妹に作った妖精衣装

公開日: 兄弟姉妹 | 家族 | 心温まる話

裁縫(フリー写真)

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。

しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。

父親は仕事で忙しかったから、妹の世話はほぼ俺の担当。

飯を食わせたり風呂に入れたり、拙いながらも自分なりに一生懸命やっていたと思う。

妹が5歳の時のこと。

保育園に妹を迎えに行ったら、なぜか大泣きしてやがる。

その日、お遊戯会の役を決めたらしいのだが、妹はやりたかった役になれなかったらしい。

まあそれは仕方ねーだろ、諦めろと最初は諭していたのだが、よく話を聞いてみるとどうもおかしい。

劇には色々な動物や妖精や探検家が登場するらしく、女の子の一番人気は妖精。妹も当然妖精がやりたかったようだ。

希望者多数だったので、決定は恨みっこなしのジャンケンに委ねられるも、妹は見事勝ち抜いて妖精5人の内の一人に選ばれた。

ところが、先生が

「○○ちゃん(妹)は動物の方がいいんじゃない」

と言って、妹を妖精役から外したと言う。

そんな馬鹿なと思いながら、俺はすぐに保育園に電話して確かめた。

そこで判ったのは、劇の衣装は保護者が作らなければいけないこと。

そして妖精のひらひらの衣装はとても難しく、俺の家では無理だと判断され、お面などを作れば済む動物役に妹が割り振られたとのことだった。

先生も悪気があった訳じゃないんだろうが、俺は妹に母親が居ない引け目をなるべく感じさせないようにと、それまで頑張って来ただけにかなりショックで、妹にも申し訳なかった。

それで、裁縫なんて家庭科実習とボタン付けくらいしか経験が無かった癖に

「絶対にちゃんと作るから、妹を妖精役にしてやってくれ」

と頼み込んだ。

結局、先生が根負けして妖精は6人になった。

それから俺は放課後になると、学校の家庭科室に通い詰めた。

家にミシンなんて無かったし、保育園から貰って来た材料と型紙だけでは全然意味不明だったから、家庭科の教師に教わりに行ったんだ。

受験生だったし、教師も同情して

「作ってあげる」

と言ってくれたけど、俺は意地でも自分の手で縫い上げてやりたかった。

他の子と同じように、家族が愛情込めて作った衣装で舞台に立たせてやりたかったんだ。

2週間、殆ど掛り切りになって、ようやく衣装は完成した。

スパンコールを沢山縫い付けた、ふんわり広がるスカートに、レースを使った羽根、花の形の襟元。

縫い目はよく見るとガタガタだったんだけど、普通に着ている分には、他の子と全然変わらなかったと思う。

初めて妹に見せた時の歓声は、今でも忘れられない。

着せてやった時の最高の笑顔も、本番の舞台での真面目くさった顔も、その夜、衣装を着たまま寝ちゃった寝顔もずっと覚えている。

夫婦の手(フリー写真)

大事なメール

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。 メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。 でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯ま…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

和室(フリー写真)

お父さん頑張ろうね

俺の会社の友人は、4年前に交通事故で奥さんと当時4歳の長男を亡くした。 飲酒運転の車が歩行中の二人を轢き殺すというショッキングな内容で、ワイドショーなどでも取り上げられたほど凄惨…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

バイキングのお皿(フリー写真)

埃まみれのパンチパーマ

阪神大震災後の話。 当時、俺はあるファミレスの店員をしていて、震災後はボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供する事になった。 開店と同時に満席になって待ち列が出…

桜(フリー写真)

天国のお父さんへ

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学する頃のことでした。 周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼…

猫(フリー写真)

息子が教えてくれた

ある日、子供が外に遊びに行こうと玄関の戸を開けた。 その途端、まるで見計らっていたかのように、猫は外に飛び出して行ってしまいました。 そして探して見つけ出した時には、あの子…

母と娘(フリー写真)

強いお母さん

母さんが亡くなってから6年経つのに、まだまだ寂しがりやの私です。 昔の携帯を見つけたの。受信箱に母さんからのメール。 「まだ帰れない?」 「鍵忘れてるよ^^」 …

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…