番を取り、担任からも進路について厳しい話をされていた。

言葉も無い俺に、怒ったような泣いたような顔で親父は言った。

「…無いなら、医者になれ! …勉強して、医者になって、俺の病気を治してくれ!」

上手く説明できない熱い感情に、頭をガツンと打たれた。

自分への情けなさとか、怒りとか、色々混ざったものが込み上げた。

その時、親父には返事を返すことはできなかったが、俺は決意した。

それからがむしゃらに勉強した。

高校3年の夏、親父は逝った。

親父は闘病生活の2年間で借金を整理し、俺の高校の学費を何とか工面したそうだ。

親父のおかげで、高校も卒業できた。

そして有り難いことに、一年間の浪人生活を経て、俺は地方の国立大学の医学部に合格した。

俺は今、癌専門治療医として働いている。

親父は、

「あいつは将来、俺の病気を治してくれるんだ」

と母に言っていたそうだ。

まだ親父の癌を治す力は無いが、日夜頑張っているよ。

いつか親父の癌を治せるように。

関連記事

ベース(フリー写真)

やりたいこと頑張りなさい

三年前のある日、両親が離婚。俺と弟が母さんに付いて行きました。 母さんは今まで専業主婦だったから、仕事なんて全然出来ない。 パートを始めるも、一ヶ月も経たない内に退職の繰り…

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…

ブーケを持つ花嫁(フリー写真)

一人娘が嫁に行った

この前、一人娘が嫁に行った。 目に入れても痛くないと断言出来る一人娘が嫁に行った。 結婚式で、 「お父さん、今までありがとう。大好きです」 と言われた。 …

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

浜辺で子供を抱き上げる父親(フリー写真)

不器用な親父

俺の親父は仕事一筋で、俺が小さな頃に一緒にどこかへ行ったなんて思い出は全く無い。 何て言うのかな…俺にあまり関わりたがらないような人って感じ。 俺は次男だったんだけど、兄貴…

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…