幸せをありがとう

公開日: ちょっと切ない話 | 夫婦 | 恋愛

指切り(フリー写真)

「いっぱいの幸せをありがとう。

私は幸せ者だ。

だって最期にあなたの顔を見られたから。

これも日頃の何とやらなのかな?」

病室のベッドで手を握りながら彼女は言う。

最期って何だよ。

お前は死なない、そうだろ?

泣きながら返す僕を見て笑いながら、

「○○、前に言ってたよね?

私が先に死んだら俺も後追うよって」

震えた声で彼女が言う。

「あぁ、すぐに行くから先行って待っててな!」

俺は本気で返した。

彼女が居ない世界なんてきっと色のない世界と同じだと思うから。

「ありがとう。

でも、絶対に来ないで。

その言葉が聞けただけで私は満足だよ。

あぁ、幸せだなぁ。

いい?

あなたは絶対に違う人を見つけて幸せになってね?

私の事は忘れて下さい。

大好きなあなたの足枷にはなりたくないの。

絶対に私の後を追わないで!!

約束しないと化けて出ちゃうよ?(笑)」

返事が出来なかった。

ここで返事をしたら、彼女がもうすぐ死ぬことを認めてしまうようで怖かった。

頭では理解しているつもりだが、本当に認めたくなかったのだ。

「ゆーびきーりげーんまん、うーそついたら…」

そう掠れた声で言いながら、彼女は天国へ旅立ちました

あれから2年。

好きな人は出来ないや。

だってお前じゃなきゃ意味ないもん。

お前とじゃなきゃ楽しくないもん。

でもな、後を追おうと思ったけど、約束守って追わなかったよ。

俺まで死んだら、お前との思い出がこの世界から消えてしまうから。

辛いよ、毎日本当に辛いよ。

いつかは俺もそちらに行きます。

その時はいっぱいいっぱい話しようね?

いっぱいいっぱい抱き締めて、

いっぱいいっぱい頭撫でて、

いっぱいいっぱいキスをしよう。

幸せをありがとう。

あと少し頑張って這いつくばってでも、生きてみます。

関連記事

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

自衛隊員の方々(フリー写真)

直立不動の敬礼

2年前、旅行先での駐屯地祭での事。 例によって変な団体が来て、私は嫌な気分になっていた。 するとその集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女が向かって行く。 少女…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…