玩具の指輪

公開日: 心温まる話 | 恋愛

婚約指輪(フリー写真)

高校生の頃の話。

小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。

小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、

「何でずっと着けてるの?」

と聞いたんだ。そしたら、

「これはな、母ちゃんとの約束の指輪だよ。

これを着けていれば、離れていても一緒なんだよ」

と笑顔で言ったんだよ。

俺はその幼馴染と結婚したかったから、ずっと豚の貯金箱に貯めていた小遣いを千円くらい持って、商店街のアクセサリーショップのようなお店に入り、

「一番いい指輪ください!」

と店員に言ったのよ。

そしたら店員のお姉さんが、

「お母さんにあげるの?」

と聞かれたから、

「お嫁さんの!」

と言ったら、お姉さんが

「じゃあ、ちょっと待っててね」

と指輪を探し始めた。

暫く待っていると、お姉さんが綺麗にラッピングしてくれた指輪を持って来て、俺はありったけの小銭をお姉さんに渡した。

お姉さんは笑って、

「頑張って」

と俺を見送ってくれた。

俺はその幼馴染に、親父から聞いたことをそのまま言いながら指輪を渡した。

幼馴染はびっくりしたような顔をしながら、頬にチューしてくれた。

それから時は経ち、幼馴染は小学校卒業と同時に親の都合で転校。

俺は地元の中学に行ったのだが、別れが寂しくてさよならを言えなかったのがずっと引っかかっていた。

それから更に時が経って、高校に入学。

高校には可愛い子が沢山いて、好きな子もできた。

もう高校が楽しくて、幼馴染のことは忘れていた。

でも高校2年生の春休みに幼馴染の母ちゃんから電話が来て、今、幼馴染が入院していると言うのよ。

俺は今更ながら心配で、見舞いに行った。

見舞いに行くと、個室のベットで幼馴染が寝ている。

病院の配慮で、窓から桜が見える部屋だった。

ベットで寝ている幼馴染は物凄く綺麗で、何かドキドキした。

何の病気か分からなかったが、左手を握った。

そしたら薬指に違和感を感じ、見ると俺があげた指輪を着けていた。

なぜかは解らないが、涙が止まらなかった。

暫くそうしていると幼馴染が起きて、俺の泣き顔を笑顔で見ていた。

極めつけは笑顔で

「指輪を着けていたから、ずっと一緒だったよ?」

と言う。

もう涙が止まらなくて、ずっと病室で頭を撫でてもらいながら泣いた。

幼馴染の母ちゃんが言うには、ずっと指輪は外さずに身に着けていたらしい。

馬鹿だよなぁ、血止まっちゃうよ。

だから今度、新しい婚約指輪を買いに行って来る。

関連記事

クレヨンで描いたハート(フリー写真)

姉の思いやり

当時4歳の長女が、幼稚園の行事の参加記念品で箱に入ったクレヨンのセットを貰って来た。 ところが、事もあろうにその日の夕方、見事に全部折っちゃった。 当然、うちの嫁は激怒。叱…

虹(フリー写真)

道路に架かった虹

昨日、犬の散歩をしていた時の事。 20代後半くらいの男性が二人、作業着でマンホールを調べていた。 少し立ち止まって見ていたら、前から女子中学生が泣きながら歩いて来た。 …

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

秘密

豊かさの秘密

アメリカのとある大富豪が、十人のエージェントにある事を世界中で調査するように命じました。 それは「貧乏人が必ず金持ちになる方法はあるか」「金持ちが金持ちで居続けることができる方…

父と娘(フリー写真)

娘からの愛情弁当

俺は高校まで都立でずっと給食だったし、大学のお昼も学食やコンビニで済ませていた。 母親の手作り弁当の記憶など、運動会か遠足くらいだ。記憶が遠過ぎて覚えていない。 就職して…

シロツメグサ

手話で結ぶ絆

私たちの娘は3歳で、ほとんど聞こえません。 その現実を知った日、私と妻はただただ涙に暮れました。繰り返し泣きました。 難聴という言葉が娘を別の世界の生き物に見せてしまうほ…

新郎新婦(フリー写真)

結婚式場の小さな奇跡

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。 建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…