アイスクリーム

公開日: 家族 | 悲しい話 |

アイスクリーム(フリー写真)

中学3年生の頃、母が死んだ。

俺が殺したも同然だった…。

あの日、俺が楽しみに取ってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。

学校から帰り冷凍庫を開け、アイスクリームを探したが見つからなかった。

母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った。

その時、楽しみにしていた俺は凄く怒った。

母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も食べずに部屋に篭った。

それから何時間か経った。

俺は寝てしまっていたが、父親が部屋に飛び込んで来たので目が覚めた。

「母さんが轢かれた…!」

あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう。

俺達が病院に着いた時、母親はどうしようもない状態だと言われた。

医者は「最後に傍にいてあげてください」と言い、部屋を出た。

それから少しして、母親は息を引き取った。

その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた。

「買い物に行く」と言って出て行き、その帰りに車に轢かれた事。

現場のビニール袋の中には、アイスクリームが一つだけ入っていた事。

救急車の中でずっと「ごめんね」と呟いていた事。

その時、俺のために母はアイスクリームを買いに行って事故に遭ったと判った。

通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた。

そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある。

母さん、ごめんよ。

俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、今でも悔やみ続けている。

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

赤ちゃんと母(フリー写真)

切ない勘違い

私は他の人よりちょっと多くの体験をしてきたと思います。 ※ 高校生の時、青信号で自転車で横断中、左折して来たトラックに真正面から撥ねられました。 自転車ごと跳ばされ…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

お弁当(フリー写真)

母ちゃんの弁当

中学1年生くらいの時は反抗期で、ちょっとツッパっていたりした。 「親の作った弁当なんかダサくて食えるか。金よこせよ、コンビニで買うから!」 と母ちゃんに言ったことがあってさ…

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

味噌焼きおにぎり(フリー写真)

祖母の味噌焼きおにぎり

僕には祖母がいる。 祖父は僕が生まれる前に亡くなった。 だから、祖母は大変だったらしい。 祖父は保険に入っておらず、残されたのは煙草畑と田んぼと仔牛くらいだった。 …

子供たち(フリー写真)

子ども達への無償の愛

『40年かけて35人の道に捨てられた子どもを拾い救って来た女性』 ある一人の女性に隠されたストーリーが、世界中に感動を与えている。 その女性とは、中国の楼小英(ロウ シャオ…