医者になれ

公開日: 仕事 | 家族 | 心温まる話 |

カルテを持つ医師(フリー写真)

高校一年生の夏休みに、両親から

「大事な話がある」

と居間に呼び出された。

親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。

暑さとショックで頭がボーっとしていて、変な汗が出たのを憶えている。

当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あった。

親父が死んだら高校に通える訳が無いことは明白だった。

そして、俺はお世辞にも優秀とは言えなかった。

クラスでも下位5番には入ってしまう成績だった。

その夏から親父は抗がん剤治療を開始し、入退院を繰り返していた。

メタボ体型だった親父が、みるみる痩せこけて行った。

主治医の見立てでは、持って1、2年だろうとのことだった。

ただ、親父は弱音を吐くことは無かった。

親父は、

「高校、大学は何とかしてやるから、しっかり勉強しろよ」

と言っていた。

親父は仕事もやりながら、闘病生活を続けていた。

俺と言えば、目標も特に無く、高校中退が頭にチラついて勉強は進まなかった。

ただボーっと机に向かい、勉強する振りだけはしていた。

せめて親父を安心させるためだったと思う。

だからその後の成績も、とても期待に沿うものでは無かった。

ただ、親父の

「高校、大学は何とかしてやる」

の言葉が重かった。

「お前、将来、何かやりたいことは無いのか?」

高校二年生の冬、痩せこけた親父に問い掛けられた。

俺は期末テストで学年ビリから2番を取り、担任からも進路について厳しい話をされていた。

言葉も無い俺に、怒ったような泣いたような顔で親父は言った。

「…無いなら、医者になれ! …勉強して、医者になって、俺の病気を治してくれ!」

上手く説明できない熱い感情に、頭をガツンと打たれた。

自分への情けなさとか、怒りとか、色々混ざったものが込み上げた。

その時、親父には返事を返すことはできなかったが、俺は決意した。

それからがむしゃらに勉強した。

高校3年の夏、親父は逝った。

親父は闘病生活の2年間で借金を整理し、俺の高校の学費を何とか工面したそうだ。

親父のおかげで、高校も卒業できた。

そして有り難いことに、一年間の浪人生活を経て、俺は地方の国立大学の医学部に合格した。

俺は今、癌専門治療医として働いている。

親父は、

「あいつは将来、俺の病気を治してくれるんだ」

と母に言っていたそうだ。

まだ親父の癌を治す力は無いが、日夜頑張っているよ。

いつか親父の癌を治せるように。

関連記事

エプロン(フリーイラスト)

母のエプロン

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」という言葉を添えて、プレゼントを渡したかった。 でも照れ臭いし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえなかっ…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

野球ボール(フリー写真)

少年への優しい嘘

アメリカのとある地方に、野球観戦の大好きな、でも目の見えない少年が居ました。 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。 ※ 少年はその選手へファンレターを綴り…

和室(フリー写真)

お父さん頑張ろうね

俺の会社の友人は、4年前に交通事故で奥さんと当時4歳の長男を亡くした。 飲酒運転の車が歩行中の二人を轢き殺すというショッキングな内容で、ワイドショーなどでも取り上げられたほど凄惨…

エルトゥールル号遭難慰霊碑

エルトゥールル号の奇跡

和歌山県の南端に大島がある。その東には、明治三年に出来た樫野崎灯台があり、現在も断崖の上に建っている。 明治23年9月16日の夜、台風が大島を襲った。 ビュワーン・ビュワー…

彼女(フリー写真)

彼女の導き

もう2年も前の話になる。 当時、俺は医学生だった。彼女も居た。 世の中にこれ以上、良い女は居ないと思う程の女性だった。 しかし彼女はまだ若かったにも関わらず、突如とし…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …