3年後の約束

公開日: 恋愛 | 悲しい話

駅(フリー写真)

私の悲しい恋愛体験を語ります。

私は大学1年生の頃、初めての彼氏ができました。

彼は同じ大学に通う人でした。

同じサークルに入っていて、お互い意気投合して付き合うことになりました。

仲良く付き合っていたのですが、お互い大学4年生になった頃から、喧嘩をすることが多くなりました。

お互い就職活動が上手く行かなかったこともあり、精神的にも参っていたのかもしれません。

ようやく二人とも就職先が決まりました。

私は地元に残り、彼氏は他県にある会社に就職するため引越しをすることになりました。

「お互いまだ若過ぎるから上手く行かないかもしれない。一度別れて、お互い大人になってまた再会しよう」

3年後の同じ日に、この駅で再会する約束をして別れました。

私は就職し、3年後の再会を願い、それまでの寂しさを紛らわせるために仕事に打ち込みました。

1年、2年と経過し、そして3年。

3年後の同じ日に同じ駅にやって来て、やって来るはずの彼を待ちました。

でも、約束した時間を30分経過しても彼は来ませんでした。

それから、1時間、2時間…気が付いたらもう夜になっていました。

そう、彼は約束した日時にやって来なかったのです。

彼は別の彼女を見つけたのかもしれないし、約束したことを忘れただけなのかもしれません。

いずれにしても、私は彼とは別の道を歩むことになったのです。

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

手を繋ぐ(フリー写真)

初恋の人

初恋の人が亡くなりました。 初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。 ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って「いいよ」と言い返して…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

赤ちゃんの手を握る母の手

最後の親孝行に

無職、片桐康晴被告は、京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日、認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母親を殺害し自身も無理心中を図った。 その事件の初公判は19日に行われた。 …

和室(フリー写真)

お父さん頑張ろうね

俺の会社の友人は、4年前に交通事故で奥さんと当時4歳の長男を亡くした。 飲酒運転の車が歩行中の二人を轢き殺すというショッキングな内容で、ワイドショーなどでも取り上げられたほど凄惨…

手紙(フリー写真)

生きて欲しかった

私は高校2年生です。 去年、3つ下の妹が自殺しました。 妹はいつも笑顔で『悩みなんてない!』みたいな子でした。 妹は成績は散々だったけど、コミュニケーションが苦手な…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

スマホを持つ人(フリー写真)

彼女からの最後のメール

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。 お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。 俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。 そして彼女の仕事が終…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…