自分の足で歩きなさい

公開日: 家族 | 心温まる話 |

学校のプール(フリー素材)

広島の女子高生のA子さんは、生まれた後の小児麻痺が原因で足が悪く、平らな所でもドタンバタンと大きな音を立てて歩きます。

この高校では毎年7月になると、プールの解禁日に併せてクラス対抗リレー大会が開かれます。

一クラスから男女二人ずつ、計四人の選手を選び出し、1人が25メートルを泳いで競争します。

この高校は生徒の自主性を非常に尊重しており、各クラスで選手を決めることになっていました。

A子さんのクラスでは男子二人、女子一人は決まったのですが、残る女子一人がなかなか決まりません。

早く帰りたくて仕方がないクラスのいじめっ子が、

「A子はこの三年間、体育祭にも出ていないし、水泳大会にも出ていない。

何もクラスのことをしていないじゃないか。

高校三年の最後なんだから、A子に泳いでもらったら良いじゃないか」

と、意地の悪いことを言いました。

A子さんは誰かが味方してくれるだろうと思いました。

しかし、もしA子さんを女の子が庇えば、自分が泳がされます。

もし男の子が庇えば、いじめっ子のグループから虐められることになります。

A子さんには誰も味方してくれませんでした。

結局、そのまま泳げないA子さんが選手に決まりました。

家に帰ったA子さんは、お母さんに泣きながら相談しました。

ところが、いつもは優しいお母さんなのに、この日ばかりは違いました。

「お前は、来年大学に行かずに就職すると言ってるけど、課長さんや係長さんからお前ができない仕事を言われたら、その度にお母さんが

『うちの子にこんな仕事をさせないでください』

と言いに行くの?

そこまで周りに言われたら、

『いいわ。私、泳いでやる。言っとくけど、うちのクラスは今年、全校でビリよ』

とでも言い返して来たらどうなの」

と、物凄い剣幕です。

A子さんは、泣きながら25メートルを歩く決心をし、そのことをお母さんに告げようとしてびっくりしました。

仏間でお母さんが髪を振り乱しながら、

「A子を強い子にしてください」

と必死に仏壇に向かって祈っていたのです。

水泳大会の日、水中を歩くA子さんを見て、周りからワアワアと奇声や笑い声が聞こえてきます。

彼女がやっとプールの中程まで進んだその時でした。

一人の男の人が背広を着たままプールに飛び込み、A子さんの横を一緒に歩き始めました。

それは、この高校の校長先生だったのです。

「何分かかっても良い。先生が一緒に歩いてあげるから、ゴールまで歩きなさい。

恥ずかしいことじゃない。自分の足で歩きなさい」

一瞬にして奇声や笑い声は消え、みんなが声を出して彼女を応援し始めました。

長い時間をかけて、A子さんは25メートルを歩き終わりました。

友達も先生も、そしてあのいじめっ子グループも皆、泣いていました。

関連記事

ロールケーキ(フリー写真)

ケーキ屋の親友の話

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験した親友。 中学の時、ケーキ屋を経営しているテツヤのオヤジが脳梗塞で倒れた。 幸い一命を取り留めたが、…

お年寄りの手(フリー写真)

おばあちゃんが注いだ愛情

こどもの発達がちょっとゆっくりで、保健センターに通っている。 そこの母子教室の最中、おばあちゃんと男の子が二人、迷い込んで来た。 「すみません、里親会の集まりの会場はここで…

親子(フリー写真)

父と過ごした日々

2年前、父を癌で亡くしました。 癌が発覚したのはその3年前。風邪が治らないと病院に通い、それでも治らず精密検査をしたら肺癌が見つかりました。しかもリンパにも転移していました。 …

ドーナツ

ドーナツと小さな願い

日曜日、私はミスタードーナツで心温まる一幕を目撃しました。 店内には、若いお父さんと彼の3歳くらいの目がくりくりした可愛らしい男の子が席につきました。彼らは私の背後に座り、肩越…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

カフェ

遠くて近い二人

私はファミリーレストランでのひとときを静かに過ごしていました。 目の前のテーブルには、スーツ姿の中年の男性と、鮮やかな制服の女子高生が座っていました。 男性は痩せており、…

父の背中(フリー写真)

本当のお金の価値

私が中学校1年生の時の話である。 私は思春期や反抗期の真っ只中ということもあり、少しばかりやんちゃをしていた。 不法侵入をしたり、深夜まで遊んでいたこともあり、警察にはし…

手紙を書く手(フリー写真)

寂しい音

ある書道の時間のことです。 教壇から見ていると、筆の持ち方がおかしい女子生徒が居ました。 傍に寄って「その持ち方は違うよ」と言おうとした私は、咄嗟にその言葉を呑み込みまし…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

結婚式(フリー写真)

娘の結婚式だった

先週、娘の結婚式だった。 私も娘も素直な性格ではないので、ろくに会話を交わすこともなく結婚前夜が過ぎた。 結婚式当日は、娘を直視できなかった。 バージンロードでは体…