アイスクリーム

公開日: 家族 | 悲しい話 |

アイスクリーム(フリー写真)

中学3年生の頃、母が死んだ。

俺が殺したも同然だった…。

あの日、俺が楽しみに取ってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。

学校から帰り冷凍庫を開け、アイスクリームを探したが見つからなかった。

母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った。

その時、楽しみにしていた俺は凄く怒った。

母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も食べずに部屋に篭った。

それから何時間か経った。

俺は寝てしまっていたが、父親が部屋に飛び込んで来たので目が覚めた。

「母さんが轢かれた…!」

あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう。

俺達が病院に着いた時、母親はどうしようもない状態だと言われた。

医者は「最後に傍にいてあげてください」と言い、部屋を出た。

それから少しして、母親は息を引き取った。

その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた。

「買い物に行く」と言って出て行き、その帰りに車に轢かれた事。

現場のビニール袋の中には、アイスクリームが一つだけ入っていた事。

救急車の中でずっと「ごめんね」と呟いていた事。

その時、俺のために母はアイスクリームを買いに行って事故に遭ったと判った。

通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた。

そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある。

母さん、ごめんよ。

俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、今でも悔やみ続けている。

お弁当(フリー写真)

母ちゃんの弁当

中学1年生くらいの時は反抗期で、ちょっとツッパっていたりした。 「親の作った弁当なんかダサくて食えるか。金よこせよ、コンビニで買うから!」 と母ちゃんに言ったことがあってさ…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

母(フリー写真)

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね。 私が産まれた時、あなたは泣きながら喜んだそうですね。 私が一才の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね。 …

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…