幸せをありがとう

公開日: ちょっと切ない話 | 夫婦 | 恋愛

指切り(フリー写真)

「いっぱいの幸せをありがとう。

私は幸せ者だ。

だって最期にあなたの顔を見られたから。

これも日頃の何とやらなのかな?」

病室のベッドで手を握りながら彼女は言う。

最期って何だよ。

お前は死なない、そうだろ?

泣きながら返す僕を見て笑いながら、

「○○、前に言ってたよね?

私が先に死んだら俺も後追うよって」

震えた声で彼女が言う。

「あぁ、すぐに行くから先行って待っててな!」

俺は本気で返した。

彼女が居ない世界なんてきっと色のない世界と同じだと思うから。

「ありがとう。

でも、絶対に来ないで。

その言葉が聞けただけで私は満足だよ。

あぁ、幸せだなぁ。

いい?

あなたは絶対に違う人を見つけて幸せになってね?

私の事は忘れて下さい。

大好きなあなたの足枷にはなりたくないの。

絶対に私の後を追わないで!!

約束しないと化けて出ちゃうよ?(笑)」

返事が出来なかった。

ここで返事をしたら、彼女がもうすぐ死ぬことを認めてしまうようで怖かった。

頭では理解しているつもりだが、本当に認めたくなかったのだ。

「ゆーびきーりげーんまん、うーそついたら…」

そう掠れた声で言いながら、彼女は天国へ旅立ちました

あれから2年。

好きな人は出来ないや。

だってお前じゃなきゃ意味ないもん。

お前とじゃなきゃ楽しくないもん。

でもな、後を追おうと思ったけど、約束守って追わなかったよ。

俺まで死んだら、お前との思い出がこの世界から消えてしまうから。

辛いよ、毎日本当に辛いよ。

いつかは俺もそちらに行きます。

その時はいっぱいいっぱい話しようね?

いっぱいいっぱい抱き締めて、

いっぱいいっぱい頭撫でて、

いっぱいいっぱいキスをしよう。

幸せをありがとう。

あと少し頑張って這いつくばってでも、生きてみます。

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

病室(フリー背景素材)

またどこかで会おうね

俺は以前、病院勤務をしていた。と言っても看護婦や医者などの有資格者じゃないんだけどね。 それでさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。 よく知らずに入ったらさ、どうや…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

絵馬(フリー写真)

絵馬に書かれた願い

この前、近くの神社まで散歩したんだ。 絵馬が沢山あって、 『あまり良い趣味じゃないな』 と思いながらも、他人の色々な願い事を見ていたんだ。 「大学に合格しますよ…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…