妹に作った妖精衣装

公開日: 兄弟姉妹 | 家族 | 心温まる話

裁縫(フリー写真)

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。

しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。

父親は仕事で忙しかったから、妹の世話はほぼ俺の担当。

飯を食わせたり風呂に入れたり、拙いながらも自分なりに一生懸命やっていたと思う。

妹が5歳の時のこと。

保育園に妹を迎えに行ったら、なぜか大泣きしてやがる。

その日、お遊戯会の役を決めたらしいのだが、妹はやりたかった役になれなかったらしい。

まあそれは仕方ねーだろ、諦めろと最初は諭していたのだが、よく話を聞いてみるとどうもおかしい。

劇には色々な動物や妖精や探検家が登場するらしく、女の子の一番人気は妖精。妹も当然妖精がやりたかったようだ。

希望者多数だったので、決定は恨みっこなしのジャンケンに委ねられるも、妹は見事勝ち抜いて妖精5人の内の一人に選ばれた。

ところが、先生が

「○○ちゃん(妹)は動物の方がいいんじゃない」

と言って、妹を妖精役から外したと言う。

そんな馬鹿なと思いながら、俺はすぐに保育園に電話して確かめた。

そこで判ったのは、劇の衣装は保護者が作らなければいけないこと。

そして妖精のひらひらの衣装はとても難しく、俺の家では無理だと判断され、お面などを作れば済む動物役に妹が割り振られたとのことだった。

先生も悪気があった訳じゃないんだろうが、俺は妹に母親が居ない引け目をなるべく感じさせないようにと、それまで頑張って来ただけにかなりショックで、妹にも申し訳なかった。

それで、裁縫なんて家庭科実習とボタン付けくらいしか経験が無かった癖に

「絶対にちゃんと作るから、妹を妖精役にしてやってくれ」

と頼み込んだ。

結局、先生が根負けして妖精は6人になった。

それから俺は放課後になると、学校の家庭科室に通い詰めた。

家にミシンなんて無かったし、保育園から貰って来た材料と型紙だけでは全然意味不明だったから、家庭科の教師に教わりに行ったんだ。

受験生だったし、教師も同情して

「作ってあげる」

と言ってくれたけど、俺は意地でも自分の手で縫い上げてやりたかった。

他の子と同じように、家族が愛情込めて作った衣装で舞台に立たせてやりたかったんだ。

2週間、殆ど掛り切りになって、ようやく衣装は完成した。

スパンコールを沢山縫い付けた、ふんわり広がるスカートに、レースを使った羽根、花の形の襟元。

縫い目はよく見るとガタガタだったんだけど、普通に着ている分には、他の子と全然変わらなかったと思う。

初めて妹に見せた時の歓声は、今でも忘れられない。

着せてやった時の最高の笑顔も、本番の舞台での真面目くさった顔も、その夜、衣装を着たまま寝ちゃった寝顔もずっと覚えている。

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

黒猫(フリー写真)

ぬこさま

今年のGW明けの頃のこと。 前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

サイコロ(フリー写真)

あがり

俺は小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。 当初は見知らぬ土地に来てまだ間も無いため、当然友達も居ない。 いつしか俺はノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中…

駅のホーム(フリー写真)

花束を持ったおじいちゃん

7時16分。 私は毎日、その電車に乗って通学する。 今から話すのは、私が高校生の時に出会った、あるおじいちゃんとのお話です。 ※ その日は7時16分の電車に乗るまでまだ…

野球道具(フリー写真)

野球と夢

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。 岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。 1点勝ち越されたが、味方が追い付…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

親子(フリー写真)

育ててくれてありがとう

中学生の頃はちょうど反抗期の真っ最中だった。 ある日、母と些細な事で喧嘩になり、母から 「そんな子に育てた覚えはない!」 と言われました。 売り言葉に買い言葉で…