医者になれ

公開日: 仕事 | 家族 | 心温まる話 |

カルテを持つ医師(フリー写真)

高校一年生の夏休みに、両親から

「大事な話がある」

と居間に呼び出された。

親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。

暑さとショックで頭がボーっとしていて、変な汗が出たのを憶えている。

当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あった。

親父が死んだら高校に通える訳が無いことは明白だった。

そして、俺はお世辞にも優秀とは言えなかった。

クラスでも下位5番には入ってしまう成績だった。

その夏から親父は抗がん剤治療を開始し、入退院を繰り返していた。

メタボ体型だった親父が、みるみる痩せこけて行った。

主治医の見立てでは、持って1、2年だろうとのことだった。

ただ、親父は弱音を吐くことは無かった。

親父は、

「高校、大学は何とかしてやるから、しっかり勉強しろよ」

と言っていた。

親父は仕事もやりながら、闘病生活を続けていた。

俺と言えば、目標も特に無く、高校中退が頭にチラついて勉強は進まなかった。

ただボーっと机に向かい、勉強する振りだけはしていた。

せめて親父を安心させるためだったと思う。

だからその後の成績も、とても期待に沿うものでは無かった。

ただ、親父の

「高校、大学は何とかしてやる」

の言葉が重かった。

「お前、将来、何かやりたいことは無いのか?」

高校二年生の冬、痩せこけた親父に問い掛けられた。

俺は期末テストで学年ビリから2番を取り、担任からも進路について厳しい話をされていた。

言葉も無い俺に、怒ったような泣いたような顔で親父は言った。

「…無いなら、医者になれ! …勉強して、医者になって、俺の病気を治してくれ!」

上手く説明できない熱い感情に、頭をガツンと打たれた。

自分への情けなさとか、怒りとか、色々混ざったものが込み上げた。

その時、親父には返事を返すことはできなかったが、俺は決意した。

それからがむしゃらに勉強した。

高校3年の夏、親父は逝った。

親父は闘病生活の2年間で借金を整理し、俺の高校の学費を何とか工面したそうだ。

親父のおかげで、高校も卒業できた。

そして有り難いことに、一年間の浪人生活を経て、俺は地方の国立大学の医学部に合格した。

俺は今、癌専門治療医として働いている。

親父は、

「あいつは将来、俺の病気を治してくれるんだ」

と母に言っていたそうだ。

まだ親父の癌を治す力は無いが、日夜頑張っているよ。

いつか親父の癌を治せるように。

浜辺で子供を抱き上げる父親(フリー写真)

不器用な親父

俺の親父は仕事一筋で、俺が小さな頃に一緒にどこかへ行ったなんて思い出は全く無い。 何て言うのかな…俺にあまり関わりたがらないような人って感じ。 俺は次男だったんだけど、兄貴…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

ローカル電車(フリー写真)

特別な千円札

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら残金が80円! もう丸一日、何も食べていない。 家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考…

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…

赤ちゃん(フリー写真)

生まれてくれてありがとう

子供が2人居る。 でも本当は、私は3人の子持ちだ。 ※ 18歳の春に娘が生まれた。 結婚してくれると言っていた父親は、結局認知すらしてくれなかった。 若い私にとっ…

トイレ(フリー写真)

ドア裏の落書き

以前、大きな病院に通院していました。 ある日、男子トイレの洋式の方に入って座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月 治らない もうだめだ』 ※ そ…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

親子(フリー写真)

育ててくれてありがとう

中学生の頃はちょうど反抗期の真っ最中だった。 ある日、母と些細な事で喧嘩になり、母から 「そんな子に育てた覚えはない!」 と言われました。 売り言葉に買い言葉で…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…