玩具の指輪

公開日: 心温まる話 | 恋愛

婚約指輪(フリー写真)

高校生の頃の話。

小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。

小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、

「何でずっと着けてるの?」

と聞いたんだ。そしたら、

「これはな、母ちゃんとの約束の指輪だよ。

これを着けていれば、離れていても一緒なんだよ」

と笑顔で言ったんだよ。

俺はその幼馴染と結婚したかったから、ずっと豚の貯金箱に貯めていた小遣いを千円くらい持って、商店街のアクセサリーショップのようなお店に入り、

「一番いい指輪ください!」

と店員に言ったのよ。

そしたら店員のお姉さんが、

「お母さんにあげるの?」

と聞かれたから、

「お嫁さんの!」

と言ったら、お姉さんが

「じゃあ、ちょっと待っててね」

と指輪を探し始めた。

暫く待っていると、お姉さんが綺麗にラッピングしてくれた指輪を持って来て、俺はありったけの小銭をお姉さんに渡した。

お姉さんは笑って、

「頑張って」

と俺を見送ってくれた。

俺はその幼馴染に、親父から聞いたことをそのまま言いながら指輪を渡した。

幼馴染はびっくりしたような顔をしながら、頬にチューしてくれた。

それから時は経ち、幼馴染は小学校卒業と同時に親の都合で転校。

俺は地元の中学に行ったのだが、別れが寂しくてさよならを言えなかったのがずっと引っかかっていた。

それから更に時が経って、高校に入学。

高校には可愛い子が沢山いて、好きな子もできた。

もう高校が楽しくて、幼馴染のことは忘れていた。

でも高校2年生の春休みに幼馴染の母ちゃんから電話が来て、今、幼馴染が入院していると言うのよ。

俺は今更ながら心配で、見舞いに行った。

見舞いに行くと、個室のベットで幼馴染が寝ている。

病院の配慮で、窓から桜が見える部屋だった。

ベットで寝ている幼馴染は物凄く綺麗で、何かドキドキした。

何の病気か分からなかったが、左手を握った。

そしたら薬指に違和感を感じ、見ると俺があげた指輪を着けていた。

なぜかは解らないが、涙が止まらなかった。

暫くそうしていると幼馴染が起きて、俺の泣き顔を笑顔で見ていた。

極めつけは笑顔で

「指輪を着けていたから、ずっと一緒だったよ?」

と言う。

もう涙が止まらなくて、ずっと病室で頭を撫でてもらいながら泣いた。

幼馴染の母ちゃんが言うには、ずっと指輪は外さずに身に着けていたらしい。

馬鹿だよなぁ、血止まっちゃうよ。

だから今度、新しい婚約指輪を買いに行って来る。

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

バイオリン(フリー写真)

世界一の良い娘

昨夜、嫁とケンカした。 切っ掛けは些細なことで、小学2年生の娘がバイオリンを習いたいと言い出したことだ。 嫁「本人がやりたいなんて言い出すのは珍しいから、習わせてあげたい」…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

Wii(フリー写真)

ゲーム好きな友人

俺の友達に、凄くゲーム好きなやつがいたんだよ。 ドラクエなどのゲームを誰よりも先に解いたり、俺たちにヒントをくれたりさ。 でも中学2年生の時にそいつは事故に遭い、右手を失く…

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

黒猫(フリー写真)

ぬこさま

今年のGW明けの頃のこと。 前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠…