医者になれ

公開日: 仕事 | 家族 | 心温まる話 |

カルテを持つ医師(フリー写真)

高校一年生の夏休みに、両親から

「大事な話がある」

と居間に呼び出された。

親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。

暑さとショックで頭がボーっとしていて、変な汗が出たのを憶えている。

当時、うちは商売をしていて、借金も沢山あった。

親父が死んだら高校に通える訳が無いことは明白だった。

そして、俺はお世辞にも優秀とは言えなかった。

クラスでも下位5番には入ってしまう成績だった。

その夏から親父は抗がん剤治療を開始し、入退院を繰り返していた。

メタボ体型だった親父が、みるみる痩せこけて行った。

主治医の見立てでは、持って1、2年だろうとのことだった。

ただ、親父は弱音を吐くことは無かった。

親父は、

「高校、大学は何とかしてやるから、しっかり勉強しろよ」

と言っていた。

親父は仕事もやりながら、闘病生活を続けていた。

俺と言えば、目標も特に無く、高校中退が頭にチラついて勉強は進まなかった。

ただボーっと机に向かい、勉強する振りだけはしていた。

せめて親父を安心させるためだったと思う。

だからその後の成績も、とても期待に沿うものでは無かった。

ただ、親父の

「高校、大学は何とかしてやる」

の言葉が重かった。

「お前、将来、何かやりたいことは無いのか?」

高校二年生の冬、痩せこけた親父に問い掛けられた。

俺は期末テストで学年ビリから2番を取り、担任からも進路について厳しい話をされていた。

言葉も無い俺に、怒ったような泣いたような顔で親父は言った。

「…無いなら、医者になれ! …勉強して、医者になって、俺の病気を治してくれ!」

上手く説明できない熱い感情に、頭をガツンと打たれた。

自分への情けなさとか、怒りとか、色々混ざったものが込み上げた。

その時、親父には返事を返すことはできなかったが、俺は決意した。

それからがむしゃらに勉強した。

高校3年の夏、親父は逝った。

親父は闘病生活の2年間で借金を整理し、俺の高校の学費を何とか工面したそうだ。

親父のおかげで、高校も卒業できた。

そして有り難いことに、一年間の浪人生活を経て、俺は地方の国立大学の医学部に合格した。

俺は今、癌専門治療医として働いている。

親父は、

「あいつは将来、俺の病気を治してくれるんだ」

と母に言っていたそうだ。

まだ親父の癌を治す力は無いが、日夜頑張っているよ。

いつか親父の癌を治せるように。

結婚式(フリー写真)

式場の奇跡

当時付き合ってた恋人(現在の嫁)が突然、心因性発声障害という病に罹りました。 当日は遊びに行く予定だったのですが、彼女の方からLINEで断りのメッセージ。 どんな些細な事で…

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺の娘が、俺の嫁になった話

俺には、嫁がいない。 正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。 ただ、俺には10歳の娘がいる。 娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

献花(フリー写真)

課長の笑顔

私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず、人付き合いをしない堅物でした。 誠実公平、どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、堅過ぎて近寄り難い雰囲…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

鉛筆と参考書(フリー写真)

厳しい母

私の母はとても厳しい。 身の回りの事は全て自分でやらされていた。 勉強も部活も一番じゃないと気が済まない。 定期テストで二番を取ると、 「二番は敗者の一番だ」…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …