自分の足で歩きなさい

公開日: 家族 | 心温まる話 |

学校のプール(フリー素材)

広島の女子高生のA子さんは、生まれた後の小児麻痺が原因で足が悪く、平らな所でもドタンバタンと大きな音を立てて歩きます。

この高校では毎年7月になると、プールの解禁日に併せてクラス対抗リレー大会が開かれます。

一クラスから男女二人ずつ、計四人の選手を選び出し、1人が25メートルを泳いで競争します。

この高校は生徒の自主性を非常に尊重しており、各クラスで選手を決めることになっていました。

A子さんのクラスでは男子二人、女子一人は決まったのですが、残る女子一人がなかなか決まりません。

早く帰りたくて仕方がないクラスのいじめっ子が、

「A子はこの三年間、体育祭にも出ていないし、水泳大会にも出ていない。

何もクラスのことをしていないじゃないか。

高校三年の最後なんだから、A子に泳いでもらったら良いじゃないか」

と、意地の悪いことを言いました。

A子さんは誰かが味方してくれるだろうと思いました。

しかし、もしA子さんを女の子が庇えば、自分が泳がされます。

もし男の子が庇えば、いじめっ子のグループから虐められることになります。

A子さんには誰も味方してくれませんでした。

結局、そのまま泳げないA子さんが選手に決まりました。

家に帰ったA子さんは、お母さんに泣きながら相談しました。

ところが、いつもは優しいお母さんなのに、この日ばかりは違いました。

「お前は、来年大学に行かずに就職すると言ってるけど、課長さんや係長さんからお前ができない仕事を言われたら、その度にお母さんが

『うちの子にこんな仕事をさせないでください』

と言いに行くの?

そこまで周りに言われたら、

『いいわ。私、泳いでやる。言っとくけど、うちのクラスは今年、全校でビリよ』

とでも言い返して来たらどうなの」

と、物凄い剣幕です。

A子さんは、泣きながら25メートルを歩く決心をし、そのことをお母さんに告げようとしてびっくりしました。

仏間でお母さんが髪を振り乱しながら、

「A子を強い子にしてください」

と必死に仏壇に向かって祈っていたのです。

水泳大会の日、水中を歩くA子さんを見て、周りからワアワアと奇声や笑い声が聞こえてきます。

彼女がやっとプールの中程まで進んだその時でした。

一人の男の人が背広を着たままプールに飛び込み、A子さんの横を一緒に歩き始めました。

それは、この高校の校長先生だったのです。

「何分かかっても良い。先生が一緒に歩いてあげるから、ゴールまで歩きなさい。

恥ずかしいことじゃない。自分の足で歩きなさい」

一瞬にして奇声や笑い声は消え、みんなが声を出して彼女を応援し始めました。

長い時間をかけて、A子さんは25メートルを歩き終わりました。

友達も先生も、そしてあのいじめっ子グループも皆、泣いていました。

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

母の手(フリー写真)

お母さんが居ないということ

先日、二十歳になった日の出来事です。 「一日でいいからうちに帰って来い」 東京に住む父にそう言われ、私は『就職活動中なのに…』と思いながら、しぶしぶ帰りました。 実…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

信号(フリー写真)

素直な感謝の気持ち

今日、近所の交差点で車に乗り信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。 明らかに『信号が青になった瞬間に曲がっちまおう』というのが見え見え。 この…

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺の娘が、俺の嫁になった話

俺には、嫁がいない。 正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。 ただ、俺には10歳の娘がいる。 娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…